人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で企業のマーケティング活動に起きた影響TOP3、3位商品・サービスの提供遅延、2位プロモーションの停止、1位は?

2020.09.19

コロナウイルスの感染下におけるマーケティング活動の変化

新型コロナウイルスの感染拡大は世界経済に影響を与え、各社のマーケティング活動にもさまざまな変化が訪れた。

そこでアジャイルメディア・ネットワークは、新型コロナウイルス感染拡大における各企業のマーケティング活動への影響を調査した。

マーケティング活動は大きな影響を受けるも、新たな取り組みへの対応が進むほぼ全ての企業がマーケティング活動に「影響があった」と回答

その内訳として予算削減やリプランニング、プロモーション停止といったマイナス面がある一方で、顧客とのコミュニケーション手段の変化への対応やデジタルトランスフォーメーション推進など、前向きな問題意識も見られた。

外出自粛の影響でリアルの施策からネット・デジタルへの投資を強化

投資抑制の取り組みはイベント、マス広告、店頭販促など、リアル接点に関する施策であったのに対し、投資を拡大・関心の高い取り組みとしては、SNSの活用、eコマース、動画活用などwithコロナの状況を踏まえてネット・デジタル領域での新たなコミュニケーションへの投資を強化する結果となった。

コロナ禍におけるブランドの課題は「顧客目線での取り組みの実現」、「購買行動の変化への迅速な対応」

「企業目線でない、真のお客さま目線でのコミュニケーションが必要になっていく」「生活者/消費者のオフラインからオンライン化への加速と購買行動の変化への対応」など、消費者の変化に企業もスピード感を持って対応していくことの必要性が多く見られた。

今までの取り組みを見直す中で、既存顧客やロイヤルユーザーへの重要性が高まる

今後注力する取り組みや可能性を感じることとしては、「ロイヤルユーザーをしっかり持つ仕組み作り。アンバサダーの発想が必要」など既存顧客やファンの重要性を指摘する意見が多かった。

調査概要

実施日:2020年5月13日(水)~5月25日(月)
調査タイトル:『コロナウイルスの感染下におけるマーケティング活動調査』
対象者:企業のマーケティング責任者・担当者等
有効回答数:159件
実施方法:WEBアンケート 

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。