小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

8K映像の取り込み、編集、書き出しに対応した15.6型4KノートPCと外付けGPU BOXを組み合わせたDynabookの8K映像編集PCシステム

2020.08.24

Dynabookは、ノートPC制御による「8K映像編集PCシステム」を発表。8月19日より受注を開始した。市場想定価格は40万円台後半から。

「8K映像編集PCシステム」は、8Kコンテンツの録画機能を有するスマートフォンやビデオカメラなどで撮影した8K映像の取り込み、編集、書き出しに対応したシステム。15.6型4KモバイルノートPC「dynabook Z95」と、NVIDIA Quadro RTX 4000搭載の外付けGPU BOXにより構成され、NVIDIAと親和性の高い、Adobe Premiere Proソフトをオプションとして購入することもできる。

「dynabook Z95」は15.6型大画面ながら約1.425kgの軽量スリムボディで持ち運びも簡単で、撮影したその場で大画面上での確認や、移動中にカット編集などを行うことが可能。オフィスや自宅ではパワフルなNVIDIA Quadro RTX 4000搭載GPU BOXとThunderbolt 3でつなぐことで、グラフィック性能を必要とする高度な編集や8K映像のエンコード処理を高速に行うことができる。

また、GPU BOXは約4kgなので、急ぎのシーンではスタジオなどに持ち運んで作業することも可能。高画質な動画コンテンツを大量に制作することを求められるなか、移動中はノートPCで作業し、事務所に戻れば、パワフルなGPU BOXにつなぐなど、新しいコンセプトで自由な利便性を実現。モビリティとパフォーマンスを両立し8K映像編集のワークフローを効率化することができるとする。

製品情報
https://dynabook.com/business/contents/8k-video-editing-system/index.html

構成/立原尚子

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。