人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

飲む人の体調や気分に合わせて最適な状態のお茶を淹れるLOAD&ROADのスマートティーポット「teplo」

2020.09.03

LOAD&ROADは、スマートティーポット「teploティーポット」を8月29日に発売する。当初は、teplo公式サイトにて販売開始し、順次、国内セレクトショップおよび百貨店、海外(米国)での販売を開始する。価格は25,000円(税別)。

「teploティーポット」は、スマートフォンアプリと連携してお茶を自動抽出するティーポット。)ジャンピングや蒸らし、浸しなど、お茶の種類ごとに異なる抽出方法の全てに対応する独自の抽出テクノロジーと、お茶の生産者や専門家、愛好家数百名にヒアリングやテイスティングを実施してお茶の種類ごとの一番美味しい抽出条件をインプットしたティーデータベースを、アプリ内に搭載。

お茶の種類をアプリ内のティーデータベースから選択するだけでお茶の種類に応じて、最適な抽出温度・抽出時間・抽出方法を自動で制御するため、緑茶・紅茶・中国茶・ハーブティーなどお茶の種類を問わず手軽に本格的な香りと味を楽しむことができるのだ。

なお、現在アプリ内ティーデータベースには日本茶、紅茶、中国茶、台湾茶など、20種類のteplo公式茶葉が登録されており、種類は今後随時追加していく予定とのことだ。

また、古来、お茶のプロが行ってきた、飲み手の仕草や表情、味の好みに応じて抽出条件を調整し、その時の飲み手の状態に応じた一番美味しい味と香りでお茶を淹れるという職人技を、テクノロジーで再現すべく試作を重ねていき、世界初の「パーソナライズ抽出機能」の実装を実現。

内蔵する6つのセンサーにより、脈拍、指の温度、室温、湿度、照度、騒音レベルを計測し、飲み手の気分や体調、周囲環境を解析して独自のアルゴリズムで抽出温度と時間を導き出し、飲み手の状態に最適なお茶を淹れてくれるとのことだ。

現代のライフスタイルにフィットしたスタイリッシュなデザインも魅力的で、eploティーポットのインフューザーの丸みは、お茶の美味しさが詰まっているという最後の一滴“ゴールデンドロップ”をイメージしてデザインされているという。

容量は約350ml。本体サイズは約幅200×奥行200×高さ200mm(パワーベース含む)、重量は約0.85kg(パワーベース含む)。公式茶葉 2パックセット付き。

そのほか、「teploティーポット」で抽出したお茶を最適な状態で楽しむことができる専用グラス「teploグラス」も同時発売。1つのグラスに薄い飲み口と厚い飲み口の両方を持たせた全く新しいグラスで、底の丸みは“ゴールデンドロップ”をイメージしてデザインされ、teploティーポットのインフューザーのデザインと連動している点も魅力だ。価格は1,500円(税別)。

製品情報
https://teplotea.com/ja/

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。