人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

なぜ?サラリーマンのお小遣いが昨年より増えた理由

2020.09.25

男性会社員のお小遣い額は前年比2,672円増加

同僚や上司の「お小遣い額」が気になるビジネスパーソンは多いだろう。とはいえ、無垢な小学生のように「ねーねー、お小遣いいくら貰っているの?」とは聞くことはできない。

そこで見てほしい調査結果がある。今回、新生銀行は、20代から50代の有職者の男女約2,700名を対象にした「2020年サラリーマンのお小遣い調査」を実施し、その結果を取りまとめた。

男性会社員のお小遣い額は2018年と同水準へ回復

男性会社員の月額平均お小遣い額は39,419円と前年比2,672円増加となり、過去5年で最も高水準であった2018年と同じ水準まで回復した。

年代別にみると、どの年代でも増加したものの、特に20代と50代で昨年より4,000円近くの大幅な増加となり、41,000円台を超えている。

男性会社員におけるお小遣いがアップした理由は、「給料が上がったから」と回答した割合が最も高く、「副業をはじめたから」、「投資などを始めたから」という回答も増えていた。

女性会社員のお小遣い額も昨年の33,269円から585円増加し、33,854円。女性会社員のお小遣い額は、前年比の変化が1,000円未満にとどまり、概ね横ばいの状態が続いている。年代別にみると、30代で3,513円増と大きく増加している点が特徴的だ。

昼食代は、男性会社員・女性会社員ともにやや増加

男性会社員の1日の平均昼食代は、前年の555円から30円増加の585円となった。2017年以降緩やかな減少傾向があったが、今回は増加に転じました。年代別では、20代で100円以上の大幅な増加が見られる。

女性会社員の1日の平均昼食代は前年の581円から583円へと2円増加したものの、2017年以降大きな変化は見られなかった。年代別では、40代で100円以上減少したが、その他の年代では増加傾向となっている。

男性・女性会社員ともに持参弁当の割合が最も高く、男性で3割半ば、女性で半数を超える結果となった。

男性・女性会社員ともに1ヵ月の飲み代は減少

男性会社員の1回の飲み代は5,232円、1回の飲み代と1ヵ月の平均飲み回数から算出した1ヵ月の飲み代は前年比1,555円と大幅に減り、11,620円となった。

女性会社員の1回の飲み代は4,196円、1ヵ月の飲み代は前年比1,028円減少の8,455円と減少傾向が続いている。

働き方改革の内容では「テレワーク」や「時差出勤」などの回答もあり、さらに改革が進んでいる傾向に

「職場で働き方改革があった」と回答する割合は、男性会社員、女性会社員ともに前年より10㌽程度増加して、それぞれ56%と50.7%となり、半数を超えた。

働き方改革の内容としては、「有休が取りやすくなった」「残業が減った」という回答が半数前後となり、さらに「テレワークで働くようになった」「時差勤務・時差出勤で働くようになった」という回答も増えるなど、働き方改革のさらなる進展が見える結果となった。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。