人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コロナ禍で進む急速なデジタル化で高まるシステム統合に関する職種の人材ニーズ

2020.09.06

Withコロナ時代に向けて着々と既存のルールや仕組みが変わりゆく中で、多くの企業で導入が推進されているテレワーク。オフィスからそれぞれの自宅で仕事ができるようにする過程で、従来のツールや仕事の仕組みを抜本的に見直すようになり、その結果、テクノロジー産業は活況を呈している。

そこで今回、このテクノロジー産業の活況が採用動向にどのような影響を与えるのかをまとめた、外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社によるレポートを、以下にて紹介していきたい。

テレワーク推進に伴いデジタル化に転機

新型コロナウイルスの影響で、ソーシャルディスタンスの概念が広がり、多くの企業がテレワークの推進やインフラの整備への対応を迫られたが、この動きは日本のデジタル化において大きな転機となるものと予測される。

ビジネスの変革は加速度的に進み、ITやテクノロジーに関する職種への需要も今後、安定して推移するものと予測される。また、これまで動きが鈍いとされてきた日本の転職市場だが、テレワークを模索する動きに伴い、新しい、より柔軟な働き方を加速させるものとみられる。

テクノロジー関連の求人は安定した見通し

こうした人材の動向や安定した需要により、日本のテクノロジー分野の見通しは明るいものとなっている。

現在意欲的に採用活動を展開している企業は殆どが多国籍企業で、こうした企業は既に事業拡大計画を決定済みで、採用について本社の承認も獲得している。

その一方で、クラウド関連の企業など日本企業も採用に向けて動き始めている。また、ITベンダー企業も、収益増などで戦略的に重要となる人材を中心に、引き続き採用活動を行っている。現在は、ジュニアレベルとシニアレベルの人材の募集が多く見られる。

求められるシステム統合スキル

テレワークの導入の際に明らかになった課題の解決に向けて、今後はインフラ強化に着手する企業が増加すると見込まれており、システム統合に関する職種のニーズが高まるものとみられる。マイグレーションとインテグレーションのスキルは、非常に専門性が高く、特に、企業を対象としたマイグレーションの経験を持つ人材が求められている。

今回のコロナ危機においては、変化への順応性や自発性、新たな仕事のプロセスを立ち上げる能力など、一定のソフトスキルに対する評価も向上した。

日本の企業では、上司から明確な指示を頻繁に受けて行動する文化が定着しているが、こうした行動様式はテレワークでは機能しない。企業は今後、自主的に行動出来る人材を求めるようになるだろう。数人単位のチームを統括する「サブリーダー」のような職務の需要が高まるものと予想される。

ヘイズ・ジャパンのマネージング・ディレクター、リチャード・アードリー氏は、次のように述べている。

「日本の企業は特定の技術分野で最先端にありながら、テレワークの利便性が低いことから多くの課題に直面しています。今回の危機を契機として、日本では長期にわたり技術革新が進むことでしょう。書面に印鑑を押さなければならない制度など、オンライン処理出来ない日本独特の慣習を見直す議論も活発化しています。今、テクノロジー分野の求職者に求められているのは、この技術革新で必要とされる適切なスキルを身につけることです。また、企業経営者は、会社存続に向けてカギを握るテクノロジーを見定めた上で採用を行うことが重要です。」

出典元:ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。