人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

気象警報と連動してお湯の緊急沸き上げる機能を搭載したパナソニックの新型「エコキュート」シリーズ

2020.08.24

近年、地震や豪雨などの自然災害が頻発している日本。

在宅勤務などが増える中、家庭での災害対策はこれからの暮らしに不可欠だ。

災害で困るものとして、ライフラインの分断があるだろう。水道や電気、ガスが使えないとなると、生活が困難になる。

そんな中、パナソニックは、専用スマホアプリで気象情報と連携して自動的に緊急沸き上げができる、「エマージェンシー沸き上げ」を業界初搭載したエコキュート全46品番を、2020年10月10日から発売する。

市場背景を紹介する、パナソニック ライフソリューションズ社 マーケティング本部 美馬秀夫氏

業界初! 災害警報と連携して自動で沸き上げする「エコキュート」

大規模な停電の発生に備え、沸かしたお湯をタンクで保温できるエコキュートが、災害対策として注目されている。

パナソニックのエコキュートは震度7相当の揺れにも耐える4本足&高強度ワイド一体構造脚を採用。停電でもお湯が使えて(集合住宅で給水にポンプを使う場合をのぞく)、断水でも非常用取水栓から湯水を取り出せるため、いざという時の生活用水として役立つ。貯湯ユニットのタンク容量が370Lのモデルの場合、20Lポリタンクで18杯分の湯水が利用できるのだ。

商品を紹介する、パナソニック アプライアンス社 エアコンビジネスユニット 渡部 安司氏

さらに2020年モデルのエコキュートには、国内エコキュート市場で業界初となる「エマージェンシー沸き上げ」を搭載する。

専用のスマホアプリに登録した、「大雨」「暴風」「波浪」などの特別警報や警報、「雷」注意報といった気象警報が発令されると、全量沸き上げを行う賢い仕組みだ。

専用アプリの「エマージェンシー沸き上げ」を設定

特別警報、警報、注意報を選択して設定

設定した警報が発令されると沸き上げを開始。スマホに通知する

天気予報と連携して太陽光発電を上手に利用

2020年モデルのパナソニックのエコキュートに搭載される、「おひさまソーラーチャージ」もスマホと上手く連携した賢い仕組みだ。

あらかじめ昼間に沸き上げる時間を設定しておくと、スマホが自動で天気予報と連携し、設定時間が晴れなら沸き上げを実施する。

従来は、自分で天気予報を確認して前日に設定する「ソーラーチャージ」や、AIが自動で「天気予報」「余剰電力」と連携して沸き上げを実施する、「AIソーラーチャージ」と呼ばれる仕組みで対応してきた。

とはいえ、ソーラーチャージはちょっと手間だし、うっかり忘れてしまうこともあり得る。また、AIソーラーチャージは賢いけれど、HEMSアダプターが別途必要だった。

一方、2020年型のパナソニックのエコキュートは、台所リモコン(※1)に無線LANを搭載し、ネットワークへの接続が簡単になった。

※1「無線LAN搭載コミュニケーションリモコン」P・Jシリーズフルオート用:HE-RQWKW 5万6100円(税込)

台所リモコンで無線LANの設定を行う

専用のスマホアプリでおひさまソーラーチャージが利用できる

専用アプリには8台までのスマホを設定可能。最初に設定したスマホがオーナーとなり、それ以外のスマホでの操作はオーナーの承認が必要と、安全性にも配慮されている。

スマホとの連携で外出先からのリモート操作もできる

無線LANを使ってネットワークを構築すると、専用アプリで様々な遠隔操作がこなせるのも、2020年型パナソニックのエコキュートの魅力だ。

例えば、帰り道に「お湯はり」操作をしたり、2階から1階のお風呂の「追いだき」操作をしたり、旅行先から「沸き上げ休止」を設定……そんな操作も、フルオートモデルで「スマホでおふろ」を使えば、簡単だ。

スマホとの連携を深めて、気象警報や天気予報などを上手に活用、災害に備えたり、省エネにつながるパナソニックの賢いエコキュート。

先々の見えにくい、今の暮らしにちょっとした安心を与えてくれる、フレンドリーでユースフルな家電に注目したい。

取材・文/中馬幹弘

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。