人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

セリフが聞きにくい、迫力が足りない、映画鑑賞の不満を解消する音響機器おすすめ4選

2020.08.23

ソニー『HT-G700』

【不満点その1】映画のセリフが聞きにくい……

お手頃サウンドバーで解消!

「テレビの内蔵スピーカーが鳴らせる音は、テレビ本体の薄型化に伴って貧弱化してきました。そんな心もとないサウンドを強化するため、気軽に置けるバータイプの外付けスピーカー、サウンドバーを増設してみましょう。まずは2万~3万円台のモデルが狙い目。映画やドラマなどの臨場感が高まるのはもちろん、セリフがクリアに聴き取れるようになります。スマホのBluetoothスピーカーとしても使えて、音楽を聴くのにもおすすめですよ」

声の聞こえ方を調整できる!

デノン『DHT-S216』

デノン『DHT-S216』オープン価格(実勢価格約2万4000円)

2基のサブウーハーを内蔵した2.1chフロントサラウンドシステム。ニュースや映画における人の声を明瞭にする機能を搭載。スマホとBluetoothで接続可能だ。

ボタンひとつで声がクリアに!

ボーズ『Bose TV Speaker』

ボーズ『Bose TV Speaker』3万円

フルレンジドライバー2基とツイーターを搭載。トークやセリフがクリアに聞こえる機能を備える。HDMI接続すれば、テレビリモコンで本機の音量調節が可能だ。

【不満点その2】アクション映画の迫力が足りない……

高性能スピーカーで解消!

「クリアなサウンドを求めるなら、プロユースのモニタースピーカーで定評あるGENELECの『G One』がおすすめ。テレビの両脇に設置するだけで、音の迫力が増し、ミュージック動画であればボーカルの声まで生々しく再現します。より迫力あるサラウンド空間を構築したいならソニーの『HT-G700』が狙い目。サウンドバーとサブウーハーの構成で、低音の力強さはお腹にしっかり響くほど。映画の世界をより満喫できます」

音と映像の一体感がアップ

GENELEC『G One』

GENELEC『G One』各オープン価格(実勢価格約4万円)

ウーハーとツイーターを1基ずつ搭載した、アンプ内蔵のアクティブスピーカー。テレビとアナログケーブルで接続するだけで、音源に忠実なサウンドを出力する。

サブウーハーで低音がパワフルに

ソニー『HT-G700』

ソニー『HT-G700』オープン価格(実勢価格約6万円)

バースピーカーとサブウーハーで構成。バーチャルサラウンド技術を搭載し、テレビ番組などの2ch音声でも、臨場感あふれるサラウンドで楽しめる。

取材・文/河原塚英信

現在発売中のDIME最新号の大特集は「家ナカ オフィス改造計画」。夏休みの間にやっておきたい、家の中のプチ改造や整理・収納などのハウツーを実例を交えながら、徹底解説。また「食材宅配サービス徹底検証」「通勤で使える最新自転車カタログ」など、今、知りたい企画が盛りだくさん。また、もれなく付いてくる特別付録が話題。スマホを使って、肉眼で見えないものがはっきりと見える……そんな魔法のようなアイテム「90倍スマホ顕微鏡」は夏の自由研究にピッタリのスグレモノ。ぜひ、お近くの書店、オンライン書店でお買い求めください。

■関連情報
https://dime.jp/genre/946849/


<ご購入はコチラ>
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B08C7KRMKJ/
楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/16379536/
7net https://7net.omni7.jp/detail/1220288214
※電子版には付録は同梱されません。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年10月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「電動ブレンダー&ホイッパー」!特集は「ポイ活 勝利の方程式」「アップル新製品」「キッチン家電」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。