人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「こいつらスピーカーなんだぜ?」のツイートでバズった手のひらサイズスピーカー「Gravaster Venus」

2020.10.07

一見オモチャにしか見えない。リモートで動くロボットかな? 防犯カメラ? いろいろな機器をまとめられるコントローラーかな? 答えは、スピーカー。クラウドファンディングで日本上陸を果たした「Gravaster Venus」(グラバスタービーナス)を紹介しよう。

クラウドファンディング開始初日に目標額達成のわけ

9月半ば、クラウドファンディングの運営会社きびだんごが、ファンディングを開始すると、初日に目標額100万円を達成した。10月初め現在、集まった金額は約400万円超、サポーターは280人超だ。

手のひらに乗る小型スピーカーGravaster Venus。カラーは4色。サポーターの購入価格は1個1万800円。

手のひらに収まる手乗り感、そのくせズシリと来る重量感。目玉おやじのような、G-SHOCKのような姿形は、今にも動き出しそうな雰囲気を漂わせている。電源オン/オフ音のガシャガシャン!という機械音が、またいい。

ブルートゥースでスマホに接続して音楽をかけると、思いの外、重低音がズンズン響く。86mm×75mm×95mmのボディーに、直径5.8㎝10Wフルレンジスピーカーを搭載。ボディー後ろにある可動ダイアフラムが大量の空気をポンピングして、低音を繰り出す。また、TWS接続システムで、2個つなげればステレオサウンドが楽しめる。

ボディー背面のGの部分、ダイアフラムがバクバク動いて心臓っぽい。

スペックだけ見れば、同価格帯のものと比べて、それほど特別ではないかもしれない。ただ、この姿がオンリーワンなのだ。

実は、Gravaster Venusの前作として、Gravaster MarsというVenusより一回り大きいスピーカーが、やはりきびだんごのクラウドファンディングで日本上陸している。それが今年の、コロナ禍真っ最中の4月のことだ。Marsは1個約3万円という高額ながら、1044人のサポーターから3332万円が集まった。

Mars 販売直後、ツイッターに上がった「こいつらスピーカーなんだぜ?」というツイートがバズった。2万3000のいいね! がつき、一時、トレンドワードランキング入りしたという。

右が4月に販売された前作Gravaster Mars、右が9月にファンディングを開始したGravaster Venus。

今年1月、ラスベガスで開かれた世界最大級の電子機器のコンベンションに出品されていたMarsを、きびんだんごの藤原愛さんが見つけた。それからすぐクラウドファンディングによる日本上陸を目指し、前述したように4月に目標額を達成した。

「今回のVenusを支援をしてくだった方の中には、Mars購買者の方が、かなりいらっしゃいます。2個セットで購入される方も多いですね。スピーカーとして、2個つなげばステレオサウンドが楽しめるということもありますが、むしろフィギュアの感覚で、何色も揃えたいという方が少なくないようです」と、藤原さんは購入者特性を説明する。

Gravaster Venusのクラウドファンディングが、初日で目標金額達成したのは、兄貴分Marsサポーターの熱烈なオシがあったようだ。

スピーカーというより、むしろフィギュア

Gravaster VenusはMarsよりひと回り小型化し、持ち運びしやすくなった。小さいとはいえ約450gと、ミニタブレット端末並みである。が、それでも連れ歩きたくなる、バックやジャケットのポケットにしのばせたくなる強烈なガジェット感がある。今回のプロジェクトでは、Venus専用の持ち運びバックも製作され、オプションになっている。また、充電用のチャージングベースも新発売。ガジェット感がますます高まっている。

チャージングベースのライトもRGBライトの6色。Venus購入者限定オプション。

デスクに2つ並べておくと、何とも言えない愛らしさを感じる。家にいる時間が長くなった、テレワークが増えて疲れる……なんていう人にもおすすめ。

一見、ボタンがたくさんあっていろいろ操作できそうに見えるが、そうでもない。RGBライトによるカラーは6色あるが、点滅することはなく、オートチェンジするわけでもない。ボディに足らしきものがついているが、動くわけではない。時計機能も、ソーラー機能も、音声認識機能もついていない。ブルートゥース付きというだけで、あとはきわめてアナログだ。まさにフィギュア。それでも、こいつら、スピーカーなんです。

Gravaster Venusのプロジェクトは11月5日まで続行。商品の発送は12月になる見込み。

きびだんごGravaster Venus https://kibidango.com/1521

取材・文/佐藤恵菜

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。