人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

20代〜40代の女性に聞いた外出自粛期間中に変化のあったものTOP3、3位睡眠時間、2位1日に食べるおやつの量、1位は?

2020.09.20

「甘いもの我慢」がストレスと心の疲れの原因になる?

新型コロナウィルスの影響で、運動不足からの体重増加…チョコレートやケーキ、アイスクリームといった甘いものを我慢している人は多いだろう。

そこで明治は、全国の20~40代の女性1,236人は、甘いもの我慢の実態を調査した。調査の結果、80%以上が体型変化などを理由に「甘いもの我慢」の経験があり、ストレスや心の疲れに繋がるという実態が浮き彫りに。

一方で、できることなら我慢せず食べたいという解放欲求を持っている方が85%以上という結果になった。

女性の8割以上が「甘いもの我慢」を経験!2人に1人が「ダイエット中に甘いものを食べている人は本気ではない」と回答

「甘いものを食べることを我慢した時期がありますか」という質問に、81.1%の人々が1度以上我慢したことがあると回答。多くの女性が「甘いもの我慢」の経験者であることが判明した【グラフ1】。

また、甘いものを我慢する理由について聞いたところ、一番多かったのが「太る気がするから」53.0%、次に「ダイエットしたいから」52.5%、「体型維持をしたいから」41.0%と、体重や体型を気にして我慢をしている実態が明らかになった【グラフ2】。

【グラフ3】ダイエットに取り組む際、食事についてどのような考えをお持ちですか?n=1,236 

自らに限らず、ダイエットに取り組む際の食事についての考えを聞いたところ、「甘いものは避けたほうが良い」と回答した人が85.0%と最も多い結果に。

「甘いものを食べている人は本気ではないと思う」と回答した人は48.9%。多くの女性が内向きの理由(体重や体型を気にする)に加え、外的な理由(ダイエットするなら甘いものを控えるべきという周りの目)から、甘いものを我慢していることが分かる【グラフ3】。

「甘いもの我慢」がストレスと心の疲れの原因に!約8割が「ストレスを感じる」と回答

【グラフ4】甘いものを我慢することに、ストレスや精神的疲労を感じますか?n=1,084

女性の多くが経験したことのある「甘いもの我慢」ですが、78.4%が「ストレスを感じる」と回答。さらに、58.8%が「精神的疲労を感じる」という結果になった【グラフ4】。「甘いもの我慢」は、ストレスや精神的な疲労に繋がっているという実態が浮き彫りになった。

また、甘いものを我慢していたのに、食べてしまったことが1度以上あると回答した人は91.5%【グラフ5】。その際に罪悪感を感じた人は78.5%という結果に【グラフ6】。

「甘いもの我慢」はストレスや疲労感に繋がるだけでなく、我慢していたのについ食べてしまうことで罪悪感も生んでいることが分かった。

【グラフ7】頑張った自分へのご褒美として甘いものを食べた後、どのような気持ちになりましたか?n=1,141

続いて、「頑張った自分へのご褒美として、甘いものを食べた経験はあるか」という質問に、92.3%があると回答。その際、「甘いものを食べてしまった罪悪感」と「自分自身への嫌悪感」を感じた人はそれぞれ40%以上という結果になり、ご褒美で甘いものを食べているにも関わらず罪悪感や自らへの嫌悪感が残り、満足感を得られない人が多いということが明らかになった【グラフ7】。

周りの目を気にせず甘いものを食べた時「幸せ」を感じる人は8割以上

【グラフ8】甘いものを我慢せずに食べたいですか?また、周りの目を気にせずに食べた時に幸せを感じますか?n=1,236

「甘いもの我慢」をする人が多い一方で、85.4%が「甘いものを我慢せずに食べたい」と回答。さらに「周りの目を気にせずに甘いものを食べた時に幸せを感じる」と回答した人は83.7%という結果になった【グラフ8】。

このことから、多くの女性が周りの目を気にすることなく、甘いものを我慢せずに食べたいという“解放欲求”を持っていることが分かる。

新型コロナの影響によりおやつ量急増!「テレビ・動画の視聴時間」に次ぐ増加に

また、全ての人(n=1,236)を対象に「新型コロナウィルスの影響による外出自粛中、どのような変化があったか」という質問をしたところ、一番増えたと回答したのは「テレビ・動画を見る時間」で64.2%。次に「1日に食べるおやつの量」が46.0%という結果となり、「睡眠時間(36.2%)」や「食事の量(35.1%)」を上回る結果となった。

自粛生活中、様々な我慢を強いられることでストレスが生まれ、おやつなどの甘いものを我慢できずに食べてしまう人が多くなったと予想される。

新型コロナによる外出自粛中も「甘いもの我慢」している人は6割以上。そんな「甘いもの我慢」の救世主!糖として吸収されない“フラクトオリゴ糖”

さらに 「新型コロナウィルスの影響による外出自粛中、甘いものを食べることをどの程度我慢していますか」という質問を行ったところ、63.8%が「我慢をしている」と回答。

外出自粛中、おやつ量が増加しているにも関わらず、甘いものを我慢している人は変わらず多いという実態が明らかになった(n=1,236)。

そんな中、注目を集めるのが、砂糖に近い甘さなのにカロリーは半分の糖質 “フラクトオリゴ糖”。フラクトオリゴ糖は糖として吸収されない成分で、血糖値をほとんど上げない。

そのためカロリーや糖質が気になる方も我慢せず楽しめる。またアレルギーもないため、誰でも安心にお使いいただけるオリゴ糖としても知られている。

調査概要

調査方法  :インターネット調査
調査の対象 :全国に住む20歳~49歳の女性を対象に実施
有効回答数  :1,236人
調査実施日  :2020年05月22日(金)~2020年05月23日(土)
調査委託先  :マクロミル

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年6月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホシアタースタンド」! 特集は「理想のワーケーション」、「eスポーツギア」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。