人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

残暑疲れの体のケアやマスクによる肌荒れにアーモンドがおすすめの理由

2020.09.22

自宅で過ごす時間が増えると、間食に手がのびがちだ。そんなとき、アーモンドを選ぶということも一つの案。なぜならアーモンドが残暑ケアや熱中症対策になりうるらしいからだ。医師監修のもとに紹介する。

アーモンドに豊富に含まれる栄養素

アーモンドは「天然のサプリメント」と呼ばれるほど、さまざまな悩みを解決してくれる栄養素が豊富に含まれているという。

【監修】

井上正康 先生
癌や生活習慣病などを生命史的視野で研究している国際的研究者。 大阪市立大学医学部名誉教授で、現職は健康科学研究所・現代適塾 塾長、キリン堂ホールディン グス取締役、腸内フローラ移植臨床研究会・FMTクリニック院長。メディア出演の他、YOUTUBEを使っ たオンラインセミナーも開催している。
https://www.youtube.com/watch?v=wUGQXzZCcYE&feature=youtu.be

●ビタミンE

アーモンドには、活性酸素の生成を抑え、酸化 (老化)を防ぐビタミンEが豊富だ。ビタミンEは「若返りのビタミン」とも呼ばれる。生活習慣病の予防のほか、アンチエイジング・肌トラブル・肌のバリア機能にも効果が期待できるという。マスク肌荒れに悩まされている人は注目といえる。

●オレイン酸

アーモンドには、血管や血液を守る「オレイン酸」が豊富。オレイン酸にはコレステロール値の安定、血圧を下げて血栓や動脈硬化を防ぐ効果などが期待できるそうだ。巣ごもり生活で何かと健康に不安を感じる場合に注目だ。

●食物繊維

アーモンドには、整腸作用があり、便秘対策 に役立つ「食物繊維」が豊富だという。 食物繊維が豊富な食品として知られるレタ スと比べると、アーモンドには約9倍の食物繊維が含まれている。巣ごもり便秘に悩まされているなら、利用してみたい。

●ミネラル

アーモンドにはミネラルが豊富に含まれている。特にナトリウムを排出する作用がある 「カリウム」の含有量が多い。 このカリウムが不足すると細胞内で脱水症状が起 こり、熱中症の回復に悪影響を与えてしまうという。熱中症予防にも注目といえる。

アーモンドをおやつで取り入れるには?

アーモンドは在宅勤務や巣ごもり生活にぴったりの栄養素と言えそうだ。井上先生によれば、効果的な摂り方があるという。

●アーモンドミルク

牛乳、豆乳に次ぐ、“第3のミルク”として注目を集めている「アーモンドミルク」は近年トレンドのドリンクとして注目を集めている。実はこのアーモンドミルク、粒で食べるのと比べて栄養素の吸収率が2倍以上高くなるという。

また、今年のような厳しい残暑では、大量に汗をかき、体内の水分 やミネラルが失われる。そこに水分補給だけを行うと、血液中の塩分・ミネラル濃度が低くなり、様々な熱中症の症状が出現するそうだ。そんなとき、アーモンドミルクは水分と一緒にミネラルやビタミンを補うことができるので、 熱中症対策に有効だという。

アーモンドミルクは最近、身近なところで手に入るようになったため、手軽に利用できそうだ。

●無塩の素焼きアーモンド

粒で取り入れるなら、無塩タイプの素焼きアーモンドを選ぶと、塩分のとりすぎを防止できる。ただし、井上先生いわく、汗をかきやすいこの時期はイオンバランス維持のためにも、塩味のあるアーモンドで塩分摂取するのもおすすめだという。とはいえ、アーモンドには脂質が多く含まれるため、食べ過ぎは禁物だ。

アーモンドは残暑の時期の巣ごもり生活やマスク生活に意外にもマッチする食品であるようだ。うまく取り入れてみよう。

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。