人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

東京は3位!世界生計費調査でわかった最も物価の高い都市ランキング

2020.09.08

『2020年世界生計費調査‐都市ランキング』で東京は3位にランクイン

マーサーは『2020年世界生計費調査(Cost of Living Survey) – 都市ランキング』の結果を発表した。同調査は世界で最も包括的な生計費調査の一つであり、多国籍企業や政府機関が海外赴任者の報酬・手当を設定する際に利用されている。

今年のランキングのトップ10の都市のうち、アジアからは6都市がランクインした。

香港ドルが米ドルに対してほぼ固定されていることと生計費の上昇によって、昨年に引き続き香港(1位)はアジア地域及び全体の中でも駐在員にとって最も物価の高い都市となった。

この国際的金融センターである香港の後に、アシガバート(2位)、東京(3位)、シンガポール(5位)、上海(7位)、北京(10位)が続いた。ムンバイ(60位)は、インドで最も物価の高い都市となったが、コルカタ(185位)はインドで最も物価の低い都市となった。

オーストラリアの都市は、米ドルに対して豪ドルが下落したことにより、ランキングの順位が下がった。16順位が下がったシドニー(66位)は駐在員にとってオーストラリアの中では最も物価が高い都市となり、17順位が下がったアデレード(126位)は最も物価の低い都市となった。

 駐在員にとって最も物価の高い都市のトップ10に入ったその他の都市は上海(7位)、ベルン(8位)、ジュネーブ(9位)、北京(10位)となった。最も物価の低い都市は、チュニス(209位)、ウィントフック(208位)、タシケントとビシュケク(ともに206位)となった。

マーサーの『世界生計費調査』は世界で最も包括的な生計費調査の一つであり、多国籍企業や政府機関が海外赴任者の報酬・手当を設定する際に利用されている。今回発表のランキングはニューヨークをベースとし、ニューヨークを100とした場合の各都市の指数を比較している。基軸通貨は米ドルとしている。

この調査は世界400 都市以上で実施しており、そのうち209都市の住居費、交通費、食料、衣料、家庭用品、娯楽費用などを含む200品目以上の価格を調査し、それぞれを比較している。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。