人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

SIMフリースマホを4機種も発表!ソニーモバイルはかつての勢いを取り戻せるか?

2020.09.16

■連載/法林岳之・石川 温・石野純也・房野麻子のスマホ会議

スマートフォン業界の最前線で取材する4人による、業界の裏側までわかる「スマホトーク」。今回はソニーモバイルの最新スマホについて議論します。

※新型コロナウイルス対策を行っております

法律改正、コロナ禍の影響でスマホが売れない

房野氏:最近のスマホの販売状況について、どう思いますか?

房野氏

石川氏:ドコモとKDDIは端末が売れてないですね。ドコモは去年売れすぎで、その反動で落ちている部分もありますが、5Gに期待していたけれど失速したというか、大コケした。

石川氏

石野氏:販売台数が前年同期比で約129万台減った。マイナスが大きいですよね。金額にしたら凄まじい数。

石野氏

石川氏:一方で、端末が売れないと営業費用が減るから増益効果は出るという、いびつな構造がある。言いたいのは、すべてコロナ禍のせいにされているけど「そうじゃないだろう、総務省」ということ。先日、総務省とモバイルの検討会があって、総務省はコロナ禍で端末が売れなくなった、という体にしていたけれど、「いやいや、法律(電気通信事業法)改正のせいでしょ」というところも多分にある。

石野氏:キャリアもコロナ禍を言い訳にしている節がある。コロナ禍のせいというか、ドコモに関しては「ショップ閉めすぎ」問題もあると思う。まぁ、一応開いてはいましたが……。

石川氏:あと「Xperia売らなすぎ」(笑)

石野氏:巻き添えでLGの「V60 ThinQ 5G」も発売が遅れて、「端末売らなさすぎ」問題もある。「iPhone SE(第2世代)」ですら4月27日の発売が5月11日に延期された。そりゃ売れないよなという感じはしますね。日本全国に何千店もあるキャリアショップが、1か月半以上開店休業状態になったので。

「V60 ThinQ 5G」

「iPhone SE」

法林氏:予約のみの対応だった。

法林氏

石野氏:新規契約、機種変更ができない時期がありました。それではものが売れないよなという感じではあるので、ある意味、想定の範囲内といえばそう。それでもインパクトは大きかった。ただ、コロナの影響もありつつ、端末価格が高いせいもあるのかなと。特にドコモは5G端末が全部ハイエンドモデルで、人気の高い「Xperia 1 II」も発売を遅らせたので、影響は大きかったんじゃないかと思います。

「Xperia 1 II」

房野氏:端末が売れないことで、メーカー側の影響はどうなのでしょう?

石川氏:追加発注が見込めないことは大きい。

石野氏:最近はイニシャル(最初の発注)を少なくして、売れたら追加発注というやり方をしている。

法林氏:昔はどかんと仕入れた。「この月はこれくらい、この月はこれくらい」という感じで納品してもらっていたけれど、今は最初の数を絞る。

房野氏:メーカーは、初期ロットは少ないにしても、このへんに注文があるだろうと予想して生産の計画を立てるわけですね。今はそれも崩壊状態でしょうか。

法林氏:計画を立てられるところじゃないと、うまく生き残っていけない。これは僕の勝手な読みですが、シャープを見ていると、SIMフリーとキャリア向けモデルとMVNO向けと、似たようなモデルだけど出る時期を微妙にばらけさせている気がするんです。そういう対策かなって気がしている。

石野氏:メーカーはまず、キャリアへの納品が最初ですよね。

法林氏:その後、どうやって売って行くのかがポイント。基本的に国内メーカーおよび海外の主要メーカーは、3キャリア、2キャリアが最優先。

ソニーはキャリア優先の姿勢が強すぎる

石野氏:ただ、ソニーくらい離れてしまうと忖度感が出てくる。

石川氏:ソニーは忖度するよね。

法林氏:言うねぇ(笑)

房野氏:えーっと、ソニーモバイルはどこに忖度しているんですか?

石川氏:今回のXperia 1 IIのSIMフリー版発売予定だって、10月30日じゃないですか。出すなら、もっと早く出せよってことですよ。どう考えてもドコモとKDDIに気を遣いすぎている感じがする。また、「ラインアップを見直してわかりやすくします」と言っていて、確かに1から10まで、数字によるラインアップになったけれど、数が滅茶苦茶多いじゃないですか。

