人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

医師がアドバイス!マスク熱中症、マスク焼け、マスク肌荒れの予防策

2020.09.09

今、在宅勤務やおうち時間が増えるなど「ニューノーマル」「新常態」とも呼ばれる新しい生活様式へと一変した。

夏場でさえもマスクを着用したほうがよいとされる状況の中で、冷感素材の夏向けマスクに注目が集まるなど今年の夏は「マスク熱中症」「マスク焼け」や「日焼けむら」ほか新しい悩みが増えた。

そこでゴリラクリニックの総院長・稲見文彦医師は「夏マスク着用で気を付けるべきこと」を提言した。夏に限らず、オールシーズン活用できそうなアドバイスなので紹介したい。

熱中症・マスク焼け・肌荒れ!「夏マスク着用で気を付けるべきこと」

1.マスク熱中症

この夏はマスク着用のため、熱中症には例年以上に注意が必要。この夏、マスクによる熱中症が増えていくことは間違いありません。

通気性のよいマスクを着用する、日傘や帽子、エアコンの使用、ハンディ扇風機などを活用する、換気扇や窓の開放で空気を入れ替える必要があります。

また、夏場は熱がこもりやすい上、加湿で喉の渇きを感じにくくなりがちです。着け外しが面倒なため水分補給を避けがちになり、脱水が進むことも考えられます。

こまめな水分補給を心がけるようにしましょう。その際、水分をとるときは「マスクの外し方」も大切です。

マスクを顎の方にずり下げ水を飲むと、マスクの内側がウイルスたっぷりの「不潔野」に触れてしまう恐れがあります。

マスクを外した状態では、手で鼻や口を触れてはいけません。触るとしたら手洗い・うがい・手の消毒を済ませたあとで行いましょう。

熱中症予防のポイントとしては、屋外で人との距離を2メートル以上確保できる場合には、適宜マスクを外すなど心がけるようにしましょう。

2.マスク焼け

マスクは薄手とはいえ紫外線を遮ります。よって紫外線対策を全くとらないと「マスク部分は真っ白、それ以外は真っ黒」というみっともない状態になってしまうでしょう。

これを機に日焼け止めをしっかり使う習慣をつけましょう。日焼け止めはケチケチ使わずたっぷりと、まんべんなく塗りましょう。SPFは20-30程度の物が普段使いにはベスト。

3.マスク肌荒れ

最近、ニキビが増えたとクリニックを訪れる人が急増しています。マスク着用によってニキビ菌が繁殖しやすい環境が整ったため、そして「自粛疲れ」によるストレスなどが原因として考えられます。

洗顔、保湿をいつも以上に気をつけ、過度なストレスを貯めこまないことが重要です。なかなか治らないニキビは放置せず、クリニック受診をお勧めします。

男性専門の総合美容クリニック『ゴリラクリニック』

診療科目 :美容皮膚科、頭髪外来
初診専用無料ダイヤル:0120-987-118(24時間 365日)
診療時間 : 11:00~20:00(不定休、予約制)
開院エリア: 18医院を展開中

関連情報/https://gorilla.clinic
構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。