人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Wi-Fiモデルは3万4800円から!A12 Bionicチップ採用でCPUのパフォーマンスが40%アップした第8世代iPadの買い得度

2020.09.17

Appleは、第8世代のiPadを発表した。

「第8世代のiPadが、さらに高速でパワフルな体験をお客様にお届けできることを大変うれしく思っています。美しい10.2インチRetinaディスプレイ、A12 Bionicにより大幅に向上したパフォーマンス、先進的なカメラなど素晴らしい機能を備えた新しいiPadは、これまで以上に人々の働き方、遊び方、学び方、大切な人とのつながり方において多様性が必要とされる中で、とてつもなく重要な存在です」と、Appleのワールドワイドマーケティング担当シニアバイスプレジデント、グレッグ·ジョズウィアック氏はコメントしている。

Neural Engineを搭載したA12 Bionicが、これまでで最もパワフルなエントリーレベルのiPad体験を実現

A12 Bionicチップを採用した第8世代のiPadではパフォーマンスが大幅に向上し、CPUパフォーマンスが40%高速化したほか、グラフィックス性能も2倍になっている。

これにより、新しいiPadは最も売れているWindows PCより最大2倍、最も売れているAndroidタブレットより最大3倍、最も売れているChromebookより最大6倍も高速。

また、A12 Bionicを採用したことで、iPadでは初めてNeural Engineが搭載され、拡張現実(AR)アプリケーションでのピープルオクルージョンやモーショントラッキング、写真編集機能の強化、Siriのパフォーマンスなど、次のレベルの機械学習を可能にする。

A12 BionicとiPadOSのパワー、さらにApple Pencil(第1世代)3の組み合わせにより、新しいiPadは、スケッチ、メモ、文書への注釈の追加などに最適。

持ち運びやすさと耐久性を兼ね備えた薄くて軽いデザインのiPadは、ギガビット級LTE接続4に対応し、一日中使えるバッテリーにより、自宅でも外出先でも自由に、働き、学び、つながることができる。

また、Touch IDにより指一本でiPadを簡単で安全にロック解除し、重要な情報を保護できる。

iPadOS 14により実現したiPadならではの体験

iPadOS 14は、最新の第8世代のiPadを含む対応するすべてのiPadモデルで、9月16日(水)から利用できる。

iPadOS 14には、iPad独自の機能と大画面のMulti-Touchディスプレイ、そして万能なアクセサリを活用する新機能とデザインが搭載されている。

iPadOS 14では、Apple Pencilをこれまで以上にiPadの体験に組み込むことにより、メモの機能が向上し、新しい方法で手書きのメモを使った作業が可能。

iPadでメモを取る時に、スマートセレクションではデバイス上の機械学習により、手書きの文字と図形を識別するので、これまでと同じ使い慣れたジェスチャーで、手書きの文字を簡単に選んで別の文書にテキストとしてカット&ペーストできる。

図形認識により、幾何学的に正確な図形の描画を可能にし、メモに図表やイラストを追加する際に、正しい位置に配置。

データ検出は手書きの文字の電話番号、日付、住所、リンクを認識するので、ユーザーは手書きの数字をタップするだけで、簡単に電話をかけることができる。

iPadOS 14はiPadでスクリブルを可能にし、Apple Pencilで直接あらゆるテキストフィールドに手書き入力ができるようになる。iMessageにすばやく返信したり、Safariですばやく簡単に検索するなど、Apple Pencilを手放さずにこなせるように。

スクリブルは、デバイス上の機械学習によって、手書きの文字をテキストにリアルタイムで変換するので、書いた内容のプライバシーは常に安全だ。

iPadOS 14は、ほかにも以下のようなさまざまな方法でiPadならではの体験をさらに引き出し、パワフルにしている。

・まったく新しいコンパクトなデザインをFaceTimeおよび電話の着信、Siriの動作、検索に採用し、行っている作業にユーザーが集中できるように。
・ユニバーサル検索で、アプリケーションの検索と起動、連絡先、ファイル、情報にアクセスしたり、人々や場所に関する一般的な質問への回答を得ることができる。
・写真やファイルなど多くのアプリケーションに導入された新しいサイドバーと各種コントロールを一か所にまとめたツールバーにより、使い勝手がさらに向上。
・美しく再設計されたウィジェットにより、ホーム画面でタイムリーな情報が得られる。

これまでで最も環境に配慮した、最も先進的なiPadのラインナップ

新しい第8世代のiPadは環境に配慮した設計で、2030年までにカーボンニュートラルにするというAppleの計画をサポートしている。

iPadは、筐体に100パーセント再生アルミニウム、メインロジックボードのはんだ付けに100パーセント再生スズを使用し、有害物質を含まず、エネルギー効率が高く、リサイクルもしくは責任ある方法で管理された森林から調達した木材繊維のパッケージを使用している。

新しい第8世代のiPad が、新しいiPad Air、パワフルなiPad Pro、iPad miniに加わり、これまでで最も先進的なiPadのラインナップとなっている。

価格と販売については、新しいiPad(第8世代)は、apple.com/jpおよび日本を含む世界25を超える国と地域のApple Storeアプリケーションで注文受付を開始。iPadは9月18日(金)より販売開始される。

価格はWi-Fiモデルが34,800円(税別)から、Wi-Fi + Cellularモデルが49,800円(税別)からで、シルバー、スペースグレイ、ゴールドの仕上げと、32GBと128GBの構成が用意されている。

iPadのために設計されたパワフルなオペレーティングシステムiPadOS 14は、新しい第8世代のiPadと新しいiPad Airに無料で出荷時から搭載されている。iPad Proの全モデル、iPad Air 2以降、iPad(第5世代以降)、iPad mini 4以降には、9月16日(水)にソフトウェアアップデートで無料で提供される。

関連情報:https://www.apple.com/jp/

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。