人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

田中圭、中村倫也登場のオリジナルドラマにも注目!ドラゴンクエストウォーク1周年での大型アップデートの中身とは?

2020.09.11

日本のみならず、世界中で圧倒的な人気を誇るRPG「ドラゴンクエスト」シリーズ。プレイしたことがないという人はいても、その名前を知らないという人はほぼいないのではないでしょうか。

そんな通称「ドラクエ」の世界を現実世界に落とし込み、町を散策しながらモンスターを倒したり、装備を集めていくゲーム「ドラゴンクエストウォーク」が、9月12日でリリースから1周年となります。

1周年記念として、多くの新機能、新コンテンツを追加するだけでなく、ドラゴンクエストウォークをテーマとした1周年記念ドラマも、俳優の田中圭さん、中村倫也さん出演で制作されました。2人に加え、ドラクエの生みの親である堀井雄二さん、ドラゴンクエストウォークのプロデューサーである芝貴正さん、MCとしてこちらもゲームのヘビーユーザーであるお笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基さんが登場した発表会の内容を紹介していきましょう。

ヘビーユーザーにも新規ユーザーにも嬉しい大型アップデート

まずは、ドラゴンクエストウォークに新しく追加される様々なコンテンツについて紹介していきます。これまでこのゲームをプレイしてきたファンにはもちろん、新しく始めるのにも嬉しいコンテンツが盛りだくさんになっています。

これまでのドラゴンクエストウォーク

発表会はこれまでのドラゴンクエストウォークを振り返るところから始まりました。ゲーム内には、自分が何歩歩いたのかを表示する機能があるのですが、リリースから約1年で全ユーザーが歩いた合計歩数は4兆をこえるとのことです。ただゲームをするのではなく、健康のためのウォーキングのきっかけとしても愛されているようです。

ゲーム内には、イベントとしてこれまでのドラクエシリーズの世界を模したシナリオがプレイできるようになっています。子供のころに倒すのに苦労したあのモンスターや、あこがれた装備が登場、なんてこともありますので、シリーズファンにはたまらないですよね。

コロナ禍の現状で気軽に外に出向くのが難しくなった現在は、「どこでもメガモンスター」という、自宅にいながら大型モンスターと戦える機能も搭載されています。ユーザーがどんな状況でも楽しめるようにアップデートを繰り返してきました。

大型アップデートの目玉コンテンツは2つ!

大型アップデートの目玉コンテンツは2つあります。1周年を迎えるにあたって、新しいコンセプト「life with WAIK」を掲げ、これらの機能を追加しました。

1つは、「いっしょにぼうけん」機能。これまでのドラゴンクエストウォークでも、「おたすけ」という、フレンドと協力して大型モンスターを倒す機能はありましたが、いっしょにぼうけん機能であれば、リアルの友人と最大4人のパーティーを組み、画面内でも一緒に街を散策することができるようになります。

新しくゲームをはじめるという人も、これまでやってきた友人とともに冒険することで、レベルアップなどが簡単、かつ楽しく行えるようになるでしょう。

もう1つは、「あるくんですW」機能。タニタ食堂でおなじみの株式会社タニタが監修した機能で、ゲームを起動して歩いた歩数だけでなく、消費カロリーや、それと同等程度のメニューが表示させるようになります。ただ歩くのではなく、歩いてどれだけの効果が出るのかを目で見て楽しめる新機能で、男性だけでなく、女性も楽しめる機能となっているのではないでしょうか。

ほかにも、新シナリオやこれまで登場していなかった職業の追加も発表されています。

田中圭&中村倫也出演ドラマはとにかく「エモい」!?

1周年を記念して、新機能やコンテンツの追加のほかに、記念ドラマが制作されました。出演は俳優の田中圭さんと中村倫也さんで、2人とももともとドラクエウォークのヘビーユーザーのようです。

ドラゴンクエストウォークのCMということで、話をもらった際に中村さんは、「グリーンバッグで、武器とか持って“やーっ”とでもやるのかと思った」と話しましたが、実際に絵コンテをもらって驚いたとのこと。

ストーリーは兄役の田中さんと弟役の中村さんの日常を描く人間ドラマで、2人の生活とドラゴンクエストウォークの根本のコンセプト「歩く」を主軸として描いた物語。ドラマの内容について尋ねられた2人は、何度も「エモい、エモいんです」と繰り返し話しました。

ドラマの一部である15秒のCMとドラマ本編は、9月12日よりWEBにて公開予定です。

ドラクエとともに歩く生活を

根強い人気を誇るドラクエシリーズを現実世界に落とし込めると人気のドラゴンクエストウォーク。一周年を迎え、これまで以上にユーザーを楽しませるためのコンテンツが盛りだくさんになっています。

これまでゲームを楽しんできた人はもちろん、まだプレイしたことがないという人も、これを機に“ただ歩く”時間を“ドラクエと一緒に歩く”時間に変えてみてはいかがでしょうか。

取材・文/佐藤文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。