人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

対面での妊婦健診で新型コロナ感染リスクが上昇するわけではない、米ブリガム・アンド・ウイメンズ病院の報告

2020.09.27

対面での妊婦健診で新型コロナ感染リスクは上昇するのか

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックを受け、医療機関を直接受診することに不安を感じている妊婦も少なくないだろう。

そんな中、対面での受診回数が増えたからといって、新型コロナウイルスへの感染リスクが上昇するわけではないとする、妊婦を安心させる研究結果が、米ブリガム・アンド・ウイメンズ病院のSharon Reale氏らにより報告された。詳細は、「The Journal of the American Medical Association(JAMA)」8月14日オンライン版に掲載された。

この研究は、2020年4月19日〜6月27日の間に、米ボストンの4カ所の病院で出産した女性2,968人を対象にしたもの。この時期、ボストンではCOVID-19の症例が急増していたため、この間に入院した妊婦全てに対して、新型コロナウイルスの検査が行われていた。ただし、対象者のうち5人は検査を受けていなかったため、対象から除外された。

検査により、111人(3.7%)の妊婦で新型コロナウイルス陽性が判明した。これら111人のうち、出産前に陽性が判明したのは45人で、残りの66人は出産に当たり入院したときに行った検査で陽性と診断されていた。

この中から、マサチューセッツ州外に居住している人(2.2%)やマッチングに必要なデータが欠如している人(0.8%)を除外して、残った93人(陽性群)に372人をマッチさせて(対照群)、医療機関での対面受診回数と新型コロナウイルスへの感染率の関連を比較検討した。

その結果、対面受診の平均回数は、陽性群で3.1回であったのに対し、対照群では3.3回であったことが明らかになった。対面受診の回数と新型コロナウイルス感染との関連を分析した結果、対面受診が1回増えるごとの新型コロナウイルス感染のオッズ比は0.93(95%信頼区間0.80〜1.08)と算出され、両者の間に有意な関連は認められなかった。

こうした結果を受けてReale氏は、「新型コロナウイルスへの感染を恐れて必要な医療を回避する患者は、産科だけでなく一般診療においても認められ、大きな懸案事項となっている。しかし、今回の研究で、対面受診が感染リスクに影響を及ぼすという兆候は確認されなかった」と結論付けている。

そして、「われわれの研究は、対面受診の新型コロナウイルスに対する安全性を示すエビデンスとなるものだ。妊婦が直接、病院を受診しても、新型コロナウイルスへの感染リスクが高まるわけではないというこの知見は、妊婦を安心させることだろう」と付け加えている。

研究チームは、患者によっては、バーチャル診療も可能であるものの、多くの妊婦は、母体と胎児双方の健康を確認するために、複数回にわたって医療機関を訪れて測定や診察、検査を受ける必要があると指摘する。

その上で、Reale氏は、「さしあたっては、必要かつ大切なケアを、対面で、安全に行うことは可能であることを示唆する結果が得られ、安堵する人は多いことだろう。今後は、今回の研究結果が、産科以外の科にも当てはまるのかを確認する必要がある」と述べている。(HealthDay News 2020年8月21日)

Copyright © 2020 HealthDay. All rights reserved.

(参考情報)
Abstract/Full Text
https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2769678

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。