人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コレクター歴7年の元ラグビー日本代表・西原忠佑さんが語るスニーカー愛

2020.09.07

普段からスニーカーとは縁が深いスポーツ選手。元ラグビー日本代表の西原忠佑さんが愛するスニーカーはプロ時代からサポートしてもらったというナイキ。「いい靴は素敵な場所に連れて行ってくれる」という信条でコレクションし続けるスニーカーについて語ってくれた。

西原忠佑・元ラグビー日本代表

大阪桐蔭高校卒業後、明治大学に入学、明治大学ラグビー部の主将に就任。卒業後の2010年に三洋電機ワイルドナイツ(現・パナソニックワイルドナイツ)へ加入。2011年2月28日に日本代表候補に選出。初戦・サモア戦で日本代表初キャップを獲得。2019年退団後、様々なチャレンジを行なっている。西原忠佑さんのインスタ→https://www.instagram.com/nishihara_tadasuke/?hl=ja

元ラグビー日本代表・西原さんのマイベスト・スニーカーは?

「スニーカーが好きすぎて、履くたびに拭いて大切にしています」と、元ラグビー日本代表の西原忠佑さん(32歳)。サモア戦をはじめ、多くの国際試合を経験し、ラグビー界の栄誉ともいえる代表キャップを3つ獲得。現在は、ラグビーを介して新たなビジネスを模索しているという西原さんは、スニーカーコレクター歴約7年、30~40足を揃える。そんな西原さんのマイベスト・スニーカー3選は?

1.Nike Blazer Mid Off-White “Grim Reaper”(ナイキ ブレーザー ミッド オフ-ホワイト グリムリーパー)

Nike Blazer Mid Off-White “Grim Reaper”(ナイキ ブレーザー ミッド オフ-ホワイト グリムリーパー)

ストリートファッション界で人気のブランド「オフ-ホワイト」とナイキがコラボしたモデル。「履きやすさ、形、デザイン、どれを取っても自分の中で第一位。好きすぎて、履く度に拭いているレベルです。

普通、スニーカーのベロの部分って、スポンジの色がそのまま出ているものが多くて大体ベージュなんですよ。ところがこの一足は、スポンジの色まで黒。ビシッとしていて、お気に入りです」

2.Nike Air Jordan 1 Retro High OG “GRAPE”:ゲータレードコラボ(ナイキ エアジョーダン1 レトロハイOG グレープ)

Air Jordan 1 Retro High OG “GRAPE”:ゲータレードコラボ

バスケの神とされるマイケル・ジョーダンのためにナイキが制作したシリーズとスポーツドリンク『ゲータレード』とコラボ。「『Air Jordan 1』はとにかく履きやすいんです。これは形も格好良くて、スウェットにも似合うのでクラブハウスにも履いて行けるのもいい」(西原忠佑さん、以下同)

3.Air Jordan 4 Retro Levi's Black(エアジョーダン4 レトロ リーバイス ブラック)

Air Jordan 4 Retro Levi's Black(エアジョーダン4 レトロ リーバイス ブラック)

「レアなリーバイスコラボの中でも更に珍しい”Rタグ”と呼ばれる一足。このスニーカーを車の上に置いたまま走ってしまって、大雨の中探し回ったことも…。大好きなスニーカーは履いているときの思い出も一緒に蘇るもの」

スニーカーマニアになったきっかけは?

西原さんは明大ラグビー部で寮生活を始めてから、ファッションに興味を持つようになったという。「寮にいろんなやつがいて服にも興味を持ち始めましたね。外国人のスタイルをマネして、雑誌のSafariなんかを見て、安くて格好いいモノ、着たい服と着られる服のバランスにこだわっていましたね。

ラグビーのプロ選手になって、収入が増えてからは好きなスニーカーを買い始めました。

プロの間にスポンサーをしてもらっていた事もあってナイキが気に入っています。中でも特に『ジョーダン』が大好き。マイケル・ジョーダンはアスリートとしてのカリスマ性に憧れますし、スニーカーも好きですね。

プロになった当時(2010年ごろ)は、まだSNKRSアプリ※もない時代で、限定のスニーカーとか、全然情報もなかったですが、スニーカーの形やデザインがいいなあと思いはじめ、どんどん魅力にハマっていきました。

ラグビーのプレイ“以外に”履いている時が喜びなんです。

スニーカービギナーの人から『え!それ持ってるんですか』と言われるのも嬉しいんです。

自分はコレクター癖、収集癖があるんですね。1個買ったら全部揃えたくなるんです。それがスニーカーだった。母親に「足何本あんねん!」と言われていますが(笑)」

※SNKRSアプリ…Nikeのスニーカーに関する販売情報などをチェックできるアプリ。

スニーカーの魅力とは?

「『いい靴は素敵な場所へ連れて行ってくれる』という考え方を大前提として持っています。自己満足かもしれませんが、良いものを身に纏う事の大切さ…。良いものを身に着けられるようになったという自信にもつながります。常に自分自身の価値を高めたいと考えているので、いいスニーカーを履くと自分の価値も高まると思うんです。

スニーカーって万人が知っているわけではないけれど、知っている人は深く知っている、そこがまたいい。たまに街中で見た人が履いていたスニーカーに注目して、ふと目があって、通じ合う感じもいいんです。

プロに転向してから、魅力的な経営者の人に会う機会が多かったんです。ラグビーのおかげで、普通だったら会えない人たちの話を聞けた。ラグビーの看板がなくなったときに、この人たちみたいになりたい、絶対そっち側に行きたいと思っていました」

若くして日本代表となった西原さんにとってラグビーとは、「どれだけ魅力的な人になれるか、人間力を高めていくための手段だったと思うんです」

スポーツをするあらゆる人にチャンスを掴めるようなマネジメントする、そんなビジネスがしたいと目標を語る。西原さんはお気に入りのスニーカーで新たな一歩を踏み出している。

取材・文/望田真紀

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。