人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

泊まってみたい!町家の並ぶ路地一体を旅館にリノベーションした「Nazuna 京都 椿通」

2020.09.19

全23棟の客室と2つのレストランで構成される旅館『Nazuna 京都 椿通』。

奥行のある京都らしい造りが印象的なレセプション棟を抜ければ、そこには外の世界から隔離された、花街の世界を彷彿とさせる街並みが広がる。

一棟貸切型のコンセプトルーム『Nazuna 京都 椿通』

四条大宮付近の一角にある『Nazuna 京都 椿通』は、築110年以上の京町家が並ぶ1,400平米のL字型路地一体を宿およびレストランに改修した、かつてないスケールの町家再生プロジェクトだ。

23の客室は、京都の自然美をテーマとした「TAKE」「MIZU」「IWA」「HANA」「HA」の5つのカテゴリーから選べる。

また、各々の客室は独立した町家のため一棟貸切型での滞在となる。レセプション棟と客室の間の路地は開放的な屋外で、敷地内では他のお客様との接触を最小限に留めて移動できる。

「TAKE」「MIZU」(計9室)・・・竹と水をテーマにしたラグジュアリータイプの客室。1階の半露天風呂のある空間を臨むリビングと2階のベッドルームで構成される。

「IWA」「HANA」「HA」(計14室)・・・岩、花、葉をテーマにしたデラックスタイプの客室。1階の半露天風呂に面したベッドルームと2階の布団を敷くこともできる畳のスペースで構成されている。


ラグジュアリータイプの客室「TAKE」


デラックスタイプの客室「HANA」

重森千靑氏設計のモダンな石庭がお迎えするレセプション棟

椿通を訪れるお客様が最初に目にするスペースであるレセプション棟1階では、作庭家の重森千靑氏が設計した伝統とモダンが融合した石庭がお迎え。重森氏は東福寺方丈庭園などを手掛けた日本を代表する作庭家の重森三玲氏を祖父にもち、自身も東福寺塔頭 一華院や松尾大社など国内外で数々の作品を手掛けている。

レセプション棟2階には快適なラウンジスペースを設けている。こちらではチェックイン後のおもてなしとして、京都府和束町で宇治茶の生産・加工・販売を手掛ける「d:matcha」のお茶とお菓子を提供。

畑や栽培方法による味の違いを楽しめる宇治茶の飲み比べなど、宇治茶をより深く知ることのできる体験も用意している。また、ラウンジはお客様にフリードリンクやアルコールと共にくつろぎスペースとして、滞在中は深夜時間を除き自由に使うことができる。

作庭家 重森千靑氏の作品

宇治茶やアルコール類などが楽しめる2階レセプションラウンジ

2つのレストランで特色ある食体験を

「椿通」内のどこかに存在する秘密のドアの向こうにあるのは、「ミシュランガイド京都・大阪 2020」で三ツ星を獲得した割烹「祇園さゝ木」の主人である佐々木浩氏と、MBSグループのTOROMI PRODUCEがプロデュースする6席限定の秘密のシェフズテーブル「q」。

佐々木氏をはじめ国内の一流シェフが入れ替わりで腕を振るう。家族や友人グループ等での貸切利用も可能。料理人の美しい所作を目前に、「q」でしか体験できないスペシャルコースを楽しんでみよう。

「q」への扉

「q」内装

また、「和牛料亭 bungo」では厳選した国産和牛を最高の状態で楽しみめるように趣向を凝らしたコース料理を提供。横並びのカウンター席に加え、2~8名で利用できる大小さまざまな半個室・個室を7室を用意しており、プライベート感の高い空間で最高品質の和牛を楽しめる。

「和牛料亭bungo」内装

「和牛料亭bungo」内装

「和牛料亭bungo」

「Nazuna 京都 椿通」概要

アクセス:阪急電鉄 京都本線「大宮駅」・京福電気鉄道 嵐山本線「四条大宮駅」から徒歩約5分所在地:京都市下京区高辻通大宮西入坊門町838
客室数:23室
ラグジュアリータイプ9室(すべて~2名利用)
デラックスタイプ14室(すべて~3名利用)
レストラン数:2

ウェブサイト:https://www.nazuna.co/property/nazuna-kyoto-tsubaki-st/

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。