人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

120Hz駆動のディスプレイを搭載!4K HDR 120コマ/秒スローモーション撮影を可能にしたソニーの5Gスマホ「Xperia 5 II」

2020.09.26

ソニーとソニーモバイルコミュニケーションは、第5世代移動通信システム対応のフラッグシップレンジスマートフォン「Xperia 5 II」を発表した。発売日は本年秋以降の予定。

「Xperia 5 II」は、本格的なカメラ性能やゲーム・オーディオ・ビジュアルのエンタテインメント体験をハンドフィットサイズに凝縮した、5G対応のフラッグシップレンジスマートフォン。

AIによる瞳検出により人物や動物の瞳に即時にフォーカスを合わせて追従する「リアルタイム瞳AF」やAF/AE追従最高20コマ/秒の高速連写など最上位モデル「Xperia 1 II」で実現した本格的なカメラ性能を搭載するほか、世界で初めて24K HDR 120コマ/秒のスローモーション撮影を実現。

また、映画とほぼ同じアスペクト比の21:9、約6.1 インチのHDR対応有機ELディスプレイを搭載。リフレッシュレート120Hz駆動ディスプレイの新搭載と240Hzの残像低減技術により、動きの速いゲームコンテンツもくっきりなめらかに映し出すうえ、従来比最大4倍となる240Hzのタッチスキャンレートや従来比約35%向上したタッチレスポンス速度により、俊敏な操作が必要なゲームも指の動きを素早く正確に読み取り、快適にプレイできるという。

さらに、3.5mmオーディオジャック搭載により左右の音の混ざりを従来比約10分の1まで低減し、手持ちの有線ヘッドホンでよりクリアな音質を楽しめるほか、左右に均等に配置されたフロントステレオスピーカーでバランスの良い迫力のステレオサウンドを実現。AI 技術で高音域の表現力や微細な音の再現性が向上した高音質化技術DSEE Ultimateにも対応する。

そのほか、5GのSub6ネットワークに対応し、撮影した大容量データの送信や高画質な映像コンテンツのストリーミング再生も高速通信で快適に楽しめるうえ、Qualcomm社製の最新プラットフォーム Qualcomm Snapdragon 865 5G Mobile Platform搭載により、CPUとGPUのパフォーマンスがそれぞれ従来比約25%高速化。

8GB(RAM)/128GB・256GB(ROM)の内蔵メモリーにより、動作速度や処理能力も向上。バッテリー容量は4000mAhと大容量で、急速充電にも対応する。

関連情報
https://www.sonymobile.co.jp/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。