人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

5万円程度から株主優待を受け取れる株式7選

2020.10.02

カタログギフト、食品ギフト、サービス券などの優待品を株主優待実施企業の株式を保有していると受け取れます。株主優待を受取るには、ある一定の株数が必要で、その株数を100株としているところがほとんどです。ほとんどの会社が100株で20~30万円程度しますが、中には5万円程度から株主優待が受け取れる株式もあります。

株主優待とは?

株式を保有している株主は、株式会社の所有者です。そのため、会社が利益を出せば当然の権利として会社の利益を受ける権利があります。利益の配分として配当金が一般的ですが、配当金の他に会社の製品やサービス、または全く関係の無いギフトカード等が受け取れることもあり、これを株主優待といいます。

株主優待を実施している会社の株式を購入して保有すると、株主に対して年に1回または2回、自社製品やサービス券、金券、QUOカードなどの「モノ」を受け取れます。この株主優待は、ほとんどの会社が単元株である100株以上から受け取れ、株数に応じて金額が増えたり長期保有すれば優遇されたりすることもあります。

なお、株主優待は、いつ買っても権利を得られるわけではなく、権利付最終日の15時までに購入している必要があります。権利付最終日の翌営業日に売却してしまっても直近の株主優待の権利は得られます。

株主優待を受け取れる月を権利月といい、多くはその月の月末(少数だが月末ではない株式もある)に株主になっているかどうかで受け取れるかどうかを判断されます。

権利確定日の3営業日前まで(すなわち権利付最終日のこと)に購入すれば、その月の権利を得られます。これは、株式の権利が3営業日で移るためで、株主になるには購入から3営業日かかるためです。

そして、直近の株主優待を得ることができない権利付最終日の翌営業日のことを権利落日(けんりおちび)といいます。

5万円で買える株主優待

株主優待を受け取れるのは100株以上としている会社が多く、1株あたり2,000円であれば100株で20万円の資金が必要になります。中には株価が500円程度で5万円の資金から投資できる株式もあります。

そこで、少額で株主優待を受取ってみたいという方におすすめの5万円で受け取れる株式をご紹介します。
(投資金額は2020年9月28日終値で計算)

■RIZAPグループ(銘柄コード:2928)【権利月9月、3月、投資資金16,300円】

「結果にコミットする」というCMで有名なパーソナルトレーニングジムのRIZAP。

多くの会社の買収を行っていたが不採算子会社が出てきたため、不採算事業の売却整理を進めて赤字脱却予定であったが、新型コロナ感染症が拡大し主力のジムが休業を余儀なくされる。

2020年3月期60億円の赤字、2021年3月期は合理的な算定ができないとして予想を見送りしており、業績予想が不透明。一方、健康増進を目的とする「ライザップ シニアプログラム」が始動したところは期待できる。

上記のような業績不安があるものの、2万円弱の投資で株主優待が非常に魅力的。

100株で2,000ポイント付与され、RIZAPグループの子会社含む関連商品のカタログギフト掲載の商品と交換できる。ポイントは3年繰り延べることも可能で、マンツーマントレーニング、ゴルフレッスン、化粧品、健康食品などから選べる。

なお、札証アンビシャスにしか上場していないため、東証しか取り扱っていない証券会社などでは購入できない。

■ゴルフ・ドゥ(3032)【権利月9月、3月、投資資金40,000円

中古ゴルフクラブ専門店、新品も取り扱う。

新型コロナウィルス感染症拡大の影響で4~5月の売上が伸びなかったものの、特別給付金の効果で6月以降は想定以上の回復で、営業減益は縮小しそう。

100株で株主専用オンラインショッピングサイトで利用できるゴルフクラブ20%OFFまたはゴルフ用品10%OFF券が受け取れる。

■ストリーム(3071)【権利月1月、投資資金12,400円】

PC、家電の低価格販売サイト「ECカレント」を運営し、ベスト電器と提携している。

新型コロナウィルス感染症の影響による巣ごもり消費で家電やPCが想定を超える伸びで、減益予想から増益に、2022年度は東京五輪によるテレビの売り上げ増に期待。

100株でECカレントで利用できる1,000円の買い物優待券を1枚受け取れる。

■バイク王&カンパニー(3377)【権利月1月、投資資金22,800円】

中古バイクの買い取り最大手のバイク王を全国展開。100株でバイク購入割引1万円割引と定期点検等サービス「パートナーズパック」加入1万円割引が受けられる優待券が受け取れる。約2万円の投資で2万円の割引が受けられるので、バイクを買うなら是非買っておきたい。

■山喜(3071)【権利月9月、3月、投資資金19,100円】

紳士用カジュアルシャツ大手。新型コロナ感染症拡大防止のための百貨店休業による売上減、政府向けの防護用ガウンの特需があったものの補えるほどではなかった。100株で1,000円分の優待券が受け取れる。

■TAC(4319) 【権利月9月、3月、投資資金23,400円】

資格の学校大手で、株主優待割引で受講講座の10%割引が受けられる。

■ヴィア・ホールディングス(7918)【権利月9月、3月、投資資金34,700円】

「やきとりの扇屋」「イタリアンバルパステル」「魚や一丁」など利用可能な5,000円相当の株主割引券が受け取れる。1,000円利用毎に500円割引される。

新型コロナウィルス感染症拡大防止による営業時間縮小等により大赤字になっており大きく株価が下がっている。自己資本比率は0.2%まで下がっているため、投資には注意が必要。アサヒビールが筆頭株主。

株価が安いものは投資に注意

株価が100円以下の株を低位株といいます。低位株は10円動くだけでも10%の変動があり、変動幅大きいことから、短期売買の投資家に狙われやすくさらに上下幅が大きくなります。

例えば、ある低位株のA銘柄が突然100円から150円まで買われ50%値上がりしても、突然下がり始め90円まで下がるということもあります。

また、通常1,000~2,000円の株価が多い株式で500円以下ということは、業績の悪化が続き財務内容が悪化している、不正会計が発覚したなど何か問題があるケースもあります。

株価が安い株主優待銘柄を買うときは、例え株主優待目的であっても、株主優待の価値以上に投資資金が下がってしまったら元も子もないため、直近の財務内容、不祥事がないかなど確認した上で投資をしましょう。

文/大堀貴子
フリーライターとしてマネージャンルの記事を得意とする。おおほりFP事務所代表、CFP認定者、第Ⅰ種証券外務員。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。