人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

日常的に眼鏡をかけている人は新型コロナに感染しにくい可能性、中国・南昌大学第二附属病院研究

2020.10.09

眼鏡で新型コロナ感染を防げるか

日常的に眼鏡をかけている人は、新型コロナウイルスに感染しにくい可能性があるという研究結果を、南昌大学第二附属病院(中国)のYiping Wei氏らが報告した。研究結果の詳細は、「JAMA Ophthalmology」9月16日オンライン版に掲載された。

この研究は、2020年1月27日~3月13日の間に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に罹患して中国湖北省の随州市曾都医院に入院した276人(年齢中央値51歳、男性56.2%)の患者を対象にしたもの。

対象者の大半は、疾患の重症度が中等度で、重症患者は14人(5.1%)だけだった。眼鏡を使用している対象患者は、眼鏡を使う理由や日中の使用時間、コンタクトレンズの使用やレーシック手術を受けた経験の有無に関する調査を受けた。

その結果、眼鏡を使用していたのは30人(10.9%)で、このうち近視のため1日8時間以上眼鏡をかけていたのは16人(5.8%、平均年齢33歳)であることが明らかになった。

過去に発表された研究によると、湖北省の7~22歳の学生の近視有病率は31.5%である。これらの学生は、2020年には42~57歳になっており、今回の研究対象者の年齢中央値に近い。

このことからWei氏らは、研究対象になったCOVID-19患者における近視者の割合は、一般人口に占める近視者の割合よりもはるかに低いと結論付け、「眼鏡をかけていると手が目に触れにくくなるため、手からのウイルス感染が回避された可能性がある」と推測している。

ただし、1日に8時間以上眼鏡をかけていても、COVID-19に罹患した場合の重症度は、正常な視力の人と同程度であった。

米ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターのAmesh Adalja氏は、「この研究は観察研究であるため、確固とした結論を下すことはできない。しかし、この研究結果は、何かで目を保護することにより、感染リスクが低下する可能性のあることを示唆するものだ」と述べている。

そして、「他の観察研究や、より詳細な研究を実施して、この研究結果を確認する必要がある。とはいえ、目の保護が重要であることを指摘する声は、高まりつつある」と付け加えている。

一方、米マウントサイナイ・サウスナッソーのAaron Glatt氏は、「一般的な眼鏡は、ゴーグルや顔面シールドのように目を完全には覆わない。眼鏡をかけることで多少の保護効果は期待できるかもしれないが、通常の眼鏡では、目の中に入るとされるウイルスを含んだ空気中の粒子が、眼鏡の内側にも容易に入り込んでしまうだろう」と述べている。

また、今回の研究論文の付随論評を執筆した、米ジョンズ・ホプキンス・ヘルスシステムで感染予防のシニアディレクターを務めるLisa Maragakis氏は、「眼鏡を外したり、付け替えたり、位置を調整したりするときに、手が目に触れる機会が増えて、目から感染するリスクを高める可能性がある」として、眼鏡着用に潜むリスクについて語っている。

Glatt氏とMaragakis氏は、今回の研究では対象者の数が少なかった点を指摘し、より多くの人を対象にした研究を実施して、結果を検証する必要があるとしている。

Glatt氏は、研究自体については「刺激的で非常に興味深い」と評価し、「眼鏡着用により新型コロナウイルスの感染リスクが低下する可能性を、科学的に示唆した研究であることは確かだ。ただ、より厳密な方法で調査する必要があるのは明らかだ。あるいは、別の研究でも、今回の研究と同じ結果になることを確認する必要がある」と述べている。(HealthDay News 2020年9月16日)

Copyright © 2020 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
Abstract/Full Text
https://jamanetwork.com/journals/jamaophthalmology/fullarticle/2770872

Editorial
https://jamanetwork.com/journals/jamaophthalmology/fullarticle/2770873

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。