人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

保険適用は実現するのか?数字で読み解く不妊治療の実態

2020.10.03

菅首相が先日、不妊治療の助成制度を大幅に拡充するよう、厚生労働大臣に指示をした。不妊治療への保険適用は実現するのか?不妊治療の実態と、治療に取り組んでいる人たちの声をピックアップした。

不妊治療の実態

不妊治療で大変だと思うことTOP3、3位治療と仕事の両立、2位精神的負担、1位は?

妊娠を望む多くの人が取り組んでいる妊活と不妊治療。その実態やイメージを知るべくこのほど、国内最大級オトナ女子向けメディアアプリ「LOCARI」を運営する株式会社Wondershakeにより、妊活・不妊治療に関するアンケート調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。

【参考】https://dime.jp/genre/991308/

不妊治療をしている女性患者は約40万人、3分の1が首都圏在住者

働く女性が増える近年、晩婚化・不妊症も課題視されてきている。不妊治療net(F Treatment)が調査したところ、現在不妊治療をしている人は、女性だけでも全国に推定約40万人いることがわかった。さらに、不妊治療をまだ始めていない潜在層(潜在的には不妊治療に対するニーズがある人)も含めると女性だけで全国で約109万人いると考えられ、顕在化している患者数の約2.7倍いることが推測される。また男女合わせると顕在化している患者数と潜在層合わせて、約170万人いると考えられる。

【参考】https://dime.jp/genre/358653/

経験者に聞く不妊治療クリニックの満足度

年々、不妊治療をしている人が増えているといわれている。株式会社F Treatmentが以前、同社が運営する不妊症・不妊治療専門の情報サイト「不妊治療net(不妊治療ネット)」において、不妊治療経験者4120人(女性77.5%、男性22.5%)を対象に不妊治療経験者がこれまで通ったことのあるクリニック・病院の満足度に関する調査を実施したところ、「医師の説明」「医療技術」「医療設備」「スタッフの対応」においては、やや満足・満足が約40%以上を占める結果となった。

【参考】https://dime.jp/genre/360168/

不妊治療中の助成金、活用していますか?

2017年6月に厚生労働省が発表した人口動態統計によると、2016年に生まれた子供の数(出生数)は97万6979人となり、1899年の調査開始以来、初めて出生数が100万人を割り込むなど、少子化に歯止めがかからない状況が続いている。

【参考】https://dime.jp/genre/464139/

不妊治療経験者の妊娠率は3割、うち体外受精は3割

日本産科婦人科学会の医療機関報告データによれば、不妊治療の件数は2013年で36万8764件にのぼり、その結果妊娠に至ったのは4万2554人であった。しかし、不妊治療は治療が長期にわたったり、複数の医療機関を受診するケースも少なくないため、治療者の人数を把握することが難しく、日本国内の患者数や患者数あたりの妊娠率は明らかになっていないのが実情である。

【参考】https://dime.jp/genre/458824/

ストレス?プレッシャー?妊活男性の3人に1人が「子づくり」が原因のEDを自覚

妊娠について正しい知識を身につけ、パートナーと協力して行っていく活動「妊活」。 このほど、ED治療専門クリニック・浜松町第一クリニックによる「妊活中のセックスに関する実態調査」が行われたところ、「7組に1組の妊活夫婦が不妊治療に100万円以上を出費している」、「子づくりが原因のEDが20代前半男性に増加中」、「妊活が夫婦関係を改善する」などの事実が明らかになった。

【参考】https://dime.jp/genre/944302/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。