人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

LGBTQの人たちがコロナ禍で抱えている最も大きな不安は?

2020.09.10

コロナ禍に「LGBTQ」が抱える困難とは?

世界的な新型コロナウィルスの感染拡大・感染防止の状況下において、LGBTQの人が抱える困難や不安の声がMFAJの調査で判明した。

まず「新型コロナウィルスの感染拡大により、特に、パートナーとの関係が保障されていないために、抱えている困難や不安、実際に起きた出来事など」についての質問(自由回答)に関して、内容を分析し、カテゴリー分けしたところ、「入院・緊急・万が一の時に連絡がとれるか(家族扱いしてもらえるか)の不安」が有効回答数87件を占め約4割となり、「(感染時の)家族・友人・病院・会社・学校への報告や公表に関する不安」が有効回答数32件を占め約2割となった。

一人のLGBTの当事者として、あるいはその家族、友人、同僚として、抱えている困難や不安、実際に起きた出来事など」についての質問(自由回答)に関しては、「(感染時の)家族・友人・病院・会社・学校への報告や公表に関する不安」が有効回答数35件、「入院・緊急・万が一の時に連絡がとれるか(家族扱いしてもらえるか)の不安」が、有効回答数25件と続く。

政府や公的機関に求めること」についての質問(自由回答)に関しては、「同性婚の実現・婚姻平等法の法制化」が有効回答数63件「生活保障・資金援助・現金給付」が有効回答数45件、「同性婚の実現・婚姻平等法の法制化」が有効回答数56件となった。

また、アンケート回答者に個別に電話ヒアリングを行った結果、「平常時はそこまで気にかけていなかったが、このような緊急事態では、同性カップルでは保障が何もないということを実感している。

国が認めてくれたら、家族や周りの友人も理解を示してくれて助け合えるのではと感じた」といった声も寄せられ、政府や公的機関に同性婚や婚姻平等化を訴える声も届いた。

概要・実施期間: 2020年4月6日(月)~30日(木) ※期間は延長する可能性がある。

・対象者: LGBTQ当事者・家族・同僚・友人など関係者
・方法: オンライン上での自由回答式アンケート
・集計時期: 4月17日(金)18時時点
・有効回答数: 236件

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。