人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

球体デザインやユーザーに合わせてスクリーンが回転する機能を搭載した新しい「Amazon Echo」シリーズ

2020.09.25

Amazonは、新しいAmazon Echoシリーズを発表した。

Amazon Alexa担当 シニア・バイス・プレジデントのトム・テイラー(Tom Taylor)氏は次のように述べている。

「これまで開発してきたEchoシリーズのなかでも、最高品質のEchoデバイスをお届けします。EchoとEcho Dotは美しいデザインとさらに改良された音質を備え、Echo Show 10は完全に新たなものへと生まれ変わりました。

新たなEcho Show 10では使用中であればお客様の動きに合わせてスクリーンが回転し、お客様は部屋の中のどこにいても常にスクリーンを見ながら、Alexaに自然に話しかけることができます。さらにNetflixも今後視聴可能になる予定であり、Alexaはさらに賢く進化します。」

Echo

新世代のEchoは、これまでのEchoとEcho Plusが持つ非常に優れた品質をひとつに収めたデバイス。さまざまな空間にも映える球体、ファブリック仕上げのデザインとなっている。

Echoは3.0インチのウーファーと2つのツイーターを搭載し、クリアな高音、ダイナミックな中音、そして深みのある低音で、Dolbyステレオサウンドを楽しむことができる。

新しいEchoはEcho Studioと同様に、自動的にデバイスが設置された空間の音響特性を感知し、最適な音質でのオーディオ再生を微調整できるため、お気に入りの音楽を設置場所に合わせてリッチで細やかなサウンドで再生。

Zigbee対応のスマートホームハブを内蔵し、BLE(Bluetooth Low Energy)にも対応している。さらに、Amazonにより開発された、機械学習の高速化に対応する新しいシリコン・モジュール「第1世代AZ1ニューラル・エッジ・プロセッサ」(Amazon’s first-generation AZ1 Neural Edge processer)を搭載。

Amazonの強力な推論エンジンがお客様のデバイスに搭載されたプロセッサで動作し、AZ1でのニューラル音声認識機能がAlexaにリクエストをより早く伝え、Alexaがより早く応答するように働きかける(現在米国のみ対応)。

今後日本でも高速化された音声認識機能が提供開始となる予定だ(提供開始日は未定)。

Echo Dot、Echo Dot with clock

EchoシリーズのベストセラーであるEcho Dotが、さらに改良されて登場。新しいEcho Dotは、Echoと同様に球体のファブリック仕上げのデザインで、Alexaがさまざまな場所にスタイリッシュに溶け込む。

コンパクトながらもパワフルで、明瞭なボーカルとバランスのとれた低音により、豊かなサウンドを再生。Echo Dot with clockも、Echo Dotと同様に改良され、シンプルなLEDディスプレイで時刻や気温、タイマー、アラームを簡単に確認することができる。

さらにEcho Dot with clockのアラームをタップしてスヌーズする機能が、EchoとEcho Dotでも利用できる。

Echo Show 10

新しく生まれ変わったEcho Show 10は、多くの面で機能や品質が向上。10インチのHDスクリーンを搭載し、ユーザーの動きに合わせて回転し左右の方向に向きを変えるため、部屋の中のどこにいても常にスクリーンを見ながら、Alexaに話しかけることができる。

また新たに搭載されたブラシレスモーターにより、Echo Show 10はとても静かに回転するため、回転時の音の心配をする必要もない。

さらにユーザーは、家族や友人とAlexaを通じたビデオ通話中に部屋の中を移動しても、スクリーンから外れることを心配する必要もない。

13メガピクセルの高解像度カメラと自動フレーミング機能が、話している人を自動的に常に正面から拡大表示する。

Echo Show 10は、2つのツイーターと強力なウーファーを内蔵し、自動的にデバイスが設置された空間の音響特性を感知しながら、指向性のある良質なサウンドとエンターテインメントを提供。

新しいEcho Show 10で、クックパッド(株式会社クックパッド)の料理レシピを見たり、NHKニュース(日本放送協会(NHK))のフラッシュニュースを見たり、Prime Videoの映画やドラマを見たりすることができる。

さらにNetflixも今後提供開始予定で、Alexaに話しかけるだけで、Netflixのオリジナル作品などを含むコンテンツをEcho Show 10やスクリーン付きEcho Showシリーズのデバイスで楽しめるようになる。

Echo Show 10は、自宅をよりスマートで安心なものにするために、高度なコンピュータ・ビジョン・アルゴリズムを採用。

スクリーン付きのEcho Showシリーズや、外出先からはAlexaアプリを使ってEcho Show 10の内臓カメラにアクセスして、Echo Shwo10を回転させながら部屋全体を見渡したりすることも可能だ。

Echo Show 10においても、AZ1でのニューラル音声認識機能がAlexaにリクエストをより早く伝え、Alexaがより早く応答するように働きかける(現在米国のみ対応)。

また、Zigbee対応のスマートホームハブを内蔵しているので、対応している照明などのスマートホームデバイスのセットアップや操作も簡単にできる。

さらに、これまでのEchoシリーズ同様、プライバシー保護に配慮して設計されている。音声認識とコンピュータ・ビジョンの2つの機能が融合したことで、デバイスを使用中に部屋の中を移動してもデバイスが自動的に向きを変え、常にスクリーンを見ることが可能。

これらの情報処理はすべて、デバイス上でのみ安全に行なわれる。また、Echo Show 10のモーション機能は、マイク/カメラのオン/オフボタンやカメラカバーをスライドすることで、いつでも無効にすることができる。モーション機能は、音声やデバイス上、またはAlexaアプリからも無効にできる。

環境に優しい設計

新たに発表されたEcho Show 10、Echo、Echo Dot、Echo Dot with clockの4製品には、気候変動対策に関する誓約(Climate Pledge)に基づき、100%再利用のファブリックやダイカスト・アルミニウム、プラスチックが使用されている。

さらに、新製品のパッケージは大部分が木質繊維をベースにしており、その原材料については適切な方法で保全管理された森林またはリサイクル資源から調達されている。

新しいEcho、Echo Dot、Echo Dot with clockは、Amazon.co.jpで予約受付を開始しており、Echoは11,980円(税込)、Echo Dotは5,980円(税込)で販売され、チャコール、グレイシャーホワイト、トワイライトブルーの3色展開となる。

Echo Dot with clockは6,980円(税込)で、グレイシャーホワイトとトワイライトブルーの2色展開。Echo、Echo Dotは10月22日の出荷開始を予定しており、Echo Dot with clockは11月5日の出荷開始を予定している。

また、新しいEcho Show 10は29,980円(税込)で、チャコールとグレイシャーホワイトの2色展開、現在年内の出荷を予定している。

Echo
https://www.amazon.co.jp/echo

Echo Dot
https://www.amazon.co.jp/echodot

Echo Dot with clock
https://www.amazon.co.jp/echodotwithclock

Echo Show 10
https://www.amazon.co.jp/echoshow10 

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。