人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマホも毎日除菌してる?中に入れておくだけで除菌ができるアデッソのUV除菌ボックス「フォッシュ」

2020.09.30

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、日常生活における感染症予防への意識が高まっている。手洗い・うがいだけでなく、スマホやアクセサリーなど身の回りのモノを除菌している人も少なくないだろう。しかし、スマホにアルコール消毒液や除菌ジェルを使用すると故障の原因となる可能性がある。そこで今回は、消毒液を使わずにスマホを除菌できる、ユニークなアイテムを紹介する。

【参考】アデッソ公式サイト製品詳細ページ

スマホに便器の約10倍の菌が!? スマホ除菌の必要性とは

ウイルスから身を守るために、帰宅後には手洗い・うがいだけでなく、スマホも除菌したいところ。一見きれいに思えるスマホにも、多くの菌が付着している。

電車のつり革や、お金、階段の手すり、エレベーターのボタンなど、外出先で多くの菌が付着した場所に触れ、その手でスマホを操作すれば、当然スマホにも菌が付く。例え帰宅後に手を洗っても、スマホが汚いままでは菌がまた手に付着してしまう。

米国のアリゾナ大学の研究によると、スマホには便座の約10倍のバクテリアが付着しているそうだ。

スマホや貴金属の除菌は注意が必要!

中には、スマホやアクセサリーといった身の回りのモノを、アルコール消毒液、除菌ジェル、除菌シートなどで拭いている人もいるだろう。

しかし、スマホやアクセサリーの除菌には注意が必要だ。アクセサリーの素材によっては、手入れにアルコールを使うと傷めたり変色する恐れがある。また、精密機械であるスマホの手入れも一歩間違えると故障の原因になりかねない。

最近ではAppleをはじめ、スマホの手入れ方法を紹介しているメーカーもある。だが、ケーブル類を外しジャック部に湿気が入らないよう注意して……と、手順やアルコールの濃度などに気を付けながら毎日手入れするのはなかなか面倒だ。

そこで今、消毒液を使わずに除菌ができるアイテムが注目を集めている。

スマホを入れてスイッチを押すだけ! UVライトで手軽に除菌できる「Phosh」

「Phosh(フォッシュ)」は、アデッソが2020年9月より販売しているスマホ除菌器。UV-Cライト(紫外線)を照射する仕組みのため、スマホやアクセサリーを傷めることなく安全に除菌できる。

電源はACアダプター。内部にある計3か所のUVバルブからUV-Cライトを照射する。

収納サイズは93(横)×167(縦)×16(深さ)mmで、大きめのスマホにも対応している。ケースをつけた端末でも十分に収まった。

UVライトは全体に行き渡るようになっているが、表面を除菌したあとにスマホを裏返して再び除菌すると、より効果が高まる。

スマホの充電も可能! 「Phosh」の使い方と便利な機能

除菌方法は以下の3ステップ。とても簡単だ。

[1]本体のフタを開け、スマホを入れる。
[2]UVボタンを押す。
[3]フタを閉めて30分待つ。

[2]でUVボタンを2回押すと、除菌完了時にアラームが鳴るよう設定できる。アラームを鳴らしたくない場合は、UVボタンを1回だけ押せばOKだ。また、太陽の形をしたアイコンの数で除菌完了までの時間の目安がわかるなど、視認性も高い。アイコン3つで残り時間が30分以内、2つで20分以内、1つで10分以内となっている。なお、画面の明るさも調整可能。

また、除菌以外に「充電」「時計」「アラーム(スヌーズ機能つき)」といった機能を備えているのも、「Phosh」の優れた点だ。写真の「PS-01」は5W出力のワイヤレス充電(QI)にも対応していて、スマホを除菌しながら充電もおこなえる。寝室に置いて使うと便利だろう。

ワイヤレス充電に対応していないスマホでも、本体のUSBポートで充電が可能。ただし、除菌中はUSBからの充電が一時的にストップし、除菌終了後に自動的に充電が再開する。

子供がいる家庭でも安心の安全設計

「Phosh」は重厚感のあるルックスだが、本体は614gと軽い(※クリムゾンカラーの「PS-02」は595g)。持ち運びやすいので、家族共用で使うのも良いだろう。

除菌中にカバーを開けるとUV照射は中断されるので、子供がいる家庭でも安心だ。なお、フタを開けている間はUV除菌のタイマーも止まり、カバーを閉めると再開する。

「Phosh」の気になる効果は? UVは波長ごとに殺菌作用が異なる

気になるのは除菌効果だが、アデッソの公式サイトでは「Phosh」の除菌能力について紹介している。「Phosh」が採用しているのは、紫外線(UV)の中でも一番波長が短く殺菌作用が高い「UV-C」タイプ。その殺菌力は太陽光の50倍以上だ。

▲画像提供:アデッソ

また、第三者機関である日本微生物クリニック株式会社による試験を実施。

▲画像提供:アデッソ

大腸菌や黄色ブドウ球菌の除菌効果を有することが実証されている。

スマホ以外の身の回りのアイテムも除菌できる

「Phosh」が除菌できるのは、スマホだけではない。スマートウォッチやイヤホン、ジュエリー、カギなど、菌が付着しやすい身の回りのアイテムも除菌可能だ。

アクセサリーやイヤホンなど、消毒液を使うのがためらわれるアイテムも、「Phosh」に入れてスイッチを押すだけでカンタンに除菌できる。

アデッソ「Phosh」の製品概要

「Phosh」はネイビーカラーの「PS-01」(左)と、クリムゾンカラーの「PS-02」(右)の2機種をラインナップ。本体サイズはいずれも215×84×133mm。

「PS-01」は1万2000円(税別)で、ワイヤレス充電に対応。「PS-02」はUSB充電のみで、1万円(税別)で販売している。

冬に向けて、体調管理にますます力を入れたいところ。スマホ除菌器を使って、スマホ除菌を毎日の習慣にしてほしい。

※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用、操作はあくまで自己責任にてお願いします。

取材・文/bommiy

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。