人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で変化?入居希望審査で不動産業者が重視する項目TOP3、3位職業、2位勤務先、1位は?

2020.09.12

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外出自粛、リモートワーク増加の影響で、より住み心地の良い住まいに引っ越したいと考えるようになった人は多いはず。

では、不動産会社はこの度のコロナ禍を受けて、入居希望者審査でどんなことを重視するようになったのだろうか?

そこで今回、不動産情報サイト「LIFULL HOME'S」等の住生活情報サービスを提供する株式会社LIFULLにより、LIFULL HOME'Sに加盟する全国の不動産事業者(賃貸仲介・賃貸管理)290名を対象とした「住まい探し」に関する実態調査が、8月6日〜8月13日の期間に実施されたので、その結果を紹介していきたい。

新型コロナ拡大前後で不動産会社が入居希望者審査で重視する項目に変化

新型コロナ感染症拡大前に「入居希望者を審査する際に重視していた項目」を尋ねたところ、最多数は「年収」(56%)、次いで「人柄・身なり」(49%)、「年齢」(43%)と続き、人間性等が重視されていたことがわかる。

一方、新型コロナ感染症拡大後に「より重視するようになった項目」を尋ねると、こちらも最多数は「年収」(29%)となったが、次点では「勤務先」(25%)、「職業」(22%)と、より賃貸収入面の安定に直結する項目が重視されるようになったことがわかった。先行きが見えない状況下で、貸す側としても収入面の不安が増加していることの現れなのかもしれない。(グラフ①-1・①-2)

外国籍の人との賃貸契約で実際に困った問題、最多回答は「平等に与えられたルールの順守」で約6割

不動産事業者(賃貸管理)の96%が「入居者について(行動・対応で)困った経験がある」と回答した。

さらに、具体的にどのような入居者のどのような理由で困った経験があるか尋ねたところ、外国籍の方との賃貸契約において最も多かった回答は「入居ルールを守ってもらえなかった」で、賃貸管理を行う不動産事業者の57%が経験していることがわかった。

コミュニケーション上の問題よりも、入居者に平等に与えられたルールを守ってもらえないという、必ずしも国籍に関係のない問題が、物件を貸し出す上での課題になっていることが明らかになった(グラフ②)。

賃貸管理を行う不動産会社の約半数が「高齢者の孤独死や連絡の無い急な退去で困ったことがある」

2と同様の質問で高齢の方との賃貸契約において入居者の行動・対応で困ったこととして最も多かった回答は、「連絡のない急な退去や孤独死により、退去手続きやその後の対応が大変だった」で、賃貸管理を行う不動産事業者の約半数が経験しているという結果となった。

超高齢社会の日本における住宅問題が、実際に物件の賃貸にあたっても課題になっていることがわかる。(グラフ③)

今後「住宅弱者」(※)からの入居希望を受け入れるために必要なのは……

今後「住宅弱者」とされる方からの入居希望を受けた際の対応として、「受け入れたい・どちらかといえば受け入れたい」と回答した不動産事業者は約7割となった。

そして、今後「住宅弱者」の方の入居希望を受け入れていくにあたり「現在足りていないこと・必要なことは何か」という質問に対し多かった回答は、「不動産会社(管理)やオーナー側の理解」(56%)、「入居者共通のルールを順守する等、借りる側の態度変容」(54%)、「『住宅弱者』向けの国・自治体などの保障制度に関する知識、情報」(51%)となり、借りる側である「住宅弱者」と、貸す側である不動産事業者のそれぞれが取り組むべき項目がほぼ同じ割合となった。(グラフ④)

※LIFULL HOME'Sでは、高齢者、外国籍、LGBTQ+、障がい者、生活保護利用者の方など、さまざまなバックグラウンドを理由に賃貸物件を借りにくいなど住まいの選択肢に制限がある方を「住宅弱者」と定義

この結果から、借りる側・貸す側が共に、お互いの理解を深めることが重要であるという認識があり、こうした社会問題に対する保障制度の見直しや根本的な知識が足りてないと感じていることがわかった。

コロナ禍の社会変化によって生活がギリギリのところで立ち行かなくなる現状から、従来の生活保護とは別に国や自治体が設けている緊急小口資金貸付や住居確保給付金などの制度を利用する人は実際に急増している。

今までの生活が大きく変わってしまった人や、今後「住宅弱者」となってしまう可能性のある人にとって、こうした制度や保障についての理解を深めることは、「住宅弱者」という社会問題への理解でもあり、未来の自分や大切な人の為にも重要なことだ。

<調査概要>
【調査期間】:2020年8月6日〜2020年8月13日
【調査方法】:インターネット調査
【調査対象】:LIFULL HOME'Sに加盟する全国の不動産事業者(賃貸仲介・賃貸管理)290名

出典元:株式会社LIFULL
https://LIFULL.com/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。