人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍でも半数以上の人が収入を増やすための副業をしたいと思わない理由

2020.09.12

新型コロナウイルスの影響で収入が下がった人は30%

新型コロナウィルス感染拡大により経済は大きく後退。給与に影響が出たという人も多いだろう。

ヒューマン・コネクトが、全国の20代~40代の会社員1,115人を対象に「新型コロナウイルスの影響による将来の働き方についての意識調査」を実施した結果、新型コロナウイルスの影響で収入が下がった人は30%を超えていたことが判明した。

また、「新型コロナウイルスの影響を受けて今後の給与に変化があると思いますか?」と質問したところ、『思う(62.1%)』と回答した人は6割を超える結果になった。

現時点で下がっていなくても、今後の給与が変化すると予測している人を含めると多くの人の給与に影響を与えていることが分かる。

さらに、「新型コロナウイルスで今後の生活に不安を感じますか?」と質問したところ『感じる(83.3%)』と回答した人が8割を超える結果となった。

新型コロナウイルスの影響で、給与の減少や今後の給与に変化があると思う人が多いだけあって、やはり多くの人が今後の生活に不安を感じているようだ。

副業で収入を増やすことについてはどう感じているのだろう。

そこで「収入を増やすために副業を始めてみたいと思いますか?」と質問したところ、『思う(60.1%)』と回答した人が60%を超える結果になった。

では、反対に『思わない(39.9%)』と回答した人はどのような理由で副業を始めようとは思わないのだろうか。

『思わない(39.9%)』と回答した人を対象に「その理由はなぜですか?」と質問したところ、『副業する時間がない(41.0%)』『副業で稼げるとは思えない(25.0%)』『持っているスキルで副業ができる自信がない(14.4%)』という回答が上位を占める結果になった。

副業を始めたいと思わない人でも、持っているスキルで副業ができる・余裕のある時間内でできる・稼げる、という要素がある副業であれば、約8割の人が始めたいと考える可能性があることが分かる。

新型コロナウイルスの影響による将来の働き方についての意識調査

調査期間:2020年5月26日(火)~2020年5月27日(水)
調査方法:インターネット調査
調査人数:1,115人
調査対象:全国の20代~40代の会社員
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。