人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

再生可能エネルギーの活用が課題の日本のエネルギー政策において期待が集まる「水素」

2020.09.05

地球温暖化対策として石炭を中心とした化石燃料から、太陽光・風力、地熱などを利用した環境への負荷が少ない「再生可能エネルギー」の活用が模索されている。そんな中で今、究極のエネルギーである『水素』に熱視線が注がれている。

今回、そんな『水素』にまつわる日本を中心とした各国の取り組みについて言及した三井住友DSアセットマネジメントによるマーケットレポートを以下にて紹介していきたい。

地球温暖化対策として『水素』に注目

近年、多発する自然災害などから、地球温暖化問題への関心が高まっている。今年は、温暖化対策の国際的な枠組みであるパリ協定の本格運用初年度であり、新型コロナ禍からの復興と環境問題への取り組みを合わせた「グリーンリカバリー」も注目されていることから、脱炭素への動きが一層加速すると考えられる。

欧州連合(EU)の欧州委員会は今年7月、2050年に域内の温暖化ガスの排出を実質ゼロにする目標に向け、エネルギーシステム統合戦略を打ち出したが、燃焼しても温暖化ガスを排出しない『水素』を戦略の重要な柱と位置づけ、注目を浴びている。欧州では再生可能エネルギーが普及しているが、電化が難しい素材産業や、発電・輸送燃料などでの『水素』の活用が期待されている。

日系企業も各方面で取り組みが進む

日本においても、『水素』活用に対する取り組みが進んでいる。

千代田化工建設は、三菱商事、三井物産、日本郵船と共同で、国際間で『水素』サプライチェーンを構築する実証試験を始めている。実証試験では、ブルネイで天然ガス由来の『水素』をトルエンを使って液化し、それを船で輸送する。今年5月からは、国内で再分離した『水素』を火力発電所で燃料として燃やす、発電試験も開始している。

東芝、東北電力、岩谷産業は、今年2月、再生可能エネルギーを利用した世界最大級となる『水素』製造設備を完成させ、クリーンで低コストな『水素』製造技術の確立を目指している。

日本のエネルギー政策においても『水素』の活用に期待

今年7月、梶山経済産業相は、二酸化炭素(CO2)を多く排出する低効率な石炭火力発電所の休廃止を進めると表明した。日本も脱炭素に向けた取り組みがさらに強化されることとなる。

日本は電力自由化がなかなか進まず、再生可能エネルギーの活用が遅れてきたが、足元、太陽光や風力の活用が進み始めている。

一方、『水素』はこれからの技術であり、日系メーカーによる研究開発、実証試験も進んでいるころから、今後、日本のエネルギー政策において重要な柱になることが期待される。

出典元:三井住友DSアセットマネジメント株式会社
https://www.smd-am.co.jp/

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。