人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

新型「iPhone」は出なかったけど新型「iPad Air」に驚いた!低価格「Apple Watch SE」も登場したアップルのイベントを5分間で紹介

2020.09.16

日本時間の2020年9月16日の午前2時、アップルがオンラインイベントを開催し、新製品の紹介を行いました。

今回の注目は、「iPad」と「Apple Watch」の最新モデルです。早速、イベント内で発表された新製品について振り返っていきましょう。

iPadで注目なのは、何といっても「iPad Air」の激変!

2020年で発売から10年となった「iPad」シリーズ。

節目の年のラインアップとして、第4世代の「iPad Air」と第8世代の「iPad」が登場しました。

iPad Airは最新チップと指紋認証で「iPad Pro」を超えた!?

iPad Airは第4世代となり、ベゼルレス仕様のスッキリとしたボディを採用。そして、コロナ禍の今、マスク着用の機会が多い生活に便利な指紋認証センサー、「Touch ID」がトップボタンに搭載されました。

ディスプレイはLiquid Retinaの10.9インチ。解像度は2388×1668と高く、高画質での動画視聴や編集が可能となります。

今回の目玉ともいえるのがチップセットで、何と「A14 Bionic」と呼ぶ最新のタイプを搭載。これは、iPhone 11 Proなどに搭載される「A13 Bionic」チップセットよりも新しいもので、重いデータの処理もこなせる性能に期待ができます。

容量は64GBと256GBの2種類。充電はUSB Type-Cケーブルで行い、Apple Pencil(第2世代)やMagic Keyboardにも対応しています。

カラーバリエーションは、スペースグレイ、シルバー、ローズゴールドに加え、グリーンとスカイブルーという淡色カラーも登場。一気にカラフルとなりました。

従来と同様にWi-Fiモデルとセルラーモデルが用意され、64GBのWi-Fiモデルは6万2800円から購入可能で、10月の発売を予定しています。

iPad Proとどちらにするか、迷ってしまいそうな高性能&高コスパに驚かされます。

前モデル比で40%も高速化したiPad

第8世代となったiPadは、10.2インチのディスプレイを搭載し、外寸サイズは従来型と同一ですが、チップセットの世代が新しくなり、「A12 Bionic」プロセッサを採用しました。

これにより、前モデルとなる第7世代iPadと比較すると、CPUは40%も高速化しました。

ストレージは従来型と同様、32GBと128GBとなり、カラーバリエーションはスペースグレイ、シルバー、ゴールドの3色。価格は3万4800円(税別)からで、こちらは9月18日からの発売となります。


新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。