法林氏:(Xperia)「1」「1 Professional Edition」「1 II」「5」「8」「8 Lite」「10 II」「Ace」。

石野氏:1 Professional Editionはもう売っていないですけどね。

石川氏:さらに、これって微妙に販路が違う。「こんなになくても良くない?」って感じ。Xperia 1 IIと「Xperia 10 II」だけでいいじゃんって思う。

「Xperia 10 II」

石野氏:「Xperia 8 Lite」も「Xperia 8」でいいじゃんと。

「Xperia 8 Lite」

房野氏:あの2機種はスペックがほとんど同じですね。

石野氏:あれこそ忖度ですよ。

石川氏:バッテリー容量が違いますけどね。

法林氏:よくわからないんだけど、キャリア基準の容量の測り方と違うから数値が違うんじゃないかと。筐体のサイズは同じだから。

石野氏:Xperia 8 LiteとXperia 8の違いを質問したら、圧縮音源をハイレゾ相当に変換できる「DSEE HX」が「8 Lite」は省かれているだけということだった。あとカラーバリエも少ない。

石川氏:ソフトウエア的なことでしょ、取って付けた説明って感じがする。

石野氏:まぁ、そうですね。だから忖度なんですよ。

石川氏:自分が思ったのは、総務省の割引規制で、最終調達から1年経ったら半額まで割引していいというルールがあるので、もしかするとXperia 8は早めに調達を打ち切って安く売れるようにするとか、型番を落とすために、あえてああしたのかなと推察したんだけど、よくわからない。

石野氏:Y!mobileが最初にXperia 8を発表してから1年近く経っているので、まぁ、価格はもともとは高かったですけど……

法林氏:今、「8」の市場価格は2万円だもんね。それを「Lite」は3万円で売るわけでしょ。サウンドの機能を落としたのに3万円。

石川氏:値段を上げるために新しい端末として見せているんじゃないかと。

石野氏:販路は違います。「8」はY!mobileとau、UQ mobileでしか売っていなかったので、純粋なSIMフリー版はなかった。「Lite」はSIMフリーで、IIJmio、mineo、nuroモバイルが扱いますね。

石川氏:だから、販路を意識しているわけですよ。「8」は大手キャリア、「Lite」はMVNOだと。

石野氏:販路を変えただけ。

石川氏:でしょ。それってユーザーのためになっていない。

法林氏:それはしょうがない、そんなのは昔から。キャリアに向かって仕事をしているんだから。

石川氏:でも、ユーザーが「この端末がほしい」と思った時に、自分が契約しているキャリアでは扱っていないってことになる。それは違うでしょ。しかもSIMフリーになれば、ユーザーが選択するものだから、誠意がないなと。

法林氏:突っ込みどころはたくさんあるけれど、今回のXperiaのSIMフリー版の話の中で評価できるのは、補償サービスの「Xperia ケアプラン」を入れたことくらい。これは良かったと思うけど、ソニーストアで買わないと適用されない。量販店で買った場合はダメなので、それでいいのかな? とは思う。

石野氏:あと、値段が安いといえば安いですよね。「Xperia 1」もスペックを考えると。

法林氏:でも、Xperia 1でしょ。

石野氏:Xperia 1 IIもau版と比べると……

法林氏:それはau版が高いから。auが盛り過ぎ。

石川氏:税金と家電量販店の10%割引を含めると、ドコモ版とトントン。

石野氏:auのXperia 1 IIは13万円くらい。スペックを考えるとau版より安いんですよ。auでXperia 1 IIを買った人は、涙なしでは語れない感じ。

法林氏:そこらへんは可哀想。値段が買う場所によって1割以上違うことが起こる。

石川氏:そうだし、SIMフリー版を出すなら最初に言ってよと。

石野氏:最初に言ってくれていれば、素直にSIMフリー版を買った。

法林氏:それはわかるけど、今年の2月の発表の段階では、Xperia 1 IIはキャリアにしか出さないと思っていたのかもしれないでしょ? だけど売れないから「じゃあSIMフリー版を売ろう」という話になったとか。Xperiaがコロナ禍を乗り切るためにやった施策かもしれない。

石川氏:うーん……ただ、Xperia 1 IIのSIMフリー版は、メモリが多くてデュアルSIMということで、Xperiaが好き、ソニー好きという人が欲しがるようなスペックになってると思うんですよ。だけど、多くの人、Xperiaファン、ソニーファンはすでにキャリアで買ってしまっていて、そういう人たちは裏切られたと感じたんじゃないかと思う。今回のやり方が本当に正しかったのかという疑問は残る。

石野氏:強烈な信者は、たぶん買い換える(笑)

法林氏:Xperia 1 IIのSIMロックを外したモデルは高く売れるしね。

石野氏:そうですね。今だったら高く売れるので、今のうちに売って、それを資金にしてSIMフリー版を買う。

法林氏:ちなみに、今(2020年8月下旬)、Xperia 1のau版はイオシスで売値が3万3800円から5万7800円。だいぶ落ちたね。「5」の方が高くて6万7800円から7万2800円。「1 II 5G」は11万4800円から12万4800円。これは高いね。

石川 Androidスマホはすぐ値崩れするので、自分はさっさと売ります。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。