人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

役職者の中でテレワークを実施していない層「課長クラス」が最多

2020.08.26

コロナ禍を契機に一気に普及が進んだテレワークだが、その実施意向に性別・年代の差はあるのか?また、一般社員から経営者・役員クラスまでを比べて、テレワーク実施状況にどのような違いがあるのだろうか?

そんなテレワークに関する実態調査がこのほど、株式会社oricon MEにより、6月22日~7月3日の期間、10,519名を対象として実施されたので、その結果を紹介していきたい。

今後のテレワーク実施意向、「6割が意向なし」

テレワークに「賛成」が82.2%も、「在宅勤務が指示(命令)された(自宅待機命令も含む)」(23.3%)、「在宅勤務を推奨されたが、強制ではない(各部署の判断に委ねる)」(11.3%)と、指示・推奨は34.6%にとどまった。

また、「今後のテレワーク実施意向」では、「オフィスワークがいい」(29.0%)、「どちらかといえばオフィスワークがいい」(31.6%)で、実に6割がオフィスワークの意向を示した。

その理由として(n=6378)(複数回答)、上から順に「自分の仕事が在宅勤務に適した業務内容ではないから」が最多の42.6%。次いで「出勤した方が規則正しい生活リズムを維持できるから」(29.9%)、「出勤した方が適度な運動になって良いから」(22.3%)となり、“通勤”を「規則正しい生活リズム」 「適度な運動」という捉え方をする意見もあり、テレワークが浸透しにくいのは、仕事外の個人の考え方が強く、実施する個人の意識も一因のようだ。

今後のテレワーク実施意向が一番高い年代は「女性10・20代」で54.1%

「年代別」で見た今後のテレワーク実施意向に関し「女性10・20代」が最多だったが、理由のTOP3は、「移動しないので疲れずに済むから」(61.4%)、「服装・化粧・身だしなみに時間をかけなくて済むから」(60.8%)、「朝遅くまで寝ていられるから」(51.3%)だった。

特に「服装・化粧・身だしなみに時間をかけなくて済むから」と「朝遅くまで寝ていられるから」は、全体のパーセントと比べ、それぞれ24.5%、25.7%も多く、朝の仕度時間軽減など、朝ゆっくりできるのがポイントのようだ。

また、「居住エリア別」の今後のテレワーク実施意向は、42.9%で首都圏が最多。次いで、「九州・沖縄」(41.7%)、「北海道」(40.6%)が続き、「近畿」は38.7%で4番手となっている。

※グラフは、ともに、左から「テレワークがいい」「どちらかといえばテレワークがいい」となっている。

「課長クラス」、73.3%がテレワーク指示・推奨されるも、「全く実施していない」が全役職中、最多

「課長クラス」が「在宅勤務が指示(命令)された」44.3%、「在宅勤務を推奨されたが、強制ではない」29.0%で、全役職中、最も高い73.3%となり、テレワークの指示・推奨はあったようだが、テレワークを「全く実施していない」も17.8%で最多。「全く実施していない」は、次いで「部長クラス」の17.4%となり、管理職のテレワークがしづらい実態が浮かび上がった。

※グラフは、左から「在宅勤務が指示(命令)された」「在宅勤務を推奨されたが強制ではない」となっている。

※グラフは、左から「週に5日以上」「週に3~4日程度」「週に1~2日程度」「全く実施していない」となっている。

「ビジネスチャットツール」「Web会議ツール」の利用状況

「ビジネスチャットツール」と「Web会議ツール」は、以下を定義としている。

<ビジネスチャットツール>
ネットワークを介したリアルタイムコミュニケーションを実現するチャットツールの中でビジネス用途に特化したもの
主なツール:【Microsoft Teams】【Chatwork】【LINE WORKS】

<Web 会議ツール>
遠隔地点の相手と音声通信やビデオ通信によるコミュニケーションを実現するツール
主なツール:【Zoom Meetings】【Microsoft Teams】【Google Meet】【Cisco Webex Meetings】

利用状況について、「ビジネスチャットツール」は「Microsoft Teams」が 13.4%、「Web 会議ツール」は「Zoom Meetings」が 12.1%で、それぞれ最多となっている。

また、ビジネスチャットツールの「Microsoft Teams」は、従業員規模が1000人以上の大企業勤務者で特に利用されており、これはWeb 会議ツールでも同様の傾向となっている。Web会議ツールでは、「Zoom Meetings」は、業種別の学校・教育産業従事者で特に利用されている。

出典元:株式会社 oricon ME

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。