人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

マスクもカギもボールペンも!お気に入りのアイテムをぶら下げられる技ありネックストラップ4選

2020.09.17

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

 昔から見かけるのはやはり鍵だろうか。ネックストラップの話である。すぐに取り出せる便利さもあるが、何より首から下げておけばまず落としたり失くすことがない、という強みがあるのが首掛け式の強みだ。この強み、当たり前のことだが鍵だけに言えることではなく、他のモノたちにも当然生かすことができる。今回はお気に入りのモノを首掛け式にすることで、それらをより便利にするネックストラップたちを紹介しようと思う。

外したマスクの行き場にも困らない『マスク ネックストラップ』

 私がネックストラップに関心を持ったのは、実はマスクがきっかけであった。外出時に着けるマスク。腕時計のようにずっと着けているかというとそういうわけではなく、熱中症対策として屋外では外すことがあるし、飲食時にも当然外すことになる。その都度外したマスクをポケットに入れたり鞄に入れたりするのは面倒くさいだけでなく、落としたり失くしたりリスクもある。どうにかならないものか、と考えて購入したのがこちらの『マスク ネックストラップ』だ。使い方はいたってシンプルで、両端のクリップをマスクのゴム紐に取り付けて後はネックレスのようにぶら下がるだけ。外したマスクは首からぶさ下がるのでしまう必要もなく、着ける時もすぐに見つけることができる。数あるマスク向けのネックストラップの中で私がこの製品を気に入ったポイントが2つあって、1つ目は金属アレルギー対応の医療用ステンレスが使われている点。2つ目はクリップの先が簡単に開閉できる構造になっているため、マスクを洗濯する際にも容易に取り外しができるようになっている点。特に後者については、衛生的に保つ必要のあるマスクでは交換することは避けられないので、その動作の負担を少なくする構造は大事なポイントだと思う。

 価格は税込み1,299円で「au PAYマーケット」から購入することが可能だ。

身に着けるものだからこそカッコよさも求めたい『ウイルスブロックスティックケースペンホルダー』

 空中やモノに付着したウイルスや菌の除去のために使用する『クレベリン』。この製品にはクリップでポケットや襟に挿すスティックタイプのラインナップが存在するが、上手く引っ掛ける場所のない服もあるだろう。そんな時にお薦めなのが『クレベリン』を首から下げられるこちらのネックストラップ。「気が付いたら失くしていた」という話をネット上でも見かけたことがあったが、首から下げていればさすがにその心配もなさそうだ。こちらの製品、本体に牛側が使われているので、革そのものの見た目や手触りをすぐ楽しむことができるだけでなく、経年変化を楽しむことで、より自分で育てたモノとして愛着が沸いてくる製品だと思う。本体とストラップの色の組み合わせから、全部で13種類ものラインナップがあるので、自分に合う組み合わせを是非見つけてもらいたい。

 価格は税込み2,000円で「ASUMEDERU OKUDO TOKYO」のオンラインストアから購入することができる。

鞄の中での「どこに行った!?」がなくなる『さっと鍵が取りだせる、編みこみレザーのネックストラップ』

 外出先から家に帰ってきた時に取り出す鍵。普段からポケットに入れておいたりストラップとしてベルトに着けている人は問題ないかもしれないが、ポケットが膨らむのを好まない人や、女性の場合はポケットが付いていないデザインの服を着ることが多いかもしれない。そんな人は鞄の中に入れておいた(はずの)鍵を、玄関先で探すのに時間を取られている経験をしていないだろうか。そんな場合、ネックストラップに頼るのはやはり有効な手だ。こちらのネックストラップ、牛革の編み込まれたカッコいいデザインになっており、首から下げる以上見た目にもこだわりたい人にも満足のいくデザインになっているのではないかと思う。

 カラーラインナップはフレンチベージュ、ネイビーブルー、スノーホワイト、ブラックの4種類。価格は税抜5,490円で「OURHOME」で販売されている。なお、同サイトでは鍵以外の小物(ミニウォレットやスマートフォンケース)との組み合わせも提案されているので、自分なりのベストな組み合わせを探してみるのも面白いだろう。

頻繁に使うものだからこそ、すぐ取り出せる位置に『1本差しペンホルダー』

 デジタル化されたビジネスの現場にあっても、筆記具なしの生活というのは未だに考えられない。アイデアを出す際にはやはり紙とペンが必要、という人もいるだろうし、記名や署名などを行う機会も少なくない。自分のお気に入りのペンが決まっている人も多いと思うが、もし頻繁にペンを取り出す必要がある職場にいる人ならこのペンホルダーがお薦めだ。首掛け式のメリットとして繰り返し主張しているようにどこかに置き忘れがちになってしまうペンも、このペンホルダーがあれば置き忘れることもなく、デスクの書類の山に埋もれて見つけられなくなってしまうこともないだろう。素材には本革が使用されており、ビジネスの場面でも気後れすることなく身に着けることのできる製品だと思う。

 カラーラインナップはキャメル、チョコ、ブラック、グリーン、レッドの5種類。価格は税込み3,300円で「HERZ」の公式通販サイトから購入することができる。

text/Wataru KOUCHI

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。