人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

NISA対象の投資信託は「株式型投資信託」に限定されるって知ってた?

2020.08.26

今資産形成として人気の「NISA」。NISAで投資できる投資信託には、株式型投資信託に限定されています。

NISAとは?

NISAとは、NISA口座で投資した株式や投資信託などで得られる利益が非課税になる制度です。

通常、株式や投資信託で投資して得られる、売却益、配当金、分配金は20.315%課税されます。例えば、100万円投資して120万円に値上がりして売却した場合、利益額の20万円に対して20.315%の約4万円の税金がかかります。

証券会社で開設する証券口座とは別にNISA口座を開設し、その口座で投資して得られた利益は非課税となり、前述の例でいえば120万円の売却代金全額受け取れます。

NISAには3種類ありますが、どのNISAも投資信託が対象となっています。

金融庁NISA概要によればこの投資信託というのは株式型投資信託のみが対象となっています。

株式型投資信託とは?

投資信託とは、小口で集めた資金を大きなまとまりにして株式などに投資し、その損益を投資口数に応じて分配します。

この投資信託の中で、株式型投資信託と債券型投資信託に分類できます。

この名前から、株式で運用されているものが株式型投資信託、債券で運用されているものが債券型投資信託かな?と思われるかもしれませんが、違います。

債券型投資信託は約款上株式組入れが一切できない投資信託をいい、株式型投資信託は株式の組入れができる投資信託をいいます。

すなわち、債券型投資信託では株式が組み入れられることは絶対ありませんが、株式型投資信託は実際に債券で運用されていても株式の組入れが可能であれば対象となります。

実際には、債券型投資信託は為替リスクのない円建ての格付の高い債券で運用されている商品がほとんどで、元本保証はないものの価格変動リスクは非常に低い投資信託です。また、証券口座に投資信託購入のためなどで資金を入金するとMRFと呼ばれるこのような債券型投資信託に

預けられます。証券口座には銀行のように顧客から預かった資金を他の顧客に貸すことで預金金利を生み出すということができないため、証券口座に入金するとMRFに入り少し金利が付くようになっています。このMRFはリスクの低い債券型投資信託の中でもリスクが非常に低いのが特長です。

なお、金融機関によってはMRFには入らず金利の付かない現金のまま、ネット銀行と連携されており銀行の預金金利が付くようになっていることもあります。

一方、金融機関で紹介、または目にする投資信託のほとんどは株式型投資信託となっています。

株式型投資信託は、円建て高格付債で運用されている債券型投資信託以外の投資信託以外といって良いでしょう。

例えば、海外債券のみで運用されていても、不動産REITのみで運用されていても株式型投資信託です。

つみたてNISAは投資信託の銘柄も限定

つみたてNISAで投資できる投資信託は、株式型投資信託の中で特にコストが低く、デリバティブ取引が内包されてないことも条件となっています。これは、初心者の方でも長期で投資し続けるに適した投資信託を選びやすいようにするためだと考えられます。

デリバティブとは先物取引やオプション取引などのことをいい、デリバティブを利用して運用している投資信託は除外されています。例えば、日経ベア、日経ブル2倍など日経平均と逆の動きをしたり、日経平均の2倍の動きをしたりする投資信託はつみたてNISAの対象となりません。

なお、NISA、ジュニアNISAはこのようなデリバティブを内包した投資信託へ投資可能ですが、2024年以降延長されるNISAはこのような投資信託が除外される予定です。ジュニアNISAは延長されません。

リスクを理解の上NISAを活用しよう

NISA対象の投資信託は、リスクの低い債券型投資信託は対象でないため、どんな投資信託を選んでも価格変動があり、元本が大きく欠損するリスクがあります。

その一方で、債券型投資信託は大きな利益が期待できないのに対して、株式型投資信託はリスクを理解して低減しながら投資していけば、将来大きな資産となります。

資産を投資信託の中で株式、債券、金(コモディティ)等に分散している投資信託を選んだり、一括で買うのではなく積立で少しずつ買っていったりなどリスクをできるだけ低減して、将来のために資産形成しましょう。

文/大堀貴子
フリーライターとしてマネージャンルの記事を得意とする。おおほりFP事務所代表、CFP認定者、第Ⅰ種証券外務員。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。