人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ライブにこだわる必要はない!?ウェビナーで急なトラブルを回避する3つのポイント

2020.10.27

1回の配信に対して固執しすぎないように!

 ウェビナーでは、PCの急な故障や通信障害といったトラブルの生じることが想定される。万が一、復旧の目処がすぐに立たなそうな場合はどうしたらいいのだろうか。

「中途半端な状態で続けるよりも、思い切って別日に設定したほうが、参加者にとってもいいかもしれません。ウェビナーは無料で開催されることが多く、リアルのセミナーに比べて気軽に参加できるのが強み。主催者としては1回の配信に重きを置きすぎないことが大切です。ちなみに私が主催するウェビナーの多くは、プログラムを事前に録画して当日はライブのように配信。ウェビナー中は送られてくる質問の回答だけをしています。これによって講義部分をしっかりと作り込めるうえに、当日のトラブルがかなり減ります。届けたい情報が的確に伝われば、ライブにこだわる必要はないでしょう」

 また、Q&Aでは参加者数からの質問数を想定し、それよりも多くなる場合はすべてには答えず、後日メールで回答するほうが質問者にとってもいいと山下さんは話す。

「今までウェビナーを実施してきた結果、参加者から寄せられる質問の平均数は多くて[参加者数×0.2]ぐらいです。なお、質問中には参加者同士の名前が見えないよう、配慮するのも必要です。具体的な対策としては、メインモニターのほかにサブモニターを用意します。参加者一覧は手元のメインモニターで確認し、サブモニターにスライドを映して配信します。こうすることで、参加者の匿名性が担保できるので、ぜひ参考にしてほしいですね」

山下宗稔さん

アドビ ソリューションコンサルタント
山下宗稔さん
2018年から現職。MA(マーケティングオートメーション)ツール「マルケト」の担当者として、セミナーの登壇や提案などに奔走している。

当日のトラブルを減らすコツ

取材・文/編集部、高橋まりな

DIME11月号の特集は「オンラインビジネス超入門」

DIME11月号の大特集は、「オンラインビジネス超入門」、「今が買い時!軽自動車No.1選手権」、「Z世代の新・経済学」、「本当に使える電動工具54」、「勝ち残るスタートアップの条件」など、今、知りたい情報がてんこ盛り。DIME11月号、ぜひお買い求めください。

【参考】https://dime.jp/genre/988017/

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。