人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で急増する自転車通勤、万が一に備えて入っておきたい自転車保険の基礎知識

2020.10.05

コロナ禍で自転車通勤に変更した人も多い。クルマだけでなく意外に多いのが自転車による事故だ。東京都では4月から加入が義務化されていることもあり、自転車保険は今や必須の時代となっている。

自転車保険のおすすめは?

知ってた?4月からスタートした東京都の自転車保険加入義務化

買い物、通勤、運動などの目的で、日常的に自転車を利用している人は多いはず。その中で、どれくらいの人が、自動車や通行人と接触しそうになるなど、いわゆる「ヒヤリ」とした経験があるのだろうか? そんな自転車にまつわる“ヒヤリハット”経験や、自転車保険に関するアンケート調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

【参考】https://dime.jp/genre/905335/

補償の範囲は?保険料は?4月から加入が義務づけられる自転車保険のおすすめ5選

2020年4月から、いよいよ東京都でも自転車保険の加入が義務付けられます。2015年10月に兵庫県で自転車保険の加入が義務付けられて以降、すでに多くの都道府県で義務化が始まっていますが、いまひとつ分からないことが多いのも事実。自転車保険の必要性などを紹介した前回に続き今回は保険の選び方を紹介していきます。

【参考】https://dime.jp/genre/882528/

FPが解説!東京で加入が義務化された自転車保険の選び方のポイント

4月1日から東京都で自転車保険の加入が条例により義務化された。そもそもなぜ加入しなければならないのか?その背景の一つには以下のような事情がある。

【参考】https://dime.jp/genre/910305/

今月から東京でも義務化される自転車保険のおすすめ5選

自転車での事故が増えるにあたり、その必要性が語られていた自転車保険。4月からは東京でも義務付けられる。保障の範囲や保険料、なぜ必要なのか、おすすめの保険は?などを合わせてご紹介する。

【参考】https://dime.jp/genre/884849/

4月1日から東京都で加入義務化がスタートする「自転車保険」は本当に必要か?

2020年4月から、いよいよ東京都でも自転車保険の加入が義務付けられます。2015年10月に兵庫県で自転車保険の加入が義務付けられて以降、すでに多くの都道府県で義務化が始まっていますが、いまひとつ分からないことが多いのも事実。そこで、未加入の場合の罰則や適切な保険の選び方など前・後編にわたって解説していきます。

【参考】https://dime.jp/genre/881202/

これが雑誌の付録!?バイクや自転車のメンテナンスに使える「マルチレンチ&ツール14」が便利すぎる!

現在、発売中の雑誌「DIME」の付録が使える!オープン、ソケット、棒などの各種レンチに加え、プラスとマイナスのドライバーまで搭載された、折りたたみ式の本格的なマルチツール「DIME MULTI WRENCH & TOOL 14」が、もれなく1個付いてくるのだ。

【参考】https://dime.jp/genre/993947/

都民に聞く自転車事故に遭った、遭いそうになった場所TOP3、3位信号のない交差点、2位自転車専用レーンがない車道、1位は?

都内在住で、自転車を日常的に使用している人は多いはず。人口密度が高い分、通行人や車に衝突しそうになるなどヒヤリとした経験がある人もまた、少なくないだろう。 そんな「東京都の自転車事故に関する調査」がこのほど行われたので、その結果を紹介していきたい。

【参考】https://dime.jp/genre/911470/

自転車保険の加入率は56%、最も高いのは兵庫で70%超、低いのは島根で34%

最近、「自転車事故」の加害者に高額な賠償請求を命じる判決が複数出ており、自転車保険への加入を義務化する条例を設ける自治体が増えている。 そこでau損害保険は全国の男女20,811人を対象に、「自転車保険加入状況」の全国的な実態調査を実施した。

【参考】https://dime.jp/genre/721843/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。