人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

意外と知らない「巻き爪」のベストな予防法

2020.10.08

足元のケアは体全体の健康に繋がっているため、放っておくと慢性的な問題を引き起こす。たとえば爪の変形(肥厚爪など)を放っておくと痛みによって歩きにくくなり、最悪の場合歩けなくなって寝たきりになる可能性も…。

それでは、多くの人は足にどのような悩みを抱えているのか。今回は在宅医療マッサージが1000人に実施した調査結果を紹介しよう。

1000人に聞いた!足の悩みNo.1は〇〇

始めに、「あなたの足の悩みを教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『足の悩みはない(45.0%)』と回答した方が最も多く、次いで、『かかと等ヒビ割れ(22.5%)』『巻き爪(18.5%)』『爪の変形(肥厚爪など)(16.8%)』『魚の目(12.3%)』『タコ(9.8%)』『イボ(4.4%)』と続いた。

半数以上の方が足に何かしらの悩みを抱えていることが分かる。

巻き爪の原因と予防法とは?

多くの人が抱えている足の悩みだが、正しい処置の方法を知っているのだろうか。先ほどの質問でも多く挙がった『巻き爪』について見てみよう。

「巻き爪の原因は爪の切り方にあると思いますか?」と質問したところ、半数近くの方が『分からない(46.0%)』と回答した。原因が分からなければ、予防どころか意図せず巻き爪を引き起こす爪の切り方をしている可能性も否めない。

そこで、「巻き爪の最適な予防法はどれだと思いますか?」と質問したところ、『分からない(43.6%)』という回答が最も多く、次いで、『爪を四角くなるように切る(19.4%)』『爪の角をなくすように切る(8.9%)』『ピッタリサイズの靴を履く(8.8%)』『大きめのサイズの靴を履く(7.5%)』『爪を伸ばす(6.4%)』『深爪気味にする(4.1%)』『小さめのサイズの靴を履く(0.8%)』と続いた。

実は、『爪の角をなくすように切る』『深爪気味にする』『小さめのサイズの靴を履く』ことは、巻き爪になりやすい要因とされている。

つい切りすぎて深爪にしてしまう、なんて方も少なくないかもしれない。だが足の爪は、角をなくしてしまうと足に負担がかかった時に爪が皮膚に食い込みやすくなる。

理想は、爪を四角くなるように切る「スクエアカット」だ。短くなりすぎないように気を付けながら巻き爪を予防したほうがいいだろう。

「フットケアの一般常識」に関する調査

調査期間:2020年6月16日(火)~ 2020年6月17日(水)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,029人
調査対象:20代~60代男女
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。