人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

今、地方に移住するとしたらどこ?

2020.10.02

テレワークや在宅勤務の普及により、地方に住んで仕事をすることも現実的になってきた昨今。住むならどこがいい?ランキングと、長野市の移住支援プランほか地方の実例もご紹介。

地方に移住するならどこ?

本社移転で300万円、従業員が1人移住すると50万の支援金!長野市の移住支援プランと気になるメリット

首都圏に住んでいると、コロナ禍の中、一度は「感染リスクや固定費が高い首都圏から出て地方でテレワークできないだろうか」と考えたことはないだろうか。イメージ的に関東からほど近い長野県はちょうど良い場所だ。 その長野県の長野市が、令和3年3月までに企業の本店・支店設置で最大1,100万円の「移転支援金」を出すと発表した。その経緯や長野市移住メリットを長野市に聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/991155/

一目でわかる!移住、定住、副業を促進する地域系サービスとメディアのカオスマップ

最近、自分らしい働き方と暮らし方を求める都市部の生活者が増え、地域への移住や副業、多拠点居住への興味関心が高まっている。 そんな背景を受け、カヤックLivingは地域と関わるきっかけの創出と促進へと繋がればと考え「地域系サービス・メディアカオスマップ2019年版」を発表した。

【参考】https://dime.jp/genre/886028/

移住者は年間200人、うち7割が30代以下!長崎県五島市が若者の移住先として人気の理由

長崎市の西約100キロに浮かぶ11の有人島と52の無人島で構成されている「五島市」。 人口は36,812人(2019年4月末時点)で、1年間のうちに202人が移住している人気の島だ。今回は、移住者が増え続けている五島市の魅力を紹介しよう。

【参考】https://dime.jp/genre/737702/

地元の人気企業の口コミで分析!正社員が働きやすい都道府県ランキング

今、大都市にこだわらず、暮らしやすい地域を職場に選ぶ人は増加している。また、地域経済の活性化の動きとともに、地元に戻るUターンはもちろん、出身地以外の地方に移住して働くIターンも増加傾向にある。 ここで気になるのが、「どの都道府県が働きやすいのか」ということだ。

【参考】https://dime.jp/genre/801027/

「移住しやすい地域ランキング」1位に選ばれたのは人口約3000人の小さな町だった!

人が多く、騒がしい都会を離れて、いつかは静かな田舎で暮らしてみたい……そんな願望を持つ人も少なくないだろう。 そこでこのほど、移住や街づくりで話題の地域を表す「SMOUTネット関係人口スコア」における東日本のトップ5と、西日本のトップ5を紹介していきたい。

【参考】https://dime.jp/genre/797172/

都会から移住した夫婦に聞く田舎暮らしで子育てをするメリットとデメリット

自然豊かな環境は、子育てにも理想的。地方に移住して働くことは、地方創生の世の中では、今後増えていくはず。そこで、地方に移住して子育て中の夫婦に、田舎暮らしのメリットとデメリットを聞いた。

【参考】https://dime.jp/genre/708862/

何もないのに移住や開業を目指す人が集まる北海道当麻町の秘密

最強を名乗るダウンジャケットがある。雪山ではなく、雪国での生活を考慮した機能を搭載し、無駄を省いたシルエットがウケ、発表後即完売となる『ナンガホワイトレーベル』だ。 「ナンガ」は滋賀県で高品質のダウン製品を製造するアウトドアメーカーで、『ナンガホワイトレーベル』は、北海道・当麻町のセレクトショップ「MOONLOID」がナンガと共同開発したブランド。いわばショップオリジナルだが、関東エリアを中心に全国からオーダーが届く注目ブランドなのだ。

【参考】https://dime.jp/genre/521578/

高齢者に人気の移住候補地ランキング

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の1都3県の高齢化問題が深刻になっている。日本創生会議がまとめた資料によると、今後10年で介護需要が45%増える一方、約13万人分の介護施設が不足すると推定される。それを解決させるため、日本創生会議が公表した対策の1つが「高齢者の地方移住」だ。

【参考】https://dime.jp/genre/295864/

月曜日の出社が憂鬱なら一度、小学校校舎の宿泊施設に2週間ほど住んでみない?

日本には、休日明けの月曜が嫌いな人が多すぎる……。その現状を改善するため、月曜日を楽しくしたい人のコミュニティ「月曜クラブ(通称:月ク)」が立ち上がりました。この連載では、月曜日の憂鬱を減らし、一週間を楽しく過ごす方法を研究、紹介していきます。

【参考】https://dime.jp/genre/984171/

幸福度、満足度、愛着度、定住意欲度、全国の市町村SDGs調査で1位になった市は?

世界中で取り組みが進む「SDGs」。 日本全国でも取り組みが始まっているが、そもそも地球全体の視点で作られたものであり、日本各地での状況を踏まえた「住民の視点」になっているとは言えない。 少子高齢化や地域の疲弊が大きな課題となっている日本の各地域では、その実態を加味した住民視点での地域版「持続的な開発目標」も必要なのではないだろうか。

【参考】https://dime.jp/genre/905439/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。