小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2022.04.27

国内屈指のリゾート地・北海道ニセコ町での合宿付き!約100日間でプログラミングスキルを身につける「ピリカスクプ」を開催

【ニセコ町ワーケーション推進協議会】

https://pirka-sukup.com/

ニセコ町ワーケーション推進協議会(北海道虻田郡ニセコ町、以下「協議会」)は、2022年8月3日(水)から11月中旬までの約100日間で、プログラミングスキルの習得を目指す、オンライン講座+北海道ニセコ町での短期合宿付きプログラミング講座「ピリカスクプ」を開催します。




[画像1: https://prtimes.jp/i/100175/3/resize/d100175-3-2069d4f5e85b9011118b-0.png ]


■開催概要
プログラミング講座「ピリカスクプ」は、約2ヶ月間のオンライン講座と、5泊6日の北海道ニセコ町でのオフライン合宿とを組み合わせたハイブリッド型講座で、国内各地から誰でも気軽に参加しやすいスタイルとなっています。オンライン講座がメインとなっており、平日は夜からの開催のため、社会人の方でも仕事終わりに受講しやすい講座となっています。


■ピリカスクプ講座概要


応募締切:2022年6月30日23:59まで(※1)
参加案内:2022年7月8日までにご案内(※2)
開催日程:2022年8月3日~11月中旬。うち9月10日~15日はニセコ町での短期合宿を開催(※3)
合宿会場:ニセコ町役場3階町民ホール、ニセコ中央倉庫群1号館
定員人数:20名/回
受講料:179,500円(税込)※宿泊費・交通費などは含まれていません。
学習内容:プログラミング言語と関連言語(HTML、CSS、PHP、Linux、MySQL、Git)

※1 公式サイト記載のエントリーフォームからご応募ください
※2 定員人数を超えた場合は選考となります
※3 オンライン講座は8月3日、10日、17日、24日、31日、9月7日、21日、28日、10月5日、12日の夜20:00~22:00、計10回開催。オンライン講座終了後、1ヶ月間の自主制作期間を経て、オンライン発表会を予定。

■ピリカスクプのポイント

[画像2: https://prtimes.jp/i/100175/3/resize/d100175-3-01e6c3597e5652a6f396-1.png ]

講座名のピリカスクプは、アイヌ語で「素晴らしい成長/生活」を意味する言葉で、リゾート地ニセコ町での非日常×仲間との出会いを通して、技術面でも精神面でも素敵な成長に繋がるような時間を過ごして欲しい、という想いを込めています。


【こんな方にオススメ】


これまでにプログラミングを独学で挫折した人
仕事が忙しくて、スクールに通う時間がない人
せっかくならリゾート地で楽しみながら学びたい人
エンジニア仲間との出会いを求めている人


合宿期間中にはオプショナルツアーでニセコ町観光ツアーも用意(任意参加)。単なるスキルアップ合宿ではなく、同じ志を持った仲間との出会いや、リゾート地で過ごす短期集中型の学習を通して、非日常のなかで「新たな成長」を目指せるカリキュラムを用意しています。


■岩手県「スパルタキャンプ」とのコラボ

[画像3: https://prtimes.jp/i/100175/3/resize/d100175-3-2768765858d2ec50e9fc-2.png ]

スパルタキャンプとは、岩手県八幡平市で2015年から毎年開催され、最大倍率30倍と人気のプログラミング合宿。今回、ピリカスクプではスパルタキャンプを運営する株式会社NextRevolution(本社:岩手県八幡平市、代表:高橋一真)とコラボレーションをし、スパルタキャンプから講師を招いてコラボ開催をします。スパルタキャンプが支持される秘訣でもある「誰も置いていかない」を、ピリカスクプでも同じモットーとして開催します。


■開催の背景
働き方の変化、IT人材需要の高まり
新型コロナウイルス感染症拡大により、テレワークやリモートワークが当たり前の働き方となり、時間や場所の制約を受けず柔軟に仕事ができるようになりました。ワーケーションや多拠点生活・地方移住など、新しいライフスタイルニーズが生まれるなかで、企業ではDX(デジタルトランスフォーメーション)推進が余儀なくされ、今後ますますデジタル人材の育成需要の高まりが予想されます。

ワーケーション推進モデル事業に取り組む、北海道ニセコ町
北海道ニセコ町では、自治体(ニセコ町)が主体となり、ワーケーション推進モデル事業に取り組んでいます。ワーケーションを通してニセコ町へ訪問してもらうことで、外から訪れた人の生の声や体験の発信が、ニセコ町の新たなブランディング、シティプロモーションに繋がると考えます。将来的には二拠点生活やシーズンごとの多様な暮らし方として、移住推進も目的としています。

今年4月には、ニセコ町ワーケーション推進協議会を発足。協議会メンバーには役場職員や地域おこし協力隊、移住推進担当や民間企業が集まり、町でのワーケーション推進に向けてさまざまな取り組みを計画します。その一環として、今夏、初の開催となるプログラミング講座「ピリカスクプ」を開催し、IT人材育成と関係・交流人口創出を図ります。

[画像4: https://prtimes.jp/i/100175/3/resize/d100175-3-dbe8b1914a7c359477f1-3.png ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/100175/3/resize/d100175-3-3afda290686f1c4cf9bd-4.png ]


【エントリー方法のご案内】
ホームページから詳細ご確認のうえ、参加エントリーへお進みください。

■ピリカスクプHP
https://pirka-sukup.com/

■ピリカスクプ参加フォーム
https://forms.gle/NSqGcTNyWicwPjLm6

■無料相談会参加フォーム
https://forms.gle/mW6UnPRBFwwgz6zQA

■北海道ニセコ町役場
https://www.town.niseko.lg.jp/

■ニセコ町ワーケーション推進協議会
https://niseko-work-vacation.net

※ピリカスクプは北海道ニセコ町とニセコ町ワーケーション推進協議会との共催企画です。PR TIMESプレスリリース詳細へ

DIME最新号

最新号
2022年11月21日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「携帯型スティック加湿器」! 特集は「マネしたくなる!最強の仕事基地#デスクツアーNo.1決定戦」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。