人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

A14 Bionicチップを搭載しCPUのパフォーマンスが大幅にアップした史上最もパワフルな新型「iPad Air」はお買い得?

2020.09.17

Appleは、新しいiPad Airを発表した。

「完全に再設計され、これまでより遥かにパワフルなiPad Airを発表することを大変嬉しく思っています。Appleがこれまでに作った最もパワフルなチップであるA14 Bionicを初めて登場させます。その美しくて新しいオールスクリーンのデザイン、より大きな10.9インチのLiquid Retinaディスプレイ、次世代のTouch ID、そしてA14 Bionicによる大幅なパフォーマンスの向上により、新しいiPad Airはパワフルなプロの機能をこれまで以上にお求めやすい価格でお客様に提供します。今年発表したiPad Proと第8世代のiPadの大きなアップグレード、そしてiPadOS 14のパワフルな新機能と共に、iPadのラインナップはこれまでで最も強力なものとなり、お客様に毎日の生活をより豊かにするさらに多くの方法を提供します」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、グレッグ·ジョズウィアック氏は述べている。

5つの美しい仕上げが用意されたまったく新しいiPad Airのデザイン

新しいiPad Airの特長であるまったく新しい薄くて軽いデザインには、シルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの5つの美しい仕上げが用意されている。

新しいオールスクリーンのデザインは、圧倒的に美しい視覚体験を提供するより大きな10.9インチのLiquid Retinaディスプレイを特長としている。

380万画素、フルラミネーション、P3の広色域のサポート、True Tone、そして反射防止コーティングなどの先進のテクノロジーにより、驚くような視覚体験を実現。

ディスプレイをすべての方向に広げるために次世代のTouch IDセンサーがトップボタンに内蔵されており、これまでと同様に早く、簡単で、安全にiPad Airのロック解除をしたり、アプリケーションにログインしたり、Apple Payを使ったりすることが可能。

iPad Airはフローティングデザインと内蔵トラックパッドを特長とするMagic Keyboard、Smart Keyboard Folio、そして新しいSmart Folio、さらにサイドにマグネットで取り付けられ、簡単にペアリング、充電、そして収納できるApple Pencilにも対応している。

A14 Bionicを搭載した最もパワフルなiPad Air

iPad AirはAppleの最も先進的なチップであるA14 Bionicにより大幅にパフォーマンスを向上。

最も高い処理能力を要求するアプリケーションでも楽に作業をこなすことができるA14 Bionicの採用により、4Kビデオの編集、美しいアート作品の製作、没入感あふれるゲームをプレイすることなどをこれまで以上に簡単に行うことができる。

画期的な5ナノメートルプロセステクノロジーを採用したA14 Bionicは118億個のトランジスタを詰め込み、チップのほぼすべての領域でパフォーマンスと電力効率を向上させている。

最新世代のAシリーズのチップは新しい6コアのデザインを特長とし、CPUパフォーマンスを40%高速化させた一方、新しい4コアのグラフィックスアーキテクチャがグラフィックス性能を30%向上。

これまでにない機械学習能力を実現するため、A14 Bionicはこれまでより2倍速い新しい16コアのNeural Engineを搭載し、毎秒11兆回の演算を可能にし、機械学習を使うアプリケーションをまったく新しいレベルに引き上げる。

A14 Bionicはまた、CPUに第2世代の機械学習アクセラレータを搭載し機械学習の演算も10倍速く行えるようになった。

この新しいNeural Engine、CPUの機械学習アクセラレータ、そして高性能GPUの組み合わせにより、画像認識、自然言語学習、動きの分析などの強力なオンデバイスでの体験が可能になる。

アップグレードされたカメラと臨場感あふれるオーディオ

新しいiPad Airは、前面には7MP FaceTime HDカメラを備え、背面には新たにiPad Proに採用されているのと同じ12MPカメラを搭載して、さらに高解像度の写真や4Kビデオの撮影に対応。

iPad Airの新しいデザインでは、横向きでのステレオスピーカーがオーディオ体験を高め、ビデオの視聴時にはワイドなステレオサウンドが楽しめる。

新たにUSB-Cポートを備えたことで、iPad Airの最大データ転送能力は従来の10倍の速さとなる最大5Gbpsに達し、カメラやハードディスク、最大4Kの外部ディスプレイなどの接続に対応。

