人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ後の旅行について「心配」「不安」と答えた人が多かった国は?

2020.10.07

コロナ後初旅行にはせる思いに反映された各国の意識の差

新型コロナウイルス感染症が流行し始めた2020年初頭より、各国における国境の閉鎖や渡航制限、そして日本国内における外出自粛措置などから、人々の往来を主とする「旅行」が一時的に停滞していた。

そこでブッキング・ドットコム・ジャパンは、人々が旅行を計画していたであろうゴールデンウィークやお盆休み期間中に予約された人気地域を分析し、2019年の同月と比較することで2020年のトレンドを浮き彫りにした。

外出自粛期間中の2020年GWは人ごみを避けた新たな土地が人気に

2019年と2020年のゴールデンウィーク期間中、最も宿泊予約が多かった地域のランキングを比較すると、那覇市が10位圏外から7位に急浮上している他、2019年にはランクインしていなかった川崎市、奈良市、浜松市などの地域が2020年には20位以内になるなど新たな地域が人気となっていることが分かった。

また、箱根市は2019年に20位だったのに対して今年は12位にアップ、そして岡山市に関しては18位から14位に上昇。このように、各都道府県にある大都市やそこから近い観光地などの宿泊需要が伸びている傾向にある。

越県ができず”マイクロツーリズム”が叫ばれていたお盆期間の傾向

2020年は例年田舎への帰省率が高まる「お盆休み期間中」にも関わらず、新型コロナウイルス感染症の影響で、県外への移動を控える人が増えた。そこで、移動を県内に留めつつも旅行を楽しむ”マイクロツーリズム”の動きが様々なシーンで唱えられている。

ブッキング・ドットコムを利用した日本国内のユーザーデータを見ると、2019年に比べ2020年は箱根市、松本市、高松市など、各県民も楽しめるような歴史ある市がランクインした。

国民性の違いが顕著に!?コロナ後初旅行への想いと行きたい旅行タイプ

新型コロナウイルス感染症の影響で、旅行に行けない人が多い中で、ブッキング・ドットコムのユーザーに「再び旅行に行けるようになったらどう思うか」を聞いたところ、日本は「不安」や「心配」という思いがある方の割合が世界平均よりも多く、「心配である」50%、「不安である」56%と2人に1人が旅行に対して慎重な考えを持っていることが分かった。

一方、フランスでは「心配である」28%、「不安である」19%(日本の約1/3)と日本よりも楽観視した見方が多い傾向にあります。アメリカのユーザーは、ポジティブな感情もネガティブな感情も全ての項目において世界平均を上回っている。(赤字は世界平均を上回った数値、青字は世界平均を下回った数値を記載)

また、行きたい旅のタイプについては、日本は「食目的のグルメ旅」に対する希望が世界平均よりも倍以上多く、旅先で出会う食べ物を楽しみに旅を決めていることが分かった。日本では、今後「Go To トラベル 地域振興券」の発行や、「Go To Eat キャンペーン」が始まることから、グルメ旅を検討する人が増えることが予想できる。

この調査はゴールデンウィーク期間(「2019年4月29日~5月6日」、「2020年4月29日~5月6日」)とお盆期間(「2019年8月10日~8月18日」、「2020年8月8日~2020年8月16日」)の予約を対象に行っている。

データは、世界のブッキング・ドットコムユーザーを対象に、2020年8月24日~2020年8月30日の期間中に行った調査を集計したものとなる。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。