人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

観客の安全確保、スポンサー支援、マネタイズ、Withコロナ時代に奮闘するJリーグのクラブ経営術

2020.09.03

開幕したものの、今までとは全く違う応援スタイルや、コロナ感染リスクとの戦い、スポンサー離れの食い止めなど、たくさんの課題を抱えるJクラブたち。闘い続ける姿を取材した記事を3つご紹介しよう。

次の一手をどうするか

「いつかは、電気、ガス、水道、アルビレックスに!」アルビレックス新潟・是永大輔社長に聞くWithコロナ時代のクラブ経営論

Jリーグが再開されて約2カ月。6月27日から前代未聞の夏場の連戦に突入しているJ2は8月15日までに12節が終了し、V・ファーレン長崎が首位を走っている。2018年のJ2降格から3シーズン目を戦っているアルビレックス新潟は4勝6分2敗の暫定8位。今季はJ1昇格プレーオフがなくなり、上位2位以内しかJ1に上がれないため、ここからギアを上げていかないといけない。

【参考】https://dime.jp/genre/970029/

コロナ禍においても自助努力と工夫が半端ないヴァンフォーレ甲府の奮闘記

新型コロナウイルス感染拡大を受け、4カ月間休止していたJリーグが27日にようやく再開された。同日はJ2・J3の合計16試合が行われたが、ともにJ1昇格を目指すヴァンフォーレ甲府とアルビレックス新潟の「川中島ダービー」は3-3のドロー。「今季はJ1・J2ともに降格なしになったんで激しい打ち合いが増える」と元北朝鮮代表の鄭大世(清水)も話していた通り、アグレッシブに点を取りに行く姿勢が目についた。

【参考】https://dime.jp/genre/941134/

投げ銭、有料オンラインイベント、写真入りボード、リモートマッチ時代におけるJクラブの次の一手

6月27日のJ2再開・J3開幕、7月4日のJ1再開が刻一刻と迫っている。とはいえ、これまで通りのスタジアムの賑わいがすぐに戻ってくるわけではない。新型コロナウイルス対策の一環で、Jリーグは7月10日までの全公式戦を無観客(新名称=リモートマッチ)で実施。その後、観客を入れ始めるが、7月末までは最大5000人にとどめ、8月1日以降はスタジアム収容規模の50%まで段階的に増やしていくことにしている。

【参考】https://dime.jp/genre/934427/

文/DIME編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。