小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

やってよかった子どもの1歳までのお祝い行事TOP3、3位初節句、2位お宮参り、1位は?

2020.08.31

生後7日頃には「お七夜」「命名式」、生後1ヶ月頃には「お宮参り」、生後100日目頃には「お食い初め」、生後6ヶ月には「ハーフバースデー」、そして、女の子は3月3日、男の子は5月5日に「初節句」と、子どもが1歳までに行う代表的な行事は以上の6つあると言われている。

愛する我が子のため出来る限りこれらの行事を行いたいが、コロナ禍の今年は親族で集うことが難しく、規模を縮小して実施したり、あるいは断念したりした人も多いに違いない。

そこで今回、株式会社カラダノートによる、「1歳までの子どものお祝いに関する意識調査」が行われたので、その結果を紹介していきたい。

なお本調査は、8月13日〜8月17日の期間、同社が運営するメディア『カラダノートママびより』のユーザー296名を対象にして実施された。

■コロナ禍の影響によるお祝い行事の変化

現在1歳未満の子どもがいる人で、新型コロナウイルスの影響で最も多かった変更は、「親族を呼ばずに家族だけで行った(15%)」、次いで「中止(8%)」「延期(5%)」がそれぞれ10%弱となった。

自由記述でその他の変更を問うと、様々な変化が見られた。(一部抜粋して編集)

・「両親がお宮参りに県外から来る予定が来れなくなった。」
・「買い物に行けないため通販を利用した。」
・「お宮参りも人混みを避けて、人気のない神社を選ぶ様にした。」
・「初節句の飾りを買いに行けなかった。」
・「家族だけでお祝いすることが多く、上の子との差がでてしまう。」

■約半数のママがお祝い準備を負担に感じたことがある

アンケートによると約半数がお祝いの準備を負担に感じたことがあると回答した。自由記述では負担に感じた理由を問うと、両家の日程調整や親側のご飯を用意することに手間がかかったといった両家に関する声が多く見られた。

<両家に関して負担に感じた理由>

・お食い初めの際、義父母の口に合うものを考え、用意したこと
・お宮参りの際、両親・義両親への連絡、日程調整、食事処の手配に気を遣った
・初節句の際、実家と婚家の調整が辛かった

<その他、ママが負担に感じた理由>

・お食い初めのメニューを揃えるのがなかなか大変。上の子もいるので準備が思うように進まなかった。
・(お宮参りの時)育児に不慣れな時期の外出だったため
・お参り中に大泣きしてなだめるのが大変だった・(初節句の時)人形選びや飾りつけに悩んだ

■やってよかったと思う理由は、家族で一緒に祝えたから

1人目の子どもの時に実施した行事は「お食い初め(88%)」が最も多く、次いで「お宮参り(79%)」、「初節句(73%)」となった。

やってよかったと思う行事には、「お食い初め(26%)」「全てやってよかった(25%)」「お宮参り(24.3%)」の3つが並び、理由を自由記述で問うと「まだ赤ちゃんは食べれないが、家族みんなで囲み笑顔で溢れたから。」「節目にお祝いすることで、我が子の成長を振り返ったり夫や両親のありがたみを改めて実感し感謝した」といった家族で一緒に祝えたことを喜ぶ声が多かった。

<調査概要>
調査概要:1歳までの子どものお祝いに関するアンケート
調査期間:2020年8月13日〜8月17日
調査対象:「ママびより」メルマガ登録者、ママびよりシリーズアプリの利用者
回答人数:296人
調査方法:インターネット調査

出典元:株式会社カラダノート
https://corp.karadanote.jp

構成/こじへい

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。