人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

“隠すもの”から“見せるもの”へと進化したソノヴァのスタイリッシュな補聴器「フォナック バート マーベル」

2020.09.18

スタイリッシュなデザインの補聴器「フォナック バート マーベル」

近年、スマートフォンや携帯型デジタルオーディオプレイヤーを使い大音量で音楽を聴く人が増え、難聴のリスクが高まっている。

また、加齢性難聴は早くて50代から始まるため、難聴は多くの方が注意しなければならない問題となっている。一度落ちた聴力を回復することは非常に困難だ。聞こえにくい時間が長ければ長いほど悪化していくため、聞こえにくさを感じたら早めに耳鼻咽喉科を受診し、補聴器の使用を始めるなどの対応が必要だ。

しかし、JapanTrak2018の調査によると、重度難聴者で43%、軽度難聴者では10%しか補聴器を使用していない。装着したくない理由としては、デザイン性の問題により、つけていることが周囲に分かってしまう恥ずかしさや、異物感などの煩わしさが挙げられる。

そこでソノヴァ社は補聴器に対する抵抗感を軽減したいという考えのもと「フォナック バート マーベル」を開発した。

「フォナック バート マーベル」の特長

①ワイヤレスイヤフォンのようなスタイリッシュデザイン

補聴器のデザインに抵抗がある方のために、「フォナック バート M-312」はスタイリッシュな‟見せる”デザインに仕上げた。

また、「フォナック バート M-チタン」は、強度の高いチタンをシェルの素材として用いることで、従来比50%にあたる厚さわずか0.2mmのシェルを実現、より小型のオーダーメイド補聴器となった。

②オーダーメイド補聴器としては世界初のBluetooth®対応 (フォナック バート M-312のみ)

 iOS、Android™だけでなく、フューチャーフォンを含むBluetooth®対応の携帯電話とペアリングし、ハンズフリーで通話ができる。

また、音楽や動画の高品位なステレオ音声を楽しむことができる。マイフォナック アプリをダウンロードすれば、スマートフォンで音量の調節、保存や呼び出しが可能だ。

③騒がしい場所でも雑音を抑える機能

日常の音環境を考慮して設計されているため、どこでもシームレスに周りの音に適応し、補聴器まかせでよりクリアで聞き取りやすい会話を実現。

また、「フォナック バート M-312」はオプションのテレビコネクターDを使い、テレビの音声をダイレクトに補聴器に届けることも可能だ。

④ロジャーダイレクトを搭載し、複数人の会話や離れた相手との会話もサポート (フォナック バート M-312のみ)

フォナックの「ロジャー」はワイヤレスマイクで拾った音声を補聴器に届けるシステム。「フォナック バート M-312」は、マイクロホンからの音声を、外部受信機なしで直接受信することができる画期的なロジャーダイレクト機能を搭載。

複数の人が同時に話す場所や、話し手が離れた場所にいる会議・レストランなどのシーンでも聞こえをサポートする。

ニーズに合わせて選べる4種類の「フォナック バート マーベル」

新発売「フォナック バート マーベル」は全部で4種類。様々なニーズに対応する商品を取り揃えている。

構成/ino.

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。