人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

メーカー別に特徴を紹介!人気ブランドのおすすめヘッドホン4選

2020.08.31

コロナ禍の現状で、テレワークを導入する企業が増えたため、自宅作業中に利用する用のオーディオ機器を購入しようと検討している人もいるのではないでしょうか。

そんな人たちにおすすめしたいのがヘッドホンです。しかし、ヘッドホンは数多くのメーカーが様々なモデルを販売しているため、どの製品が自分の好みに適しているのかわからない人も多いのではないでしょうか。そこで、有名なメーカーごとに、その音の特徴やおすすめ製品を紹介していくので、ヘッドホン選びの参考にしてください。

なお、メーカーごとにある程度音質の特徴はあるものの、すべての製品がその特長通りの音を出すというわけではありません。あくまでそういった傾向がある、程度に捉えていただきたいと思います。

おすすめのヘッドホンメーカー【Sony】

まずは、日本のみならず、世界的にも有名な国内メーカーであるSony。スマホやテレビ、ゲーム機など幅広い製品を販売していますが、中でもオーディオ製品は、高い性能や機能による原音に近いサウンドが特徴とされています。高解像度音源であるハイレゾに対応した製品や、ノイズキャンセリング性能を搭載したハイスペックなモデルが多く、カラーバリエーションを豊富に揃えたモデルもあるなど、オーディオ初心者から玄人にまで愛されるメーカーです。

Sonyのおすすめヘッドホン【WH-1000XM3】

アマゾンでの購入はこちらから

そんなSonyのヘッドホンの中でもおすすめの製品が、ノイズキャンセリング性能搭載、ハイレゾ音源に対応など、高スペックな完全ワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM3」です。「DSEE HX」という独自の技術を利用し、元々ハイレゾ音源ではない音声データでも、高音域を補完してハイレゾ相当の音へと変換してくれる(ハイレゾコンテンツをLDACコーデックで最大転送速度990kbpsで伝送する場合)優れものです。そのため、原音に近いリアルで繊細な音声が楽しめるようになっています。シンプルで服に合わせやすいブラックとプラチナシルバーの2色展開も嬉しいポイントですね。

【参照】Sony WH-1000XM3 

おすすめのヘッドホンメーカー【audio-technica】

こちらも国産のオーディオメーカーとして有名な「audio-technica」。イヤホン、ヘッドホン共に、初心者向けの低価格なエントリーモデルから、プロミュージシャン用のモニターヘッドホンまで、幅広い価格帯に多くの製品を展開しています。

中高音域が伸び伸びと響く製品が多く、中には低音の迫力に特化したモデルもあります。audio-technicaの製品だけで、幅広いモデルがあるため、自分好みの音質が見つけやすいメーカーともいえるでしょう。

audio-technicaのおすすめヘッドホン【ATH-ANC900BT】

アマゾンでの購入はこちらから

折りたたみもできて持ち運びにも最適なヘッドホンである「ATH-ANC900BT」は、左右それぞれのハウジングの内側と外側に配置された2つの集音マイクが、ノイズキャンセリング性能を向上させてくれます。加えて、高域特性に優れたDLCコーティング振動版を搭載したドライバーで、高解像度の音声が楽しめるのも特徴的です。最大35時間の連続使用が可能なバッテリー性能も魅力でしょう。

【参照】audio-technica ATH-ANC900BT 

おすすめのヘッドホンメーカー【Panasonic】

白物家電のイメージが強いPanasonicですが、本格的なサラウンド対応ヘッドホンやワイヤレスヘッドホン、ノイズキャンセリング性能搭載のヘッドホンなど、幅広い製品を揃えています。オリジナルデザインのヘッドホンが多く、コスパのいい製品が多いため、オーディオ初心者にも手を出しやすい製品がラインナップされているといえるでしょう。

Panasonicのおすすめヘッドホン【RP-HD610N】

アマゾンでの購入はこちらから

PanasonicのRP-HD610Nは、ワイヤレスタイプながら、着脱式のコードにより有線接続も可能なヘッドホンです。ハイレゾ音源にも対応し、超多層フィルム(MLF)振動板や不要なドライバーの振動を低減する制振フレームを搭載したドライバーによる高音質が魅力で、Googleアシスタント機能にも対応しているので、声だけでスマホの操作が可能となっています。

【参照】Panasonic RP-HD610N 

おすすめのヘッドホンブランド【Beats by Dr. Dre】

最後に紹介するのは、シンプルでスタイリッシュなデザインのヘッドホンが多く販売されている「Beats by Dr. Dre」。ズンズンと響くような低音が魅力のブランドで、2014年にAppleの傘下になったことから、iPhoneなどのApple製品との互換性も高いという特徴もあります。

 Beats by Dr. Dreのおすすめのヘッドホン【Beats Studio3 Wireless】

アマゾンでの購入はこちらから

「Beats Studio3 Wireless」は、アクティブノイズキャンセリング性能によるクリアなサウンドはもちろん、最長で40時間の使用が可能なバッテリー性能や、10分の充電で最長3時間の再生が可能な急速充電に対応しています。iOSとApple W1チップが搭載されているので、1回のタップで瞬時にiPhoneとのペアリングが可能なうえ、Bluetoothの接続距離を示す「Class」は、最長のClass 1にあたるので、デバイスから離れても安定した音楽が楽しめるでしょう。

【参照】Beats Studio3 Wireless 

※データは2020年7月上旬時点での編集部調べ。
※情報は万全を期していますが、その内容の完全性・正確性を保証するものではありません。
※製品のご利用はあくまで自己責任にてお願いします。

文/佐藤 文彦

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。