人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

編集部が選んだ今週の新製品ベスト10(2020.8.29)

2020.08.29

(2020.8.29) @DIMEに掲載された今週の新製品ニュースの中から、編集部がチョイスした記事を紹介します。読み逃した方も、これを読んで最新のギアトレンドがおさらいしよう!

編集部が選んだ今週の新製品ベスト10(2020.8.29)

ティアック「TN-5BB」

ティアックは、XLRバランス出力を搭載したベルトドライブ・ターンテーブル「TN-5BB」を8月下旬に発売する。価格は168,000円(税別)。 「TN-5BB」は、人工大理石、和紙、MDFの異素材を組み合わせたハイブリッドシャーシに、ナイフエッジベアリング採用の9インチS字ユニバーサルアームを備えたMCバランス出力対応のアナログターンテーブル。

【参考】人工大理石、和紙、MDFの異種素材を組み合わせたハイブリッドシャーシを採用!ティアックのベルトドライブターンテーブル「TN-5BB」

JBL「TUNER2 FM」

ハーマンインターナショナルは、JBLブランドより、ワイドFMチューナーを搭載したポータブルBluetoothスピーカー「JBL TUNER2 FM」を8月28日に発売する。価格はオープン。JBLオンラインストアでの販売価格は11,800円(税別)。「JBL TUNER2 FM」は、2018年にJBLブランドより初めて登場したワイドFM対応ポータブルBluetoothスピーカー「JBL TUNER FM」のアップデートモデル。

【参考】IPX7防水性能で使い勝手抜群のJBLのワイドFM対応ポータブルBluetoothスピーカー「TUNER2 FM」

ニューバランス「THE KAWHI 4 Bounces」

ニューバランスジャパンは、2度のNBAチャンピオンと4度のNBAオールスターに輝いたカワイ・レナードからインスピレーションを得たコレクション「THE KAWHI 4 Bounces」を発売した。

【参考】NBAのスター選手カワイ・レナードにインスパイアされたニューバランスの最新コレクション「THE KAWHI 4 Bounces」

サンコー「POKEPRO」

サンコーは、『Android内蔵モバイル小型プロジェクター「POKEPRO」』を発売した。本製品はAndroid OSを内蔵し無線LANに接続して単体で動画配信サービスなどを楽しむことができるプロジェクター。本体にAndroid OSを搭載しているため、YoutubeやNETFLIXなどのほかGoogle playから好みのアプリをダウンロードして使うことができる。

【参考】YouTubeもNetflixも楽しめるサンコーの小型Androidプロジェクター「POKEPRO」

Garmin「INSTINCT EVANGELION Edition」

Garminは、アメリカ国防省のMIL規格の準拠したタフネスGPSアウトドアウォッチシリーズ『INSTINCT(インスティンクト)』から、アニメ作品『エヴァンゲリオン』とのコラボレーションによるスペシャルデザイン『INSTINCT EVANGELION Edition(インスティンクト エヴァンゲリオン エディション)』の予約受付を開始。2020年8月31日(月)より数量限定にて発売する。

【参考】エヴァンゲリオンの世界観を表現したGarminのミルスペックGPSウォッチ「INSTINCT EVANGELION Edition」

EPOS「SENNHEISER GSP 601/602」

EPOSは、密閉型ゲーミングヘッドセット EPOS | SENNHEISER GSP 601、GSP 602 を発表した。 一般的なゲーミングヘッドセットでは黒ベースに黒を施したデザインが多数を占めているが、EPOS | SENNHEISER GSP 601 および GSP 602 は、新鮮な新しいカラーでユーザーのゲーミングスペースに自分らしさを演出することができる。

【参考】ブームアームを跳ね上げるだけでマイクをミュートにできる放送業務用クオリティーを実現したEPOSのゲーミングヘッドセット「SENNHEISER GSP 601/602」

JVC「RV-NB250BT」

JVCケンウッドは、JVCブランドより、「XX(XTREME XPLOSIVES)」シリーズ初のオーディオ商品としてパワードウーハーCDシステム「RV-NB250BT」を8月下旬に発売する。価格はオープン。公式オンラインストアでの販売価格は43,780円(税込)。 “重低音&タフボディ”がコンセプトの「XX」シリーズはこれまでヘッドホンで展開してきたが、今回、初のオーディオ商品としてパワードウーハーCDシステム「RV-NB250BT」ラインアップ。

【参考】AC電源と内蔵バッテリーに対応!大口径16cmツインウーハーを搭載したJVCのCDシステム「RV-NB250BT」

Dynabook「8K映像編集PCシステム」

Dynabookは、ノートPC制御による「8K映像編集PCシステム」を発表。8月19日より受注を開始した。市場想定価格は40万円台後半から。「8K映像編集PCシステム」は、8Kコンテンツの録画機能を有するスマートフォンやビデオカメラなどで撮影した8K映像の取り込み、編集、書き出しに対応したシステム。15.6型4KモバイルノートPC「dynabook Z95」と、NVIDIA Quadro RTX 4000搭載の外付けGPU BOXにより構成され、NVIDIAと親和性の高い、Adobe Premiere Proソフトをオプションとして購入することもできる。

【参考】8K映像の取り込み、編集、書き出しに対応した15.6型4KノートPCと外付けGPU BOXを組み合わせたDynabookの8K映像編集PCシステム

shunzao「Z11 Pro」

髪の毛を自動切断してくれる掃除機「shunzao(ジュンゾウ)Z11 Pro」のプロジェクトが、クラウドファンディングサイト「Makuake」にてスタート。プロジェクトは10月16日までで、8月10日現在、1台39,990円(税込)~支援受付中。 「shunzao(ジュンゾウ)Z11 Pro」は、中国の高品質なIoT家電メーカーのみが参入できるコミュニティ「シャオミ・エコシステム」に所属するshunzao社製のコードレス掃除機。

【参考】自動で髪の毛を切断するカッター付きクリーナーヘッドを搭載したshunzaoのコードレス掃除機「Z11 Pro」

日本コロムビア「インテリア蓄音器」

日本コロムビアは、国産蓄音器第1号「ニッポノホン35号」をイメージして再現した「インテリア蓄音器」を発売した。コロムビアミュージックショップほか、Amazon.co.jpなどで購入可能で、価格は13,676円(税別)。「インテリア蓄音器」は、今年創立110周年を迎える日本コロムビアが明治43(1910)年創立当初(日本蓄音器商会 当時)に発売した国産第1号蓄音器「ニッポノホン35号」をベースに再現。質感のある木目調仕上げと時間とともに味わいが出る銅製のラッパからなるデザインはインテリアとして飾りたくなるおしゃれさだ。

【参考】モチーフは明治時代の国産蓄音器初号機!インテリアとしてもGoodな日本コロムビアのスマホスピーカー「インテリア蓄音器」

構成/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。