人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

子どもの熱中症を予防する5つのポイント

2020.08.24

関東甲信地方の1都8県で「熱中症警戒アラート」が試行されるなど、熱中症への危機感が高まっている昨今。気が滅入るような暑い日が続いているが、学習の遅れを補うため、夏季休業期間を短縮したり、夏季休業期間中に登校⽇を設けたりする⾃治体や学校もある。

体育や部活動のスポーツ活動だけでなく、屋内での授業中、登下校中においても熱中症にかかる危険があるため、学校管理下における熱中症予防のポイント(※1)を踏まえ、適切に対応していく必要があるだろう。

魔法びんのパイオニア企業・サーモスでは、夏場の⽔分補給の際は適度に冷えたドリンクを摂ることをおすすめしている。特に運動時には5℃〜15℃に冷やしたドリンクは、カラダへの吸収が早く、効果的にクールダウンしてくれる(※2)。

今回、効果的な熱中症予防策と共に、⽔分補給に役⽴つサーモスのオススメアイテムを紹介していきたい。

※1 独⽴⾏政法⼈⽇本スポーツ振興センター学校安全部「熱中症を予防しよう」
※2 サーモス調べ

熱中症は予防できる! 熱中症予防の原則

■1.環境条件を把握し、それに応じた運動、⽔分補給を

暑い時期の運動はなるべく涼しい時間帯にするようにし、休憩を頻繁に⼊れ、こまめに⽔分補給をしよう。汗には塩分も含まれているので、⽔分補給は0.1〜0.2%程度の⾷塩⽔が好ましいとされている。

運動前後の体重を測定し、体重の3%以上の⽔分が失われると体温調節に影響するといわれており、運動前後の体重減少が 2%以内におさまるように⽔分補給を⾏うのが良いとされている。また激しい運動では 30分に1回は休憩を取ることが望ましい。

■2.暑さに徐々に慣らしていくこと

熱中症は梅⾬明けなど急に暑くなった時に多く発⽣する傾向がある。また、夏以外でも急に暑くなると熱中症にかかる場合もある。これは体が暑さに慣れていないためで、急に暑くなったときは運動を軽くして、1週間程度で徐々に慣らしていく必要があり、週間予報等の気象情報を活⽤して気温の変化を考えながら活動を計画することも⼤切だ。

■3.個⼈の条件を考慮すること

体⼒の低い⼈、暑さに慣れていない⼈など、⼈によって熱中症にかかりやすい条件が違う。個⼈の条件を考慮し、トレーニングの軽減や⽔分補給、休憩など必要に応じて予防措置をしてほしい。また、運動前の体調チェックや運動中の健康観察を⾏い、体調の悪い⼈は暑い中で無理に運動をしないようにしよう。

■4.服装に気をつけること

服装は軽装とし、なるべく透湿性や通気性のよい素材にし、直射⽇光は帽⼦で防ぐようにしよう。

また、夏期の気温・湿度が⾼い中でマスクを着⽤すると、熱中症のリスクが⾼くなるおそれがあり、マスクを着⽤の際は強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに⽔分補給を⼼掛けるよう、厚⽣労働省が予防⾏動(※2)を呼びかけている。

■5.具合が悪くなった場合には早めに運動を中⽌し、必要な処置をすること

⼼⾝に不調を感じたら速やかに申し出て、必要な措置をとろう。

※1 独⽴⾏政法⼈⽇本スポーツ振興センター学校安全部「熱中症を予防しよう」
※2 厚⽣労働省「令和2年度の熱中症予防⾏動の留意点」

飲み⼝をくわえてもゴクゴク飲める「サーモス 真空断熱スポーツボトル」

「サーモス 真空断熱スポーツボトル」なら登下校中や授業の合間、部活動やスポーツクラブなどでも幅広く活躍し、ワンタッチオープンで⼿軽に⽔分補給が可能。ステンレス製魔法びん構造による⾼い保冷⼒に加え、スポーツドリンクOKなのも嬉しいポイント。

キャップユニットに空気⽳を設ける事で飲みものの流れを良くしているため、⼩学⽣のお⼦さまの多くが⾏う「くわえ飲み」をして飲み⼝がふさがった状態でも、ゴクゴク飲み続けることができる。

また、ツートンカラーのロックリングで遠くからでもロックされているのが確認でき、ねじれにくく肩に優しい幅広ストラップ付きのハンディポーチを採⽤することで、⼩さいお⼦さまでも安全にストレスなくご利⽤いただける。⾊、サイズ(0.8L/1.0L/1.5L)ともに豊富なので、男の⼦も⼥の⼦も、いつも近くにスポーツボトルを置いて、こまめな⽔分補給を忘れずに。

「かわいい」×「⽔分補給」で熱中症を防ぐ︕「サーモス 真空断熱ケータイマグ」

本製品はボトル本体にカラフルな柄やキュートなイラストをデザインしたストラップ付きケータイマグ。ファッションにこだわりたい⼥の⼦のお⼦さまの要望に応えつつ、ステンレス製魔法びん構造による⾼い保冷⼒や持ち運びしやすいストラップ付きなど機能⾯も充実している。

容量は0.55Lでしっかり⽔分補給することが可能。また軽量・コンパクトでランドセルにも⼊れやすいデザインとなっている。『かわいい』×『⽔分補給』で熱中症を予防しつつ、楽しい学校⽣活を︕

熱がこもったカラダを内から外からクールダウン︕「サーモス 真空断熱スポーツジャグ」「サーモス スポーツ保冷バッグ」

今年は⼀層注意が必要な熱中症。熱がこもったカラダを⼀気にクールダウンしてくれるアイテムをおすすめする。

アイソテック断熱構造でしっかりと保冷できるコンパクトな「サーモス スポーツ保冷バッグ」は持ち⼿がないので、かさばりがちな学⽣のバッグにも⼊れやすく、⼝はクルクルと丸めて⾯ファスナーで閉じられるので、お⼦さまでも使いやすくなっている。付属の保冷剤にぬらしたタオルを巻きつけて持ち歩き、部活動の休憩時や授業の合間に、冷たいタオルでクールダウンすることができる。

また、「サーモス 真空断熱スポーツジャグ」はステンレス製魔法びん構造なので、⼤容量(2.0L/2.5L/3.0L)ながら、最後まで冷たい飲みものの温度をキープしたまま⽔分補給を⾏うことができる。握りやすく、持ちやすいハンドルが付いているため、⼤容量でも飲みやすく、運びやすい設計となっている。

⻑時間のスポーツや激しい運動のシーンでは、容量に余裕のある、スポーツジャグはいかがだろうか。

出典元:サーモス株式会社

構成/こじへい

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年11月16日(月) 発売

DIME最新号の特別付録は「8.5インチ デジタルメモパッド」!特集は「GoToトラベル完全攻略」「ベストバイ2020」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。