人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

オムライスの卵を「のせる派」と「包む派」どっちが多い?

2020.09.11

オムライスはやっぱり「のせる」よね。

いやいや言ってるの。「包む」でしょ?

毎日の食卓に欠かせない身近な存在の卵料理をエリアや年代、男女差など様々な角度からみていくと、面白い傾向がみえてきた。 今回は旭化成ホームプロダクツの「卵料理に関しての調査結果」を見ていきたい。

オムライスの卵20代・30代は「のせる」派、50代・60代は「包む」派!?

今回の調査で、好きな卵料理別にみると、オムライス好きの人は20代・30代女性が多く、目玉焼き好きは男女とも50代・60代が多い傾向にあることが分かった。

子どもと一緒に作りたい卵料理ランキングでは、3位目玉焼き、2位卵焼き、1位オムライスという結果に。

そんなオムライスの具材をエリア別にみると、北海道では「ソーセージ・ウインナー」が多く、四国は鶏肉を使う割合は他エリアと差がないものの、加工肉(ソーセージ・ウインナー、ベーコン、ハム)の具材は他より少ない傾向にある。

ライスの味付けはケチャップが9割近くと圧倒的1位となっているが、バターライスやしょうゆ、塩・こしょうで味付けている方、白ごはんそのままという少数派もいるようだ。

オムライスの卵は「包む」派(50.2%)、「のせる」派(47.6%)とほぼ半々の結果に。

年代別では20代・30代の6割近くが「のせる」派なのに対して、50代・60代は「包む」派が6割以上となり、年代によって差が出る結果とだった。

それぞれの理由は、「包む」派は1位「食べやすいから」(41.2%)に次いで、2位に「見た目がいいから」(40.6%)がランクインしており、「のせる」派の理由は1位「卵で包むことが難しいから」(48.7%)、2位「手間がかからないから」(37.8%)と「包む」ことにハードルを感じている方が多いことが分かる。あなたはどっち派?

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。