人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

高齢者でも体の動きに制限がある人でもOK!誰でも気軽に参加できるオンラインヨガ「ユニヨガ」を覗いてみた

2020.09.08

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

それぞれの個性に合わせたヨガ体験

日本青年会議所(JCI日本)が主催する、健康な人、高齢者、障がい者、外国人など、すべての人が繋がりを感じながら心身の健康を目指すオンラインヨガ「ユニヨガ」のサービスが、8月末から開始された。

「ユニヨガ」とは、ユニバーサルデザインヨガの略で、身体的、精神的、空間的にヨガに挑戦することが難しかった人でも取り残さない、誰にでもできるヨガ。自宅から参加できるオンラインヨガのメリットを生かし、それぞれの個性に合わせたヨガを行うことで、参加者全員の心身の健康を目指すと同時に、参加者がヨガを通じて自分と違う個性と出会うことで、相互理解が深まるきっかけを作ることが目的だ。

ユニバーサルマナーを身に着けたユニヨガティーチャーのサポートのもと、オンライン上で参加者全員が同じ時間と空間を共有しながら、それぞれができる範囲で楽しくヨガを行う。

こうあるべきという決まった形がないのがユニヨガだが、ユニヨガティーチャーはユニバーサルマナー検定3級を受講し、ユニヨガレッスンにおける3つの約束を確実に遂行してもらう。

1・ヨガへの参加前にプロフィールシートを記入し、参加者それぞれの個性を把握すること。
2・ヨガティーチャーが多様な個性を認めながら、参加者それぞれにとって満足度の高いヨガを目指すこと。
3・参加者それぞれが自分の言葉で話す「サットサンガ」を設け、個性を表現する場所を創ること。

石川県加賀市でヨガ教室を主宰する西村麻衣子さんが、ユニヨガティーチャーとして参加を決めた理由は、ユニヨガのコンセプトや目的がまさにヨガそのものと一致していたからだと話す。

「多くの方にヨガを知ってもらい、気軽に参加して欲しいと思っているが、ヨガは女性がやるもの、体がかたいとできないものと思っている方が多い。そうした方々でもユニヨガなら参加していただけると期待している。

個性の違う人たちが参加するユニヨガならではの工夫がプロフィールシート。ヨガクラスを始める前に参加者全員に体調や体の特徴を記入してもらい、それらを講師が把握することで、複数人のヨガクラスでも、それぞれがヨガの効果を実感できる。

イスに座っている人、車いすの人、オフィスで参加している人などそれぞれ状況が異なる。しばらくは講師二人体制でサポートし、メインの講師がデモを行い、もう一人の講師が簡易法や車いすの方法でデモをしてもらうなど、参加者の状況に応じて、臨機応変に対応していく」(西村さん)

実際に行われた11名のユニヨガの参加者は、高齢者、親子、体の動きに制限がある人、車いすユーザーなど、年齢も個性もさまざま。講師の西村さんが床に座ったヨガのデモを、もう一人の講師の松波恵理香さんが、イスに座ったままできる簡易法のデモを行い、腕が上がらない、肩が痛いという人は、松波講師の動きを見ながらヨガを体験する。

ユニヨガに参加した方々の生の声を伺った。

Mizukiさん「以前からヨガに興味があり教室に行きたかったが、身体的な事情があり参加できなかった。ユニヨガを知ってから毎回楽しく参加している」

鹿田さん「77歳の高齢者だが、定期的にヨガをやってきた。ヨガのいいところは呼吸を整え、瞑想にふけり、体が楽になることで、興味を持って続けている。このような形で広がっていくのを楽しみにしている」

NANAさん「ヨガをやると心が落ち着く。前々からヨガを含めて運動したいと思っていたが、車いすなので簡単にできる運動がなかった。ユニヨガは先生方がいろいろな工夫をしてくださって、声かけもしてもらえるので、障がい者や個性のある人でも入りやすいし、ちょうど良い運動量で、しっかり効果があると実感できる」

親子で参加した千布さん「最近オンラインのサービスが増えてきたので、気軽に息子と参加できる機会も増えた。ヨガには興味があったが、女性ばかりのイメージがあったので足を踏み込めなかった。ユニヨガなら様々な個性の方がいるので、気構えることなく続けることができる」

レッスン終了後に、参加者同士で語り合うのが「サットサンガ」。

「サットサンガは気軽にお茶を飲みながらそれぞれ思っていることを話すこともあるし、ワークショップのような形で、お題を決めて一人一人が話す場合もある。リラックスした後に、気持ちを素直に話す機会を得ることでリマインドできたりできるので、サットサンガの時間は大事にしている。従来のヨガ教室では、車いすの方や体に個性がある方と一緒に行うことがなかったので、ユニヨガのサットサンガでそういった方々のリアルな声を聞けたのは貴重だった。

ユニヨガで大事にしているのは、体を動かした後に行う呼吸や瞑想、サットサンガ。寝たきりの状態の方でも、できる範囲で体の内側を意識したり、呼吸することで、できないポーズがあっても、そこにストレスを感じなければ参加は可能」(西村さん)

ユニヨガは予約サイトより希望の受講日を選んで申し込む。レッスン当日までにPCやスマホ、タブレットなど使う端末にZoomをダウンロード、プロフィールシートを記入する。レッスン10分前に指定のZoomリンクをクリックして入室。

現在はまだスタートアップでレッスンの数が少ないが、ユニヨガ実行委員会では、ユニヨガレッスンを定期開催していく予定で、9月はスタートアップキャンペーンとして「ユニヨガ無料体験会」を9月13日、9月19日に行う。詳細は公式サイトで確認を。

10月以降は、大日本印刷が提供するスマホアプリ「May ii(メイアイ)」ユーザー限定のユニヨガ無料体験会を予定しており、レッスン日は9 月中にMay ii にて案内する。

【AJの読み】ありのままの自分でOK!誰でもできるヨガ

ヨガ教室は何度か通ったことがあるが、周りの人が気になって仕方がない。自分にはできないポーズが易々とできる、あんなにスリムなのは意識が高いから?とか、他人と比較して自分のダメさがわかって挫折というパターンが多い。

体の動きに制限がある人や、障がいのある人は、ヨガに興味があってもなおさらハードルが高いだろう。誰もができるユニヨガは、ありのままの自分でOK。人目を気にせず、自分のペースでできるのもオンラインならではのメリット。

文/阿部純子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。