人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

放置しておくと視力が低下するドライアイの原因と対処法

2020.09.06

現代人の目は様々なストレスに晒されている。外出時、在宅時にかかる目への負荷を最小限に減らし、健全な状態を保つためにはどんな工夫が必要なのだろうか?

そこで今回、太陽の光を浴びる機会が増える今の時期から気をつけたい「目から紫外線を吸収するだけで疲れる原因とその対策」と、長時間画面を見ることや室内の乾燥で生じる「ドライアイの原因と対策」について紹介していきたい。

目から紫外線を吸収するだけで疲れる原因

紫外線が目に悪影響を及ぼすことは徐々に広まりつつあるものの、疲労にまで影響することはあまり知られていない。実は紫外線を目から吸収すると、脳から疲労物質(活性酸素)が大量に分泌され、神経細胞が酸化ストレスを受けることで脳疲労を起こす。私たちが日常で感じるすべての疲労は脳からくるとも言われており、脳がストレスを受けることで身体に疲労を感じるのだ。

■紫外線による疲労感を軽減する方法

<1.サングラスをかける>
目の紫外線対策には、UVカット機能の付いたメガネやサングラスを使用することをおすすめする。色の濃淡よりも、紫外線カット機能の有無が重要。

紫外線カット機能がついていない濃い色のサングラスをかけると、UVカットできずに裸眼のときより多くの紫外線を吸収してしまう可能性もあるため注意が必要だ。紫外線カット率が99%以上、もしくは紫外線透過率が1.0%未満のサングラスを選ぶと、紫外線カットに高い効果が期待できる。

<2.帽子をかぶる>
UVカット機能付きのサングラスには及ばないが、帽子にも紫外線を遮る効果がある。最近では紫外線を反射してくれる素材や紫外線を吸収してくれる素材を使用した、UVカット機能の付いた帽子も販売されているので、そちらを検討してみても良いだろう。

帽子の場合はサングラスとは異なり、黒や濃紺といった濃い目のカラーのほうがしっかりとUVカットをしてくれる。また、つばが7cm以上ある帽子を選ぶと、目に入る紫外線を大幅に減らすことが可能だ。

<3.まとめ>
目が紫外線を吸収することにより疲労を感じている場合には、太陽光による眩しさそのものの軽減をしない限り疲労感はなかなか消えてくれない。そのため外出する際にはUVカット機能の付いたメガネやサングラスをかける、あるいはつば付きの帽子を被るなどの対策を取ることが重要だ。

ドライアイの原因・対策・危険性を徹底解説!目の健康は潤いから

目が乾燥するように感じたり、ショボショボするような異物感を覚える方は、もしかしたらドライアイになってしまっているのかもしれない。ドライアイは放置しておくと視力の低下につながることもあるため注意が必要。今回はドライアイを引き起こす原因と、対策方法を紹介していく。

<1.目の乾燥するのはドライアイ?>
PCやスマホの使用時間がどんどん長くなる、室内でエアコンを使用しているなど、以前と比べて目が乾燥する要因が多くなっている。

また、メガネをしている方よりも、コンタクトレンズを使用している方のほうが、目が乾燥しやすいといわれている。目の乾燥が続くと最終的にはドライアイとなってしまう。ドライアイになるのを防ぐためにも、目の乾燥を少しでも防ぐ工夫が必要だ。

<2.ドライアイの原因>
ドライアイの原因は目の乾燥が長期間続くことだが、具体的に「まばたきが少ない」ことが挙げられる。まばたきには涙を分泌させる、涙の蒸発を防ぐなどの役割があるため、まばたきが少なくなると目が乾燥しドライアイを引き起こす。

また、「空気の乾燥」もひとつの要因に。湿度が低い環境では、目の乾燥を引き起こしドライアイになりやすくなる。そのため、湿度が下がる冬になると、涙が蒸発する量が増えるため、より乾燥しやすくなる。

ドライアイの原因につながる主な行動としては、PC・スマホの見すぎ、長時間の運転、コンタクトレンズの長時間使用、エアコンの効いた部屋に長時間いることが挙げれられる。日ごろ何気なく行っている行動が、ドライアイを引き起こすこともある。このような行動に心当たりがある場合には注意が必要だ。

<3.ドライアイの対策方法>
ドライアイは、ちょっとした日常生活の心がけで改善することが可能だ。

・意識的なまばたきと乾燥対策
・目を休める
・目薬を使う

どれも簡単な方法なので、ぜひ試してみていただきたい。

<4.ドライアイの危険性>
目から出る涙は、乾燥を防ぐ以外にも、さまざまな重要な役割を果たしている。目の表面を殺菌する、鮮明な視界を維持するために黒目の表面を滑らかにするなど、涙は目の機能を守るために活躍しているのだ。

そのため目が乾燥してドライアイになってしまうと、目がショボショボして異物感を感じたり、目が重く疲れやすさを感じたりといった不快感やつらい症状が出る可能性が高くなる。

ドライアイが長く続くと、不快感だけに留まらず、物がかすんで見えるなど「視力」が低下するリスクがあることは、心に留めておく必要があるだろう。目が乾燥するだけだからと思わずに、リスクも踏まえて普段から目の乾燥対策を行って、目を守ることが大切だ。

<5.まとめ>
目が乾燥してドライアイになってしまうと、不快感を覚えるだけではなく大きなリスクにつながる可能性があるため注意が必要。目の乾燥は、まばたきを増やす、あるいは適度に休憩をとるなど簡単なことで改善できるので、ぜひ日常生活に意識的に取り入れてみていただきたい。

全ての情報は下記のURLより確認していただきたい。
https://weekly.jins.com/knowledge/dryeye01.html

出典元:(株)ジンズ

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。