また、Wi-Fi 6のパフォーマンスと従来より60パーセント高速なLTE接続がA14 Bionicに加わり、これまでで最もパワフルなiPad Airになった。

iPadOS 14により実現したiPadならではの体験

9月16日(水)より提供が開始されるiPadOS 14には、iPad独自の機能と大画面のMulti-Touchディスプレイ、そして万能なアクセサリを活用する新機能とデザインが搭載されている。

iPadOS 14では、Apple Pencilをこれまで以上にiPadの体験に組み込むことにより、メモの機能が向上し、新しい方法で手書きのメモを使った作業ができる。

iPadでメモを取る時に、スマートセレクションではデバイス上の機械学習により、手書きの文字と図形を識別するので、これまでと同じ使い慣れたジェスチャーで、手書きの文字を簡単に選んで別の文書にテキストとしてカット&ペーストできる。

図形認識により、幾何学的に正確な図形の描画を可能にし、メモに図表やイラストを追加する際に、正しい位置に配置。

データ検出は手書きの文字の電話番号、日付、住所、リンクを認識するので、ユーザーは手書きの数字をタップするだけで、簡単に電話をかけられる。

iPadOS 14はiPadでスクリブルを可能にし、Apple Pencilで直接あらゆるテキストフィールドに手書き入力ができるようになる。

iMessageにすばやく返信したり、Safariですばやく簡単に検索するなど、Apple Pencilを手放さずにこなせるようになる。スクリブルは、デバイス上の機械学習によって、手書きの文字をテキストにリアルタイムで変換するので、書いた内容のプライバシーは常に安全だ。

iPadOS 14は、ほかにも以下のようなさまざまな方法でiPadならではの体験をさらに引き出し、パワフルにしている。

・まったく新しいコンパクトなデザインをFaceTimeおよび電話の着信、Siriの動作、検索に採用し、行っている作業にユーザーが集中できるようにした。
・ユニバーサル検索で、アプリケーションの検索と起動、連絡先、ファイル、情報にアクセスしたり、人々や場所に関する一般的な質問への回答を得ることができる。
・写真やファイルなど多くのアプリケーションに導入された新しいサイドバーと各種コントロールを一か所にまとめたツールバーにより、使い勝手がさらに向上。
・美しく再設計されたウィジェットにより、ホーム画面でタイムリーな情報が得られる。

これまでで最も環境に配慮した、最も先進的なiPadのラインナップ

新しいiPad Airは環境に配慮した設計で、2030年までにカーボンニュートラルにするというAppleの計画をサポート。

iPad Airは、筐体に100パーセント再生アルミニウム、メインロジックボードのはんだ付けに100パーセント再生スズを使用している。

iPad Airの新しいスピーカーの磁石には100%再生希土類元素が使われている。これまで同様、iPad Airは有害物質を含まず、エネルギー効率が高く、リサイクルもしくは責任ある方法で管理された森林から調達した木材繊維のパッケージを使用している。

新しいiPad Airが、パワフルなiPad Pro、第8世代のiPad、iPad miniに加わり、これまでで最も先進的なiPadのラインナップとなっている。

価格と販売については、新しいiPad Airは来月より、日本を含む世界30の国を超える国と地域の apple.com/jp および Apple Store アプリケーションを通じて注文受付を開始。

iPad Air Wi-Fi モデルの価格は62,800円(税別)から、Wi-Fi + Cellularモデルは77,800円(税別)からで、出荷開始は来月を予定。

新しいiPad Airはシルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーの仕上げと、64GBおよび256GBの構成が用意されている。

iPadのために設計されたパワフルなオペレーティングシステムであるiPadOS 14は、新しい第8世代のiPadと新しいiPad Airに無料で出荷時から搭載。iPad Proの全モデル、iPad Air 2以降、iPad(第5世代以降)、iPad mini 4以降には、9月16日(水)にソフトウェアアップデートで無料で提供される。

関連情報:https://www.apple.com/jp/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。