人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

夜間の走行はやっぱり危険!安全を確保する自転車用ライトおすすめ15選

2020.10.03

夜の自転車は、クルマからも人からも見えにくいのが危ない。思わぬ事故を避けるために強力なライトをつけるのがおすすめだ。

点灯パターンを設定できるライトもある

140m後方から接近する車両を検知するGarminの自転車用テールライト「Varia RTL515リアビューレーダー」

Garminはサイクリング用ミリ波レーダー内蔵テールライトの最新モデル『Varia RTL515リアビューレーダー(ヴァリア アールティーエル515リアビューレーダー)』と、『Varia RVR315リアビューレーダー(ヴァリア アールブイアール315リアビューレーダー)』を2020年6月18日(木)に発売する。予約は6月11日(木)より開始となる。

【参考】https://dime.jp/genre/929588/

強力な自転車ライトのおすすめ12選!防水タイプ、ママチャリ用、ロードバイク用まで

自転車のライトは、自分の視界を確保するだけでなく、車や歩行者に存在を知らせるためにも重要なアイテムだ。ひとくちに自転車用ライトといっても、明るさはもちろん防水性やデザインなど、さまざまなタイプがある。この記事では、重視する項目別におすすめの自転車用ライトを紹介する。

【参考】https://dime.jp/genre/714781/

傾きと急停止を検知して方向指示とブレーキランプを自動表示するサンコーの自転車用テールランプ

サンコーは、自転車を傾けると自動で方向表示が出る「自転車用オートウィンカー&テールランプ オートベクター」を発売した。直販価格は2,480円(税込)。本製品は、方向指示機能とブレーキランプ機能を備えた自転車用のテールランプ。64個のLEDを内蔵し、本体の傾きを検知すると自動で左右の方向を表示し、後続車に進路変更を知らせることができる。ボタンを押すなどの操作が不要なので、運転に集中できるのが利点だ。

【参考】https://dime.jp/genre/681149/

ブレーキにも反応!アプリと連動して点灯パターンを設定できる自転車用テールランプ「Rayo」

サイクリングが人気を集めている中、走行中での事故が後を絶たない。今回オススメしたいのはスマホアプリと連動して点灯パターンを設定できる、自転車用のスマートテールランプ「Rayo」。 自分の好みの点灯パターンをアプリ上で設定できるほか、ドローンにも用いられている動態検知のアルゴリズムを活用し、自転車のブレーキに反応してランプが点灯する。

【参考】https://dime.jp/genre/674167/

これが雑誌の付録!?バイクや自転車のメンテナンスに使える「マルチレンチ&ツール14」が便利すぎる!

現在、発売中の雑誌「DIME」の付録が使える!オープン、ソケット、棒などの各種レンチに加え、プラスとマイナスのドライバーまで搭載された、折りたたみ式の本格的なマルチツール「DIME MULTI WRENCH & TOOL 14」が、もれなく1個付いてくるのだ。

【参考】https://dime.jp/genre/993947/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。