人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マイクロソフトのWeb会議ツール「Teams」を拡張して会議やウェビナーを効率化するヒント

2020.09.30

マイクロソフトのWeb会議ツール「Teams」を拡張するともっと会議を効率化することができる。@DIMEの記事からそのヒントを厳選して紹介しよう。

「Teams」の拡張術

テレワークの強力な助っ人登場!Microsoft Teams会議にPCを介さずワンタップで参加できるレノボの「ThinkSmart View」

レノボ・ジャパンは、Microsoft Teams環境に特化したパーソナルコラボレーションデバイス「ThinkSmart View」を発表した。 働き方改革の浸透により、遠隔地とのオンライン会議やグループチャットを活用したコラボレーションに対するニーズは増加の一途をたどっている。

【参考】https://dime.jp/genre/877541/

Microsoft Teams版とUC版をラインナップ!フルデュプレックスオーディオに対応したJabraの少人数オンライン会議用スピーカーフォン「Speak 750」

GNオーディオジャパンは、コンシューマー向けヘッドセットブランド「Jabra」から、フルデュプレックスオーディオ対応の少人数オンライン会議向けスピーカーフォン「Jabra Speak 750」を発売した。 Microsoft Teamsの認定を受けたMicrosoft Teams版と、主要UCプラットフォームと互換性があるUC版を用意し、価格はいずれも44,000円(税別)。

【参考】https://dime.jp/genre/892537/

ソフトバンクがOffice 365用アプリ「Microsoft Teams」向けの音声通話サービス「UniTalk」を開始

日本マイクロソフトとソフトバンクは、次世代コミュニケーション環境の構築に向けた戦略的パートナーシップを結び、「Office 365」におけるコラボレーションツール「Microsoft Teams(マイクロソフト チームズ)」向けの音声通話サービス「UniTalk(ユニトーク)」の提供を、2019 年 8 月 1 日から開始する。

【参考】https://dime.jp/genre/728398/

オンライン会議中にモバイルモニターをサブディスプレイにしてPowerPoint、Excelの作業をする方法

外出先で「リモートワーク」するのが必須となっている昨今でございます。「リモートワーク」とは、勤労形態の一種で、情報通信技術(Information and Communication Technology)を活用して時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働く形態である、テレワーク(telework)、テレコミューティング(英: telecommuting)、モバイルワーク、リモートワーク、フレキシブルワークプレイスの事を指しますので、教養として、今から覚えておきましょう。

【参考】https://dime.jp/genre/969940/

会議室に欲しい!マイクロソフト「Windows collaboration display」認証を取得したシャープの70V型4Kタッチディスプレイ「PN-CD701」

これ、会社に1台あると便利かも。シャープからマイクロソフト社が定めるビジネス用途向けInteractive Whiteboard(電子黒板)の規格『Windows collaboration display』の認証を、業界で初めて取得した70V型4Kタッチディスプレイ<PN-CD701>が5月に発売される。

【参考】https://dime.jp/genre/906539/

うるさい、見えない、しゃべれない!Web会議でよくあるトラブルの対処法

今年の7月23日から27日はテレワークデイズでしたが、皆さんは職場外で仕事してみましたか? 企業人でもフリーランスでも起業家でも、いつでもどこでも関係者とコラボレーションができないといけません。 東京オリンピックでの通勤ラッシュ緩和や生産性向上などの目的だけではなく、自然災害時の対策や場所に捉われずに成果を残す働き方を実践するためにもWeb会議を準備しておくべきです。私もクライアントが使っているツールに合わせて「Zoom」や「Skype for Business」、「Microsoft Teams」、「Cisco WebEx」、「ブイキューブ」などを使ってリアルタイムのコミュニケーションを行っています。

【参考】https://dime.jp/genre/594815/

 そして、DIME最新号では「オンラインビジネス超入門」を大特集。そのほか、「今が買い時!軽自動車No.1選手権」、「Z世代の新・経済学」、「本当に使える電動工具54」、「勝ち残るスタートアップの条件」など、今、知りたい情報がてんこ盛り。さらに、付録は、家具の組み立て、自転車やクルマのメンテに使える本格的な携帯工具「マルチレンチ&ツール14」! 使いたい時にサッと取り出して、すぐに使える、工具のお手本のような折りたたみ式の便利ツールだオープン、ソケット、棒などの各種レンチに加え、プラスとマイナスのドライバーを合わせた計14種類の機能を搭載。精度も高く、サイズに適合するネジ穴にピタッとはまり、締めたり緩めたりすることがラクにできるDIYアイテム。この「マルチレンチ&ツール」を活用して、おうち時間をエンジョイしてください!DIME11月号、ぜひお買い求めください。

<ご購入はコチラ>
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B08H6S19MR/
楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/16440149/
7net https://7net.omni7.jp/detail/1221500760
※電子版には付録は同梱されません。

家具、家電、ラジコン、楽器などの組み立て、各種設備の保守点検、自転車やバイクなどの組み立てやパーツの調整、セッティングなどなど、DIYから仕事まで様々な用途で使えるスグレモノ。強度も十分の超本格派マルチツール。

家具の組み立て、修理、金具の調整に。

持ちやすくて使い方も簡単。14の機能が付いている。コンパクトに折り畳んで携帯することもできるので、自宅、会社のデスク、バッグ、自転車のサドルバッグ、バイクの収納ポケットに常備しておくといざという時に役立つ、とても便利なアイテムだ。

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。